発端

 

ある日、東京で働いている弟からLINEが来た。

 

 

 

 

どういう教育を受けて育ったら「自分の誕生日だから吹き矢買おう」ってなるんだ。ご丁寧に動画まで付いて送られてきた。

その日は塩対応をして終わったが、しばらく経った時ふと思った。

 

 

 

 

 

 

 

え……吹き矢って、かっこよくない?

 

 

 

 

 

かっこよくないと思うよ。わかってる。今ならそう思うんだけど何故かその時は、「一方的に遠くを攻撃できる武器」を手にしている彼がすごくかっこよく思えてしまった。

遠くから一方的に攻撃したいのはメジャーな犯罪願望だってネウロの犯人も言ってたし、そういうものかもしれない。

 

 

翌日になって前のめりで話を聞くと、どうやら弟は貴重な貴重なサラリーマンの休日を吹き矢の鍛錬に費やしたそうで、動いている的すら狙い撃てるらしい。

話を聞いていくと矢が一本くらい脳まで刺さってしまったのか、イカれた発言を連発してくれた。

 

 

 

「結婚式で風船に花みたいなのが入った奴を撃ち抜きたい」

 

あった。一緒に行った親戚の結婚式で確かにあった。各テーブルの中央の高い位置になんか風船がセットされていて、それを新郎新婦が長めのナイフ持ってきて割っていくという黒魔術みたいなイベントがあった。割れるとき普通に怖かったし本気で意味がわからなかった。あれをオプションで追加した新婚夫婦の神経を疑う。

 

 

「俺のレベルなら高砂から全テーブル撃ち抜ける」

 

出来たとしても絶対にやらないでほしい。司会から「それでは、新郎の特技でございます吹き矢にて……」とかアナウンス入るんだろうか。いつ割れるか分からないぶんナイフより怖い。共同作業みたいな感じで新婦も撃ってきたらより怖い。

 

 

 

しかし、狙ったところに矢を飛ばせるって、普通に特技じゃないだろうか。

 

いつの間にかそんなかっこいいスキルを体得していたなんて……羨ましくなってきた。

 

 

 

 

俺も、力が、欲しい……!

 

 

他者を圧倒する力が……!

 

 

 

 

圧倒するって言ってもパワー系じゃなくて……!

なんかこう、自分の手を直接汚さないというか……!

色々とバレないで圧倒だけしたいみたいな……!

一方的にこちらだけ有利な状態を保ちたい……!

バレないで遠距離で行使出来る力……!

 

 

 

 

 

そう、つまり……!

 

 

 

 

 

 

吹き矢!!(BLOW GUN!)

 

 

 

 

 

俺も絶対マシンガンとかのがいいと思っているよ

 

やってみよう

 

翌週、居ても立ってもいられず吹き矢を借りに行ったら「あげるよ」と言われた。飽きるの早いな。

 

 

貰ってきたけど、本当に狙った通りに撃てるのだろうか……?

 

 

あ、申し遅れました。マキヤと申します。

 

今から吹き矢を沢山吹いていこうと思います。

 

 

 

 

適当な場所で吹いて人に当たったりしたらケガとかじゃ済まない可能性があるので、高い壁で囲まれた友人宅の庭を借りました。

ペイントで頑張って的を作って、3mくらいの位置から撃ってみます。

 

 

僕が適当に作ったので全体的に楕円ですが、こちらフリー素材になりますので商用利用頂いてOKです。絶対正確じゃない点数も入れておきました。四隅の文字を入れる部分は好きに編集頂いて結構ですので、「初恋の話をする」とか「一番恥ずかしかった話をする」とかにして吹き矢合コンで使ってもいいですよ。

 

 

 

さて……

調べたところどうやら吹き矢にも段位があるらしく、最初の方の昇級試験は5m離れたところから的を狙うそうだったので、とりあえず3mにしておいた。

 

 

 

 

ものすごくダサい構図なのは理解しているのですが、やってる時はすごくかっこいいと思っていました。

 

そして何発か吹いてみるが、全然当たらない。

そもそも矢が真っ直ぐ飛ばなくて、後ろのコンクリートみたいなところにガンガン飛んで針が次々とダメになっていく。

 

 

 

僕の脳内では、力強く真っ直ぐに矢が飛んでいくイメージをなんとなく持っていたんですけど、

 

 

 

現実はこんな感じで、排泄みたいな軌道で飛んでいく。

 

 

ヘロッと飛んで地面に刺さった時すごく悲しくなる。

 

 

 

何発か練習し、ちょっと上の方を狙ったりして、なんとか的の辺りに刺さるようになってきた。

 

 

 

 

でもなんかイメージと違う。狙ってないところに撃ってそれが下がって刺さってるだけ。確実に違う。真っ直ぐズバッ!って刺したい。

 

 

真っ直ぐ飛ばそう

 

 

実は、真っ直ぐ飛ばせない原因はわかっていた。

 

 

 

吹き矢は、矢をセットして吹けばOK……そんなイメージがあると思うが、実際は少し違う。

 

そのまま吹いても矢が出ないのだ。

 

いや、すごい肺活量を持っている人なら出るかもしれないけど、何ていうか矢をセットした初期状態は「吹いて出せるレベルじゃない」詰まり方をしているので、指とかで頑張って「ちょっとゆるくする」必要がある。

 

そのあたりが最初よくわからなくてそのまま全力で吹いていた。全然発射されなかった。

学生時代は水泳と重量挙げをやってきていたのでそこそこ肺活量に自信を持っていたが、矢は全然発射されない。

逃げ場を失った空気は口を大きく膨らませ、口の端の方から空気が漏れ出し、顔を真っ赤にして「ブブブブブ」みたいな音を立てながら下を向くことになった。

 

 

 

 

矢より目が飛び出そうになる。

 

 

 

矢が出なくては意味がない。でもゆるくしすぎて卓球部が投げる初めてのストレートみたいな軌道になるのは嫌だ。

 

「ちょっとゆるくする」のバランスを考え、僕の肺活量でイケるギリギリのバランスで調整した。

目が飛び出そうになるくらい全力で吹き込む。

これは吹き矢じゃない。「吹く」なんて軽いワードじゃない。

 

吐き矢。吐き矢だ。吐くんだ。吸い込んだ息を全て。内蔵まで吐く勢いで。

 

 

 

 

 

 

すると……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズドンッ!!!

 

 

 

 

厚い段ボールを根本まで貫通するとんでも破壊力の矢が撃てるようになった。

 

 

 

「THIS IS NOT A TOY!(おもちゃじゃない。本当のことさ)」

 

 

一発一発に全力の吹き力を注ぐ事になるのでめちゃくちゃ疲れるが、これで軌道の問題はクリアした。

 

ちょいちょい的に当たるようになってきた。

 

 

 

 

的に当てよう

 

真っ直ぐ飛ぶようにはなったが、狙ったところに飛ばすことが出来ない。

 

 

茂みで撃ってみるも、上達は見られず。

漫画とかだと忍者みたいな奴が茂みとか沼からサクッと撃つイメージがあったが、足場が悪いので全然安定しないし草がマジで邪魔。蚊に刺されて集中力もダウンする。

あとこれからの季節はちょっと寒いので、沼地で吹き矢を撃つ人は一枚、カーディガンとか何か羽織る物を持っていくといいと思います。

 

※人が居ないことを数人でめちゃくちゃ確認した上で的に撃ってます。駐車場近くのため後ろは高いコンクリの壁です。

 

 

 

 

 

 

茂みではとくにこれといった戦果はなかった。

 

 

ちなみに外に持ち歩く時は、吹き矢をそのまま持ち歩くと気まずいので、

 

 

傘に擬態させるのが完全にオススメ。

 

 

矢もむき出しだと危ないので、ネット通販でたまに得られる緩衝材に刺すと持ち運びに便利。

 

この際気をつけて頂きたいのは、緩衝材に刺せるのは3本まで。4本以上になると矢同士が喧嘩しちゃってはみ出てくる可能性があるので注意が必要。これから持ち運ぶ人は十分気をつけて下さい。矢専用ケースみたいなのをお持ちでしたらそっちのが良いと思います。

 

 

茂みは雨上がりだったので草とかでスーツが濡れ、更に蜘蛛の巣とか沢山あって何もいいことがなかった。

この記事を読んで吹き矢を始める皆様は貸し切った体育館とかでやるのがいいと思います。

 

 

コツを掴んだ

 

足場が悪すぎるので先程の庭に戻ってきた。

なんかポッと吹いてサクッと刺さるイメージの吹き矢ですが、コレめちゃくちゃ疲れる。数本撃つとすぐ休憩したくなる。

 

 

 

2時間くらい撃って、肺が限界を迎えた頃に、コツに気づきました。

真っ直ぐ飛ぶのに的に当たらないのは、思いっきり息を吹き込んでいつ発射になるかわからないので、手がプルプルするから。

 

なので、

 

吸った自分の息を、それこそ弾丸のように一気に吹く! するとブレずに真っ直ぐ飛びます。

イメージとしてはカービィが星を吐く時のあれです。真っ直ぐ自分の息が飛ぶことをイメージする。

先程思いっきり息を吐くから吐き矢だとかよくわからないことを言いましたが訂正します。文字通り、吹く。

一瞬に全力を込めて、ファゥッ! と。これは”吹き”矢なんだ。

 

すると真っ直ぐに、ある程度狙ったところに飛ぶようになりました。

 

 

ある程度安定したブロウが出来るようになれば、後は練習あるのみ……!

 

上達しないと的じゃなく記事に穴を開けてしまうことになるので、修練を積む。

 

 

 

的に当たるところを映像に収めたかったのですが、矢が小さくほぼ見えないので、膨らませた風船を割ることにしました。

 

 

思いついた時は気付かなかったが、風船を膨らませるには疲れていない肺が必要だった。

 

全力で吹いているのに全然膨らまず、酸欠になったのかめちゃくちゃ頭が痛くなる。

吹き矢は弾丸のようなブロウがよかったが、風船の時はロングなブロウがいい。その切り替えに時間がかかった。

 

 

なんとか膨らまし、縛る途中で手を離してしまったためどこかに飛び、心が折れながらもう1つ膨らませて、的の中心に設置。

 

 

これを狙い撃つぞ! 結婚式の風船をイメージして!

 

そして

 

風船は中々割れません。

 

コンクリに当てすぎて針が大幅に劣化しているのか、軽い当たりでは何か思うように割れません。

 

 

 

そして……陽が少し暮れる頃……

 

その時はやってきました。

 

 

 

 

 

 

パァンッ!

 

 

 

 

 

5mくらいの位置から見事、風船を爆裂させることに成功しました。めちゃくちゃ嬉しかったです。

吹く瞬間ってこんなに頬が膨らむんですね。

 

 

その後は完全に吹き矢をマスターし、もう的の中心を狙ってしっかりそこに当たるようなレベルになった。

身体はちゃんと地面に固定し、肺の調子を整え、腹式呼吸からの弾丸のような安定したブロウで、集中し的を見据え撃ち抜く。心・技・体の全てが必要な奥深いものだった。

 

ちゃんと撃った威力は段ボールを余裕で貫通するものなので、絶対、無機物にしか向けちゃダメ。これはおもちゃじゃない。

吹き矢をやっている人がブロウという単語を使うかは知りません。

 

 

 

あっ

 

 

 

 

その後、調子に乗って親の寝室に的を置いて撃っていたら障子に穴をあけてしまい死にました。

 

 

ケガしないように、させないように、安全には死ぬほど気を使って皆さんも良き吹き矢ライフを!

 

 

 

 

(おわり)

 

 

【あわせて読みたい】

引っ越しってあまりにも面倒じゃありません?

【ブラック企業の社員旅行体験記】グアムのストリップが魔王城だった