体重100キロで婚活は失敗続き…。〇回目のお見合いで結婚

●脇役だった瞬間●

100キロ…

いまのお父さんからは想像つかないな

この年にね、市内に初めてのセブンイレブンができた。あの頃はコンビニなんて“新しさの象徴”だったし、毎食コンビニ飯だったな

それまで山奥にいた人間には、コンビニ飯なんて美味すぎる存在だよね

その結果、超巨漢になったのか

 

1980年代、地元に初めてのコンビニがオープン。コンビニ飯のおかげで体重は100キロに。この頃のセブンイレブンは7時~23時営業だった

 

 

●脇役だった瞬間●

太ってからは本当に苦労したよ。糖尿病になるわ、お見合いもことごとく成功しないわ。職場内で片想いしていた子も、スラっとしたイケメンに取られるし

う~ん…「脇役」だなぁ

 

 

●主役だった瞬間●

それでも諦めずに婚活を続けたら、18回目のお見合いで今の母さんに出会ったんだ

遂に!

 

「大和撫子みたいな人だ…」「この人しかいない…」と母さんにプロポーズする決意を固めてね

やっぱり親父の恋バナは照れる

地元で有名なプロポーズスポットに母さんを呼び出したんだ

地元にそんなスポットあったんだ

田舎、“恋”にまつわるスポット作りガチだよね

 

母さんも「嬉しい…」って喜ん…誰だ!?

怖っ! 誰?! 

え? 母さん役として起用した友達のライターだけど

お母さんを人外の化物にするな

 

1991年、父29歳でプロポーズに成功。なんかこの画像ジブリの1シーンみたいですね

 

 

父としての人生スタート。親にとっての「主役」は子ども

●主役だった瞬間●

そして俺たちが生まれたわけか

『子どもが生まれた』を「主役」に入れてくれたのはやっぱり嬉しいね

そりゃそうだよ。親にとって、子どもが生まれた瞬間が人生で一番幸せなんだよ。親の「主役」は子どもなんだよ

うっ…(泣)

父さん…(泣)

 

 

●脇役だった瞬間●

それなのに昔は「ハゲ」って罵ってごめんね(泣)

ことあるごとに「ハゲ」って罵ってごめん(泣)

ハゲって言うな

 

 

怒涛の日々だけど、毎日が充実した40代

●主役だった瞬間●

子どもたち3人が小学校に上がってからは怒涛の日々だったな。長女のスイミングスクールへの送迎、次男のサッカークラブの遠征…。あっちこっちに車を走らせたな~

おやおや。手のかかる妹弟ですなぁw

たかやも中学時代に突然「秋葉原行きたい」って言い出して、俺が東京まで車を出したよ

スマソ…

この頃は本当に忙しかった。でも、おかげで毎日張り合いがあって凄く楽しかった。母さんとも「あの時が一番楽しかったな~」って話し合ってるよ

「忙しいから楽しい」って考えは凄いな

いまは子どもたち全員が家を出ちゃったから寂しいよ

 

 

中年期!そして現在へ…

●主役だった瞬間●

50歳で初めて宝くじに当選した父

このあたりから最近のエピソードだね

初めて当選した一万円は何に使ったの? 豪華な飯でも食べた?

お前たちの学費ですぐ消えたよ

ありがとうございます…

 

 

●脇役だった瞬間●

父の風呂の順番は最後。お湯もほぼ残ってない

「洗濯物をわけられた」「風呂は最後」はいかにも中年期の父ってエピソードだ

ベタだな~

父さんの脇役をベタって言うな

 

 

●脇役だった瞬間●

 

お父さんたちの世代だとパソコン操作は苦労するよね

誰だ奥にいるピエロは

若手社員役として起用した友達のライターだよ

普通の仕事仲間いないの?

 

 

父の人生は「主役」だった?「脇役」だった?

以上となります!

断片的とはいえ、自分の父の人生を初めて知った

いろいろあったよ

ここまでお父さんの人生を「主役」「脇役」に分けて振り返ってきたけど…

 

お父さんの人生を総括すると「主役の人生」だった? 「脇役の人生」だった?

う~ん…まぁ…

 

「主役」じゃない?

良かった~

まぁここで「脇役だった」とか言われても困るけど

 

 

田舎に生まれて、不自由もあったけどね。それでも俺は長野で育ってよかったと思う

 

 

そりゃ“社長”みたいな立派な肩書きに就けたわけでもない。億万長者にもなれなかった。仕事で頭も散々下げてきた。傍から見たら「普通」「つまらない」って言われる人生かもしれないけど…

 

 

それでも毎月給料を貰えて、母さんと結婚できて。家族を養えて、子どもたちに振り回されて、子どもたちが無事に育って。長女が結婚してくれて、孫もできた。こんなに楽しい人生はないよ

 

人生が「楽しい」か「つまらない」かは、他人が決めることじゃなくて自分が決めることだと思うんだ。だから、お前たちの人生もお前たちのものだよ。息子がどんな人生を歩もうと、親は子どもが元気でいてくれるだけで充分だ

父゛さ゛ん゛(泣)

めちゃくちゃ良いこと言ってるのに、画像のせいでいまいち感情移入できない

 

父の58年間は、まぎれもなく「主役」でした!

 

 

父がこれから叶えたい「主役の瞬間」は?

お父さんのこれからの夢とかあるの?

いまの仕事もあと2年で定年だからね。その後は民宿を開きたいな

え?! そうなの?

子どもたちが成人したあたりで「俺のこれからの人生はどうしようかな~」って考えたんだよ

うんうん

で、老後は幼少期に慣れ親しんだ実家の山に戻って、小さな民宿を開きながらのんびり暮らしたいなぁ…って

モチベーションが凄い

だから、俺の人生これからも楽しみがたくさんあるんだ

すごくいい夢だよ!

あとは、そろそろお前たちに定職に就いてほしい

それはホントごめん

マジごめん

 


 

ビデオ通話後の父とのLINE

ちなみにこのビデオ通話の前日は父の誕生日でした。父、58歳、おめでとう!

 

 

(おわり)

 

created by Rinker
Getting Better (jp)
¥1,900 (2022/10/02 01:29:14時点 Amazon調べ-詳細)