2人目:みくのしん

続いての挑戦者はみくのしん。

今回、機材トラブルの煽りを一番受けている男でもあります。何故ならみくのしんが本来考えていたMCが…

 

「動画のMC」だったから

 

  待ってくれ。動画のMCってなに?

  考えていた設定として「今日のライブに来れなかったメンバーからビデオレターが届いているぜ」と言ってから、スクリーンに映像を流すのをやりたかったんです。

  結婚式の二次会?

  それはわかりましたけど。そのメンバー…

 

どうしちゃったの?

  ベースのサトルはライブの前日に大事故にあっちゃって、現在もICU(集中治療室)で治療中なんです。それでも今日のためにビデオレターを撮ってくれた…という設定でした。

  そこは安静にしててほしい。

 

本来は「動画を使ったMC」という離れ技を用意していたみくのしん。しかしスクリーンの使用不可により完全なゼロの状態で臨まなければいけないことに。

極限の状況で、どんなMCが生まれるのか?!

 

 

▼みくのしんの考えた妄想バンド▼

 

 僕が即興で考えた妄想バンド「チキン」。メンバーの平均年齢は37歳。長年活動するもお客さんの動員も少なく、うだつの上がらないバンドです、そんなバンド活動に区切りをつけるべく、解散を決意しました。

 

▼妄想MCのシチュエーション▼

・「チキン」は今日がラストライブ

・たかやと同じくお客さんの「アンコール」からスタート

 

 

 

 

\アンコール!アンコール!/

 いや~、アンコールありがとね~~~!

 

 

 あらためて、今日は俺たちの解散ライブに集まってくれてありがとう!

 解散ライブだけど明るい始まりで良いですね。

 厚着。

 

 聞いてくれよ~。こないだベースのサトルが靴を失くしちゃってさぁ~。ハハハ!!

バンド内でのエピソードを広げてくパターンですね。

 

 

  ハハハハハハハハ。靴って!お前!普通失くすかね? ハハハハハハハハ。ハハハハハハハハ。

ハハハハハハハハ。ハハハハハハハハ!!!!

 

  自分たちのおもしろエピソードでめちゃくちゃウケてる。

   大丈夫なのか…?

 

 …って、笑い事じゃねえよ!!!

ぶっ殺すぞサトル!

 

  どうした?!

   爆笑の直後にぶちキレるの怖すぎる。

 

  なんだよ~。 そんなに怒らなくてもいいだろ~

 

  ベースのサトル役になった?

  一人で複数を演じるんですね

 

 

 お前だって、この前、ゴマを失くしてたじゃねぇかよ。スーパーのゴマを!…フッ、フフフフヒィ~~~っヒヒヒヒ!あっはァ!

 

 ゴマ?

 何の話?

 

 

 ゴマってお前wwww お前は全くとんでもねぇよ! 最高なんだよなぁ~~w

 

お前とはずっと続けてくよ!アッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ。ヒィヒィヒィ~~wヒィッ! ヒィッ! ヒィ~~wwwwwww

 

どうしよう。

 

 

俺たち今日で解散します。

 

突然我に返った

情緒がめちゃくちゃだな。

 

 

60だよ。なんの数字かわかるか?

 答えは、1分間に俺の心臓が鳴ってる回数だ

すっげぇ正常だろ~? 俺の心臓はよォ~~~~

 

 

 見せてやりてぇよ~。俺の心臓の内側を~。フヒっ…フヒヒヒ!

 

 思想犯の供述?

 僕たち、集団で怖い催眠にかかってる気がしてきました。

 

 

 ビャっ! ホァあ!

 え?! 

 

 

 コッ! ダメっ…。…ッコ!!!ダメ!ダメ…、あ、あ、あ…あ…あああああああ!

 ?

 

 

 ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ! ダメっ! ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ!ダメっ! ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ! ダメっ! ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ!

やばいやばいやばい!

 

 

グギギギ…! ん゛~~~~~~!

 

ん゛~~~~~~!!!!!!!

 

ん゛~~~~~~!!!11!!!1!!

 

ん゛~~~~~~!!!!!!!!

 

ん゛-------------!!!!!!!!

 

ん゛ン゛~~~~~!!!!!!!!

 

 

 …ッ!

 

 マイクに空いてる穴を、全部数えよーォ!!!!

 

それでは聴いてください。『チキンの唄』

 

 

 

 

ア然。

 

見ていた人全員、何一つ理解できないまま終了しました。

 

 

講評

 悪夢のジェットコースターに乗車した気分です。

 まぁでも『チキン』っていうバンド名は良いですよね。凄くオシャレだし、音楽玄人が好みそうなバンドだなって。

 たしかに。北海道の苫小牧あたりで、「すっげぇバンドがいるんだよ」と一部のファンから熱狂的な支持を集めてそうなイメージ。

 精一杯フォローしてくれてる!

 あとMC冒頭で、メンバー内での掛け合いをあえて明るく見せたところもポイント高いです。きっと「チキン」のライブではよくある光景なんでしょう。だからこそ、「俺たちは最後まで明るい掛け合いをお客さんに見せる」という確固たる意志を感じましたね。

めちゃくちゃフォローしてくれてるけど、すみませんそこまで考えてないです。頭真っ白だったから…

 

 

3人目:野田せいぞ

ラストを飾るのは野田せいぞ。

 

▼野田せいぞの考える妄想バンド▼

 なんて読むんですか? おとさき…?

 いえ、これで「せいぞ」と読みます。

 読まないだろ。

 

 

 音先<せいぞ>は、これまで自身の素性を一切隠しながらMr.Childrenサザンオールスターズなどの数々のバンドに楽曲提供をしてきました。

すごい。

 最後だから、ここぞとばかりに設定盛ってきたな。

 

 

▼妄想MCのシチュエーション▼

・長年謎に包まれたベールを脱ぎ棄て、今日、初めて本人がステージに立つ。

 

 音先<せいぞ>は世界に影響力がありすぎるので、これまで幾度も命を狙われてきました。今日のステージでも何もないと良いのですが…

 

 

 

 

 みんなは最近、いつ感動した?何かを成し遂げた瞬間、好きな人と付き合えた瞬間。…それとも、今日のライブかもしれない

人が笑う瞬間…涙を流す瞬間は美しいと僕は思うんだ

 

 手紙を読んでるぞ。

 紙を見てMCをしゃべるのは何かイヤだな~。

 

 

ビリィ! ビリィ!

 

 あ、手紙を破り捨てた!?

 

 

 …ごめん。やっぱり今の言葉は忘れてくれ

 

 作られた言葉って意味ないよね……

 

だから、いまから本当に溢れ出る言葉を伝えようと思う。

 

なるほど、そういう演出だったのか。

 

 

 僕達の音楽に「救われた」って言う人がたくさんいます。戦争が無くなったっていう国もいっぱいあります。

 そこまでの影響力を持ってるのか。

 

 

 だから僕を殺そうという人もたくさんいます。毎日命を狙われています。

 

 

 それでも、僕は作曲を止めない…。溢れるインスピレーションは抑えられないんだ……

 

…あれ?! ちょっと待って?!

 

狙われてね?!

 

 赤いレーザーポインター。アレ、狙われてますよね?!

 がっつりロックオンされてんじゃん!

  会場にスナイパーがいる?!

 

 

 戦争に銃はいりません。僕の曲の入ったMP3のデータさえあれば、相手の銃は下ろせます…

 

  逃げて! せいぞ、逃げて!!!

 いままさに、その銃で狙われてっから!

 

 

バンッ! バンッ!!

 ウッ…!

 

 あァ…!

 

 ハァ……ハァ……

 

 撃たれた…

 

 がっつり仕込んでやがった。

 

 

 ハァ…ハァ…。でも、僕は歌うのをやめないよ…

 

 世界に血を流させないためなら…僕はいくらでも血を流そう…

 

 

 僕の音楽で、誰かの命が救われる。僕はそう信じてるんだ。

 

 

血が出すぎて、みんなの顔が見えなくなってきた……。そろそろ……終わりかもしれないね……

 

 せ…音先<せいぞ>

 

 

最後に一曲だけ聞いてください…

 

『ラブソング』

 

 

 

「MC中に狙撃される」というMCを披露した野田せいぞ。

ある意味ラストに相応しい結末となりました。

 

 

講評

 いやー、かなり壮大な世界観の持ち主でしたね。

 妄想MCという意味では、一番妄想をしていたなと思いました。ステージの上で死ぬというのはバンドマンの憧れですからね。

 トリで『ラブソング』を持ってきたセンスもいいですね~。

 この世で一番大切なもの…それは『愛』だと思うんだ。

 まだMC続いてるの?

 

 

 

結果発表!

ということで、三者三様の妄想MCが披露されました。ここまでお付き合い下さりありがとうございます!

それでは、優勝者の発表です。

 

 

第1回「妄想バンドのMC選手権」優勝者は………

 

 

たかやです!

 

評価の決め手は何だったのでしょうか

 

総評

「パンクロック系の熱いMC」「狂気的なMC」「ワールドワイドな規模で世界観が展開されたMC」それぞれの持ち味を生かしたMC揃いでした。中でもたかやさんのMCは『たしかにこのセリフはバンドマンが言ってるな~』と事前のリサーチ力も感じれたので評価も高いです。あと企画の責任者としていろいろ頑張ってたので…優勝ぐらいはあげてやろう…と。

 

 なんかMCと関係ない部分が評価されてない?

 

 

いかがでしたでしょうか。

音楽にテクニックは必要ないのかもしれません。

熱い「ロック魂」さえあれば、自己の魂をぶつけることができるのです。

 

 

そう……

 

 

ロックンロール

 

 

※イベントにご来場いただいたお客様、本当にありがとうございました。機材トラブルで混乱させてしまってすみません。この後にたかやは尖った棒で処刑されました。

 

 

バンドをやったこともないようなライターたちが、妄想でバンドの設定とアルバムジャケットを作りました。採点してくれたのは、『オワリカラ』のタカハシヒョウリさん、『THEラブ人間』の金田康平さんという、本物の有名バンドマンです!