パスタ、食べてますか?

 

やるよね、パスタ。日本人って、イタリア人も凌ぐかという勢いでパスタを「ようやる」。

なぜなら安くて簡単な、自炊の大(おお)味方だから。

 

だから結構「バズレシピ」でも色々な味が作られていて、みんながそれぞれの「解」を持っていると思うのがパスタ料理。

ニンニクを効かせたペペロンチーノ系なのか、たらことか和風で攻めるのか、クリーム系にしちゃうのか……。

千差万別ある中で、「これはよく食べる」という“推し”の味を、誰しも持っているはず。

 

だから今日は少人数で集まって、いつも食べている「パスタ」をお互いで作り合うことにしました。

過去にも豚キムチとかで同じようなことをしているので、もっと読みたくなった方はこちらもどうぞ。

 

お宅の豚キムチ、どんな感じ?

 

 

メンバーはオモコロで活動するこちらの4人。

すでに結婚して家庭のあるメンバーもいますが、独身時代からパスタを作り続け、今回作るのは自炊する中で「もっとも気に入っているパスタ」とのこと。

レシピについては事前にあんまり相談せずに作っていますが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

 

いきなりなんですけど、僕、パスタを鍋で茹でずに作る方法を発見しちゃったんです。

は?

どうしちゃったんですか?

そんなこと無理。

それができるんですよ……

ダメだっ! みんなこいつの話に耳を傾けるな! 

嘘はもうやめてっ!

できるんですよ……

 

茹で鍋を使わないという、みくのしんの衝撃パスタは記事の後半で!

みんなも家庭でパスタをやる時に参考にしてみてね!

 

 

1人目 モンゴルナイフのパスタ

1番手はモンゴルナイフ! パスタはボリューミーで具沢山にするのがこだわりとのことです。

 

私はガツンッッと食欲を満足させるナポリタンを作りますっ!

 

■モンゴルナイフのパスタの材料

・ピーマン

・ウインナー

・玉ねぎ

・バター

・砂糖

・黒胡椒

・ケチャップ

・味の素

・味噌

 

このナポリタンはもう成功です。なぜなら……

 

 

シャウエッセンを使っているから……

ぜいたく~

シャウエッセンを切って入れちゃうの? もったいなくない?

今日は特別! いつもは「香燻」ですので……。関係ないですけど、シャウエッセンのピザはめっちゃ美味しいです。

チーズ入りのやつもめちゃくちゃ美味い。

シャウエッセンは、俺たちの宝石だ!

 

 

あとパスタを作る時って、菜箸じゃなくてトングを使った方が楽ですよね。100均でも売ってます。

これは本当にそう。

「そうだろうな」と思いつつ、菜箸でやっちゃってます。

なぜ?

 

まず、具材を切り分けていきます。

ねぇ、シャウエッセンって使うの一袋でしょ? 残り持って帰っていい?

せっかくだから、今茹でてみんなで食おうよ。

名案!

 

 

「了解ッ!」

シャウエッセンマンだ!

楽天カードマンと同じ仕組みだ!

 

あ!? それはそうと、パスタの茹で汁にクズ野菜が浮いてるよ!?

こうすると野菜の旨味が少し出ると聞きましたので……。気持ち程度ですが……

ラーメン屋と同じことしてんじゃねーか!

ラーメン屋ってそうなんだ。

 

パスタは特にこだわりがないんですけど、マ・マーのをいつも使っちゃいますね。

え? このパスタ、茹で時間11分もかかんの!? 

早茹でタイプじゃないんだ。

なんとなく、長く茹でてクタッとするようなタイプが好きなんですよね。

僕も太めが好きですね。

パスタって、茹で時間の早さしか見てなかった。

 

早茹でタイプのパスタって、麺に切れ込みが入っているから早いらしいです。

なんかハーケンクロイツみたいになってない?

技術すごっ

 

パスタを茹でつつ、具材を炒めていきますが、ここで一つポイントがあります!

なんだっ!!

 

お砂糖と一緒に炒めるんです!

な、なに~~~~~~~~~!?

 

甘さはおいしさ! 量なんて気にせず、ド派手にぶちかましましょう!

麻薬的……!

Party!

つけ麺のつゆにも、めちゃくちゃ砂糖入ってるって言うよね~。

 

さらにケチャップも入れて、炒めていきます。あとからいくらでも調整できるので目分量でOK!

このケチャップが焦げる香りよ……

ナポリタンって、お腹が減ってる時にはたまらね~ですよね。

ああ………

 

ああ…………

マンスーンの空腹がもう限界かもしれません。

ケチャップの甘酸っぱい匂いを嗅いでたら、なんか酢豚も食べたくなってきました。

 

具材がしんなりしたら、茹でたパスタも入れちゃって…。ここからも火を通して、くたくたのふにゃふにゃにしちゃう方が好きです!

そうなのよね。アルデンテって別に気にせんでもいい。あと、やっぱりウインナーのナポリタンが好きですね。

ベーコンだとボリュームが薄すぎるから、僕もウインナー派です。

「ベーコンだと薄すぎる」って「ギムレットには早すぎる」みたいだね。

 

料理中にZOZOグラスの計測をするな。

 

ここで隠し味の味噌! さらにバター!(各大さじ1程度) これは父の教えです。

ダブル北海道アタックだ! ※モンゴルナイフは北海道出身

こりゃガツンッ!だなあ~

これに粉チーズをたんまーりとかけて、食べるのが美味しいんですよね~

雪景色……

 

完成しました!

うわー! くったくたで甘めの具沢山ナポリタンだァーっ!!

最高すぎ!!!!!

 

こんなんすげぇいいなあ……夢に見ちゃいそう……

はやくはやくはやくはやくはやくはやくはやくはやく

 

ゾゾッ ズゾゾゾゾッ ゾゾッ ンッ

 

甘くてうまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい

最早スイーツみたいな甘さ! そして爆弾が破裂したように満足感が押し寄せてくる……

なんか子供の頃の土曜休みを思い出す味……うめっ

 

このクタクタで、どろっとしたパスタを口いっぱいに頬張る良さ、分かるなあ。

バカになっちゃいますよね。

全部食ったら、2時間は動けない。忘れてたけど、あと3食も食べるんですよねこれ。

どんどんいこうや!!!!!!!!!

 

2人目 マンスーンのパスタ

続いては、この企画で油揚げを推し続ける男、マンスーンのパスタです。

やっぱり今日も油揚げが…?

パスタに油揚げってあんまり入れない気はするけど……

 

■マンスーンのパスタの材料

・小松菜

・豚コマ

・油揚げ

・ニンニク

・しそ

・ネギ

・ほんだし

・バター
・味の素

・粉チーズ

入ってた。

意地か?

パスタっていうよりお鍋の材料じゃないですか?

大丈夫です、パスタも鍋も同じなので。

 

パスタと言えばやっぱりニンニク! これは多めに刻んじゃいましょう。

うお~!きたきた! この立ち上るニンニクの匂いが最高ですよね。

料理してるって感じよね。

 

他の具材も一口大に適当に切っちゃってください。写ってないけど小松菜も。

 

そんで、フライパンにバターを溶かしてニンニクをどさっ!

食欲をそそるぅ~っ!

 

もったいねーから浴びよっ

ニンニクってスペイン産、中国産、青森産ってあるけど、なに買う? なんか国産がいいのかなって気がしちゃうけど。

国産ニンニクってちょっと高すぎません? 香りだけなら海外のもそんなに変わらないと思ってます。

ニンニク単体で食べる時は、辛味が少ない国産がいいってイメージです。

あーなるほど! 香り付けぐらいなら安いやつでもいいのか……

 

豚コマと具材を炒めます。

豚コマってびっくりするぐらい安いよね~

豚コマ見慣れると、豚バラ見た時、値段にびっくりします。

なんで鳥コマ、牛コマはないの?

え……

ねぇ、なんで?

 

ZOZOグラスをつけて言われても……

 

ここからはもう焼きうどん感覚で、ほんだし、味の素、しょうゆとかをぶちこんでいってください。

ガリバタ醤油~!! 深夜に嗅いだら終わっちゃう匂いだわ……

この粗野な感じがたまらないっすね。

 

え?完成?

もうできちゃいました。こちらも粉チーズをたっぷりかけてお召し上がりください。

マンスーンさんの料理、いつも爆速すぎる。

黙々と作るしね。

 

しかしこれは栄養バランスも整ってて、うまそうだな~

結局、こういうのが一番間違いないんですよね。

 

どらどら……ズルッ

 

ん~、これこれ! この喉がキューッとつまる感じが最高ですわ!

うまっ!! 確かにこれだわ、「こういうの」だわ!

 

美味しい……! 小松菜がみずみずしくって、お野菜好きにもオススメですね。

小松菜って、元から割とバターみたいな味するよね。

そう?

 

あと意外に粉チーズがめっちゃくちゃ合うんだよ。和風のパスタでも、粉チーズってドバドバかけていいんだね。

これ、うどんでもやりてーです。

うどんも絶対いいね! 

 

「美味しさとはガリバタ醤油なり」。パスタって適当に作ってもかなり美味いのが最高!

この調子であと2皿、完食しちゃお!!!

 

 

> 次ページ <