サプライズ苦手派 ちいさん(24)

 

 

数日後、サプライズが苦手な人とお会いした。

 

 

 

ちいさん (24) OL。

キャップを被ったクールな女性だ。好物は寿司。

 

 

 

「ちいさんはサプライズが嫌いとのことですが」

 

「されたらちょっとは嬉しいし、超イヤだ、ってわけでもないんですが、何ていうか、茶番だなって思っちゃう自分がいるんですよ」

 

「冷静な目で見るとそうですよね」

 

「結婚式関連って茶番多くないですか?」

 

「それを言っちゃいけない空気ありますけど、まあ大体茶番ですよね」

 

「いやもちろん友達の結婚式とかめっちゃ嬉しいんですよ。でも、茶番多いなって」

 

「わかります。僕、友達の結婚式で『新郎新婦に質問コーナー』みたいなのがあって、面識の無い新郎に『好きな食べ物』を聞かないといけない係だったんですよ」

 

「嫌な係ですね」

 

「で、当日変なタイミングで『好きな食べ物はなんですか?』って聞くんですよ」

 

「質問のセンスない人みたい」

 

「そしたら新郎は、『○○ちゃん(新婦)が作った、手料理かな』って答えたんですよ」

 

 

 

「うわ~~~!」

 

 

「もうめっちゃ恥ずかしくなっちゃって」

 

「それ絶対ヤダなー茶番だなー」

 

「なので結婚式関連は幸せ茶番が多いってのはわかります」

 

「ケーキ入刀とかよくわからなくないですか? なんでみんな2人でケーキ刺すんですかね。初めての共同作業とか言って」

 

「あーわかる」

 

「その後ケーキ食べさせ合うのヤバくないですか? なんか、新婦だけシャベルみたいなスプーン持って、司会の人が『愛の大きさだけ食べさせましょう~』とか言うやつ」

 

「あるあるあるある。確かに、幸せな空気で溢れているからその空気に応じるけど、冷静に考えちゃうと」

 

「友達の結婚は嬉しいし、いいなーとかも思うんですけど、ちょっとそういう風に考えちゃうので、サプライズとかも苦手ですね……」

 

 

フラッシュモブは?

 

 

「じゃあそうなると、フラッシュモブとかは……」

 

「無理無理無理無理、最悪のやつです」

 

「そうなりますよね」

 

「ちょっと前にネットで、結婚式でフラッシュモブされたから破局したみたいなのあったじゃないですか」

 

「ありました」

 

「わかる~~って思いました」

 

「サプライズ苦手な人がされたら発狂モノでしょうね」

 

「多分、嬉しいって感情の前に、『申し訳ない』『恥ずかしい』『死にたい』とかが来ると思うんですよ」

 

「わかります。もし自分がされたら、素直に喜びだけを享受は出来ないなとは思います」

 

「クローズドな場ならまだいい方だとして、駅前とかだったら人に迷惑かけまくってるとか思っちゃって逃げ出しちゃいそうです」

 

「そうですよね……」

 

「しかもあれってプロポーズじゃないですか、あんな大勢の前で言うなよ!とか思いません?」

 

「誰に向けて言ってるんだろうと」

 

「そうです、プロポーズの言葉みたいなのも、2人だけの秘密にしたいんですよ」

 

「ああ、なるほど……あとあれって絶対断れなくないですか?」

 

「その場ではOKしちゃうと思います。その後よく考えて、結論を伝えると思います」

 

「怖いやつだ!」

 

「『この人はフラッシュモブする人だしな……』とか後々考えに出ちゃいそうで」

 

「人によって本当に、超プラスか超マイナスに作用するんですね……」

 

 

サプライズ観を聞く

 

 

「理想のプロポーズとかって、あります?」

 

「いや普通に、ほんと、家とかで言ってほしいです」

 

「レストランとかもNGで?」

 

「まあそれくらいなら大丈夫です。マジの理想なら、夜の海が見えるベンチとかがいいです」

 

「あ、いいですね……」

 

「そういうのが一番です……」

 

「されて良かったサプライズとかってあります?」

 

「サプライズって言っていいかわからないんですけど、付き合ってる彼に、家でいきなりプレゼント貰った時とか嬉しかったです」

 

「それは誕生日とかでですか?」

 

「いやなんでも無い時に、なんかデートとかで何となく『これいいなー』って言ったものを覚えててくれたみたいで」

 

「王道のやつだ!」

 

「そうなんですよ。高いものとかでも無いんですが、かなり嬉しかったですね」

 

「やっぱ王道には王道たる実績があるんですね……!」

 

 

 

解散

 

 

「本日は有難う御座いました!」

 

「こちらこそ……お役に立てたかわかりませんが」

 

「超役立ちました。安心できました」

 

「それならよかったです」

 

「これ、僕からのサプライズです」

 

「えっ」

 

 

 

 

「コインロッカーの、鍵……?」

 

「空けてみてください」

 

「はい……」

 

 

 

ガチャ

 

 

 

 

 

「うわっ! なんですかこれ!?」

 

「反対口のコインロッカーの鍵です」

 

「ひぃっ」

 

 

 

「歩かせることでワクワクするってアイデアを聞いたもので……」

 

「反対側まで歩くのダルいですよ!」

 

「僕もそう思います。本日は有難う御座いました! プレゼントはお仕事とかで使って下さい!」

 

 

 

 

 

反対口のコインロッカーを開けるとこんな感じになってます。

 

 

亜希さんから聞いた冷蔵庫のアイデアを取り入れてみました。

 

ちいさんはサプライズ好きになったかな。

 

 

中にはクリスマスに産まれた犬が入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

こちらもまとめますと……

 

 

 

 

 

まとめ

 

アンケートに答えてくださった方、サプライズについて教えてくださった方、取材にご協力頂いた亜希さん、ちいさん、本当に有難う御座いました。

 

フラッシュモブは賛成とまではまだいけないですが、嫌悪感みたいなのは少し無くなりました。

 

もうすぐクリスマスになりますので、サプライズとか初めてするぜ!って人は王道のサプライズから慣らしていくのがいいのかな……と思います。

 

 

 

 

 

 

結論、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(おわり)

 

 

 

【あわせて読みたい】

「自分に吹き矢なんて向いてない……」そう思って諦めたこと、無いですか? この記事で上手なブロウを身に着けよう!

 

引っ越しって面倒の上にどこを選んだらいいのか分からない。引っ越し見積もりサイトを使ってみたレポートをお届けします。