こんにちは、ライターのたかやです。いきなりですが、声を大にして言わせてください。

 

青春味に溢れ…甘酸っぱさで胸を溶かしてくれる…。根暗な自分は、そんなラブコメ作品に心が救われております。

 

そんな僕は、いつしかこう考えるようになりました。

 

野球好きの少年がやがてプロリーグを志すように、ラブコメ好きの自分が「描きたい」と考えるのも無理のないことでしょう。

 

実は、僕は数年前にライター仲間と合作で「初めての漫画制作」に挑戦したことがあります。

 

オモコロ特集「【実録】素人がゼロから本気でマンガを描くとこうなる」

「漫画制作の経験なし・知識なし・画力なし」のガチ素人が、完全アナログで、試行錯誤しながらも一本の短編漫画を描き上げました。良ければこちらの記事も読んでください!(このときの僕は作画担当)。

 

つまり、今回も頑張ればなんかいけそうな気がする! いけるいける! いけるって!

 

よ~し!

 

オリジナルの胸キュン青春ラブコメ漫画を描くぞ!

 

   締切まであと60日   

※先に断っておきますが、ここからは素人が漫画制作に試行錯誤する日々が続きます。今回は「ネーム制作」に苦しんだ前編となっております。

 

もう終わりだ…

なんも思い浮かばねぇ

今回描きたいジャンルは“青春物”。しかし、自分の中に“青春”の引き出しが無い…。

 

不良にいじめられていた高校時代。引き出しをひっくり返しても出てくるのは「カツアゲ」ばかり。…駄目だ。そんな血涙流れるマンガ(血涙流すのは俺)、どこに需要があるというのか。

 

加えてアラサーの僕(27歳)では、若者の感性もどんどん薄れています。若い人の流行、Tiktokしか知らんし。

 

 

…詰んだ。

制作初日。早くも危機に直面しました。

 

こうなれば、恋愛知識が豊富&若者の感性も持っている人物。言うなれば「ラブ師匠(マスター)」にアドバイスを乞うしかない!

 

   締切まであと57日   

 

アドバイスを貰おう

オモコロライター・ざわさんの登場です。

彼はwebライター兼現役の大学生。これまでにこのオモコロ上で、恋愛にまつわる記事をいくつか執筆しています。

 

      どうもこんにちは オモコロライターのざわと申します。   皆さん、欲しいものはありますか?   高

オモコロ特集「【工作】どうしてもラブレターが欲しいので自分の部屋に下駄箱を作ってみた」

 

      どうもこんにちわ オモコロライターのざわと申します。     皆さんフラれたことはありますか? 僕

オモコロ特集「【清算】フラれた場所にもう一度行ってみよう」

 

また、個人のYoutubeチャンネルで恋愛ゲームの実況も精力的に配信しているざわ氏。

若者で、恋愛知識にも精通している…これほど求めていた条件にマッチする人物もいません。

 

という訳で力を貸してください。「ぼくヤバ」に次ぐヒット作品を産み出しましょう。

目標設定の高さはヤバいやつだけど、承知しました。

しかし、どうやって考えていきましょうかね。

たかやさん。実は僕…

 

昨日、徹夜で原案を考えてきました。

はい!?

 

事前にお願いとかマジでしてなかったのに、彼は「オリジナルラブコメ漫画の原案」を用意してくれてました。おいおいおい!

 

長年温めていたラブコメの設定があったので、この機会に活用できればと…。

ラ…ラブ師匠!

ここからは、この原案をもとに打ち合わせしていきましょう。

 

原案を手に入れた

▼ざわさんが用意してくれたストーリーの原案はこんな感じ▼

-登場人物-

速水アキ(はやみ あき)…普段は勝気な性格だが、恋には少々奥手。幼馴染の祐介を幼いころから想い続けている。

橘祐介(たちばな ゆうすけ)… 学校行事をよくサボる不良。神崎のことが気になってる。

神崎万里華(かんざき まりか)…祐介に好意を抱いている。清楚系お嬢様。

 

 

-内容-

とある高校の文化祭2日目。これから校庭で後夜祭のメインイベント・フォークダンスが行われる。

しかし、校庭に移動せず教室に残る祐介。そこに、アキがやってきて後夜祭に参加するよう促す。

「女子と手を繋いで踊るなんて死んでもやりたくない」と言い放つ祐介に対し、「じゃあ私とだったら?」と踏み込んだアキ。

 

いつになく真剣な表情をするアキに狼狽える祐介。

 

祐介は「お前は幼馴染だから…」と戸惑いながら言葉を濁す。そんな中、後夜祭スタートの校内放送が流れ始め、アキは「一度も幼馴染だと思ったことないよ」と校内放送に交じりながら小さく呟いた。

 

「神崎さん下駄箱で待ってたよ」と祐介に耳打ちし、無理矢理教室から押し出すアキ。一人ぼっちになった教室で机に突っ伏しながら、「なんで私じゃないんだろう」と涙交じりに呟いた…。

~fin~

くぁ~~~、良い! 所謂「負けヒロイン」が主役の話ですね。

そうです。

僕、思うんですよ…

 

「フラれる」って最高じゃないですか?

ラブコメの話ね。その言い回しだとざわさんがそういう変態になっちゃう。

僕は『ニセコイ』が好きなんです。

 

ニセコイ

週刊少年ジャンプで連載されていた作品。ヤクザの跡取り息子・一条楽とマフィアの一人娘・桐崎千棘を中心に話が展開される王道ラブコメ漫画。

 

おっ、ニセコイ! 良いですねぇ。

ニセコイの失恋描写がめちゃくちゃ好きで…。

たしかにニセコイのフラれシーンはよかった。ちなみにどのキャラが好きなんですか?

鶫誠士郎(つぐみせいしろう)です。

わかる…。いいよね…。。

ハーレム系漫画を読んでると、いつも負けヒロインに感情移入しちゃうんです。

めっっっちゃわかります。僕も「いちご100%」だと東城、さつきが好きでした。いや、もちろん西野も最高だよ? 唯だって可愛いし。

アンダードッグ効果と言うべきか…。負けヒロインのムーブはいつの時代も心に響きます。

今回たかやさんが挑戦するのは単話読み切り。限られたページ数で読み手を効率的にときめかせるには、劣勢の立場にいるキャラが一歩踏み出し、そしてフラれる…。そんな話がいいと思うんです。

「効率的にときめかす」って言い方、ギャルゲーマーですね。

桜の散り際に儚さを感じるのと同様、我々は散るものが大好きです。

たしかに…。

負けヒロインだからこそ、最後くらい綺麗に散らせてあげたいじゃないですか。

 

私は声を大にして言いたい

 

ヒロインは散るほうが綺麗

…と。

アナタとは旨い酒が飲めそうだ…。

 

この速水アキにも、そういったエッセンスを盛り込んでいます。

うんうん。「勝気な性格」「でも恋には奥手」「幼馴染」って、“要素”が詰まってますね。

髪型はショートカット。陸上部もしくはラクロス部…の設定です。

わかるなぁ。全部わかる。

責任感は人一倍強いんですが、プレッシャーには弱い一面も持ち合わせています。

どうしよう。俺、アキちゃんのことがもう好きだ。

でもアキは負けヒロインなので、最後まで報われません。それが宿命なんです…。

最終話荒れちゃうやつだよ~。

 

舞台が「文化祭」「夕暮れの教室」「フォークダンス」もピンポイントで突いてきますね。全部オタクが好きなやつ。

僕もたかやさんも、ロクな青春を送れてないじゃないですか。

まぁね!

だからこそ、こう考えませんか?

 

ざけんなよ! 俺も送りたかったよ!!!

…と。

文化祭になにかトラウマが…?

つまり、ラブコメの本質ってここにあると思うんです。「こんな描写まずありえなくね?」「でも…でも、こんな青春送りてぇよ!」と読者に抱かせる。

なるほど。原案に書いてある「校内放送に混じりながら本音を呟く」って、現実的にありえないけどめっちゃラブコメ的だし、僕も言われたい。

その可能性をちょっと感じさせてくれるのがラブコメの魅力…。漫画の中でぐらい夢を見たい

素晴らしい…。アナタを頼って正解でした。

 

「雑談の中からなにか生まれたらな~」ぐらいの軽い気持ちで臨んだ打ち合わせ。まさか「原案」を用意してくれるとは…。

 

超助かりました! あざます!

キャラの会話部分をたかやさんに任すので負担かもしれませんが…

余裕のよっちゃんです! よっしゃ~、これで楽勝だぜ!

 

次ページ:いよいよネーム制作!