この記事は、今まで本を読んだことがないWEBライターが「走れメロス」を読破する記事です。

 

<この記事に出てくる人>

WEBライター。本を読んだ経験はゼロ。漫画ならいっぱいある。

友達。みくのしんが本を読む手伝いをする。

 

不安そうなみくのしん
本を読むということで
終始、不安そうなみくのしん

緊張するわ〜。予防接種の待合室みたい

みくのしんは今まで何か本を読んだことはないの?

う〜ん。学生の頃に友達から「キノの旅」を勧められたことがあるんだけど……

 

created by Rinker
¥525 (2022/12/02 00:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

お〜いいじゃん! 短編だから読みやすかったんじゃない?

あれってたしか言葉を話すバイク? が出てきたよね?

そうそう。エルメスね! 懐かしいな〜!

俺は「バイクがしゃべる」という事実が理解できなくてギブアップしちゃった

Oh…

 

▼シーンやキャラクターの顔や声色など、書いてあることを自分なりに飲み込んで、脳内で想像しないといけない。それを文字を読みながら行うという処理が出来ない。

▼内容が頭で構築できないので、文字をいくら読んでもすり抜けていく。

▼気付かずに同じ行を往復して読んだりしちゃう自分がハラタツ。エクセルみたいに目に良い2色にしてほしい。

▼集中力が持たないので、すぐ飽きてしまう。

▼長過ぎる。伝説のボリューム。

言ってることは分かる。こうして見ると、読書っていろんなスキルが求められるんだね

そもそも文章を読むのが苦手なんだよな〜

WEBライターとして致命的じゃない?

 

 

今回、みくのしんには太宰治の「走れメロス」を読んでもらいます。

以前、あらすじを紹介したところ「なんか文章かっこいい!」「すげー気になる!」と乗り気だったので、このために本を取り寄せました。

そのときは、みくのしんも「これなら読めるかも」という反応だったのですが……

 

本じゃん

そりゃそうだろ。何が不満なんだよ

いやだって…。かまどは「走れメロスは短編だから読みやすい」って言ってなかった?

そうだね。短い物語だからサクッと読めると思うけど

 

こんなに分厚いのに!?

分厚くはないだろ

「はじめまして」でこの厚さは無理だろ?!

走れメロスって中学校で習ってるはずなんだけどな

 


「束じゃん!」とキレるみくのしん

この本は短編集なので「走れメロス」以外にも何作品か短編が収録されています。

こちらの説明不足だったのですが、みくのしんは「これ一冊、全部が走れメロス」だと思ってしまったようです。

 

あ、まるまる一冊は読まなくていいんだ?

そうだね。今日は「走れメロス」だけ読めればいいから

よかったぁ〜!! じゃあ、一旦他の短編は飛ばさせてもらって……

 

あぁ〜〜めっちゃ飛ばせる!! 気持ちぃい!!!!

こんな調子で本当に最後まで読める?

今まで本を読みきったことがないから、自分でも分かんない。読み終わる頃には頭が一回り大きくなってそう

 

「こんなにショートカットできた!」と喜ぶみくのしん

本に対する苦手意識がかなり強いようですね。

これまで本を読み切ったことがない男が「走れメロス」を読むと、一体どうなってしまうのか?

人生初の読了を目標に、みくのしんの読書が始まります。

 

▼編集部注

予め申し上げておきますが、この記事はとても長いです。

普通に「走れメロス」を読むより長いです。何卒ご了承ください。

 

読書中の様子を
ダイジェストでお見せすると……

 

ふりがなに感激するみくのしん

 

なんか笑ってる

 

笑ってる

 

メロスってそんな本だったっけ?

 

頭抱えてる

 

 

ティッシュで遊び始めたみくのしん

 

お手上げのみくのしん

 

泣いちゃった

 

叫んじゃった

 

ブチギレちゃった

 

 

??

 

???

こんな感じでした。本当に読書してる?

 

▼編集部注

次ページからみくのしんの人生初読書が始まりますが、もう一度言います。とても長いです。

撮影時間は3時間(走れメロスの平均読了時間は30分)でした。何卒ご了承ください。

普通に「走れメロス」を読みたい方は、青空文庫で全文読めますので、そちらをどうぞ。

 

>>メロスを読むぞ!!<<