ono_sankaku00

 

 

 

突然ですが皆さん、「三角関係」と聞くとどんなものをイメージしますか?

 

友情と恋心の間で揺れ動く乙女心、二人の幸福を思って身を引く切ない終わり……。そんな美しいものはフィクションの中だけで、実際はSNSで牽制し合い、罵り合い、場合によってはアイスピックのようなもので刺すや刺されるやの展開もありえる醜いものです。

 

できれば巻き込まれたくない三角関係ですが、実は"三角関係"を起こす人には一定のパターンがあるのをご存知でしょうか?

 

全員がそうだというわけでもありませんが、知っておいても損はないはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

三角関係に巻き込んでくる女子の特徴10パターン

 

 

 

 

 

三角女子その1.

 

ono_sankaku01

 

二番目でいいと思っている

 

 

言うまでもなく"二番目でいい"と考えている女子は不倫や浮気の対象になりやすく、泥沼の三角関係を起こしやすいです。

恐らく徒競走とかも"二位でいいや"という感じで適当に走ってきたのでしょう。

 

しかしこれだけは忘れないでください。最初から一番を目指さない人間は”オンリーワン”にすらなれないのだと……。

 

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その2.

 

 

ono_sankaku02

切れ目なく彼氏がいる

 

 

こう言うと、「切れ目なく彼氏がいて何が悪いんじゃい!恋愛体質なんじゃい!」という意見もあるかもしれませんが、切れ目なく彼氏がいるというのはもうどう考えてもおかしいのです。

 

だって、恋人と別れてから新しい恋愛を始めたら絶対にある程度ブランクが空くわけで、そこが途切れないというのはつまり前の彼氏と付き合っている時点である程度次の恋人候補と関係を築く準備をしているわけで、厳密にいえばそれはルール違反ですから。

 

言ってみれば、恋の二毛作なんですよ、これは。二毛作するな!

 

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その3.

 

ono_sankaku03

他人のものを欲しがる

 

 

他人のものを欲しがる、言い換えれば自分の価値観に自信のない女子は"誰かのもの"を無性に欲しがり、三角関係を経た略奪愛形式の恋愛を繰り広げがちです。

 

そしてそのくせ、自分のものになったら途端に興味をなくし、また別の誰かの恋人に目をつけるのです。

 

女性の場合、こういったタイプ女子に自分の恋人や気になっている異性を紹介するのは悪手中の悪手でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その4.

 

ono_sankaku04

 

愛情確認がはげしい

 

愛情確認が激しい女性、すなわち相手からの愛情に対して疑念が強くせっかちな女子は、ちょっとしたきっかけで"自分は愛されていないのかもしれない"と感じます。

 

こういったさいに、自分に対して好意を寄せる別の男性などが現れると、「愛情あやふやな恋人より自分をちゃんと愛してくれる人を選んだほうがいいのではないか」という気持ちから浮気心を起こし、やがて泥沼の様相を呈するまでがワンセットなのです。

 

外野からひとこと言わせてもらえれば、付き合う前の優しさと付き合ってからの優しさは比較するべきではないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その5.

 

ono_sankaku05

 

やたら恋愛相談する

 

 

これは1万年前の壁画に書いてあった言葉なのですが、恋愛相談が良い結果を生むことはほぼありません。

 

「Aくんが好きなの」と女友達に相談したら翌日に先に告白されていた中学生時代も、恋愛相談をして慰めてもらった男友達とそのまま付き合うモラルなき大人になってしまった今もそれは普遍の事実です。

 

相談するな!恋愛くらい自分でしろ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その6.

 

ono_sankaku06

 

五話でフランスに行く

 

 

これは経験則ですが、5話ぐらいで外国に行った女は8話ぐらいで帰ってきて、出国している間にねんごろになった別の女をまじえた三角関係に発展する場合が多いです。

 

外国から帰ってきて男を見つけて声をかけようとしたら別の女と一緒にいるのに気付き、小田和正の曲がかかるパターンだと思います。

 

そして勘のいい方はお気づきかもしれませんが、もうないぞ……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その7.

 

ono_sankaku07

 

こっちの会計が終わってないのにレジに置く

 

 

自分の商品を店員に会計してもらっている時間というのは、自分と店員だけの蜜月、言うなれば恋愛のようなものなので、そこに人が割り込んで来るというのは一種の三角関係であると言えます。

 

店員としても、後からやってきた泥棒猫の会計を先にするようなことはあり得ず、直接迷惑がかかるわけではないのですが、それでも毎回新鮮な気持ちで「えっ」と思ってしまうのは抗えません。

 

こういった行為をよしとする人間の恋愛模様は、やはり略奪愛に違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その8.

 

ono_sankaku08

 

同じ自己を共有した二つの肉体だ

 

 

同じ自己を共有した2つの肉体の女子に告白されて付き合ったら、それだけで三角関係になってしまいます。

 

同じ自己を共有した2つの肉体を個人として扱うか、二人として扱うかは難しいところですが、少なくとも傍から見て良い印象は与えないでしょうね。

 

さて、残るはあと2つです。現時点でこの状態なのにあと2つもあるのかと心配する方もおられるかもしれませんが、自分で10パターンと言ってしまった手前、最後までまっとうしたいとは思いますので、どんなものが現れても驚かず見届けてください。

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その9.

 

ono_sankaku09

 

顔がもう三角だ

 

 

顔が三角の女子がいたら、それはもう三角関係に巻き込まれると考えたほうがいいのでしょうね。

 

もう何を言っているのか分からないという方もいるかもしれませんが、自分で10パターンと言ってしまった手前、何が何でも10個は考えなければならないのです。

 

そして、次が最後の10個目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角女子その10.

 

ono_sankaku10

 

彼氏がいるけどタイプだ

 

 

やはり最後は、何といっても彼氏がいるけどタイプな女子でしょう。

 

つまるところ、三角関係の条件を満たしていても巻き込む側の女子が魅力的でなければ何も起こらないのです。

 

じゃあ結局、男のせいなのかという話になるのですが、そうではなくて、本当に罪なのは美しさだということですね。

 

皆さんも、美しい女性を見かけたらためらわず通報するようにしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ono_sankaku11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ono_sankaku12

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 ……いかがだったでしょうか。ここで紹介した三角関係を引き起こす人のパターンに注意して、面倒事に巻き込まれないように気をつけましょう。

 

 

 

ところで三角といえば、「三角形の秘密」でおなじみのお菓子、ポリンキーです。

 

 

 

 

prin

 

つなぎ方が少々苦しい気もしますが、ポリンキーは今年で25周年をむかえました。それを記念して、期間限定で「くちどけポリンキープリンあじ」が全国のコンビニ・スーパーマーケットで発売中です。

 

いつものポリンキーよりもちょっとだけしっとりとしていて、甘じょっぱい味は意外と美味しいです。33%OFFのセール価格(※数量限定)で、湖池屋オンラインショップでも購入できます。

 

 

しばらく食べてなかったな〜という方。この機会にまた是非ポリンキーを食べてみてくださいね。