6位:卵黄×卵かけご飯専用醤油

6位に選んだのは、「卵かけご飯専用醤油」に漬けた卵黄。

 

卵黄&醤油の旨みが純度100%のまま味覚を刺激してめちゃくちゃ旨い。材料は同じはずなのに、普段食べ慣れている卵かけご飯とは全然違う!!

卵かけご飯専用の醤油は色々なダシの旨みがきいているので、より相性がいいような気がします。

 

寺岡家のたまごにかけるお醤油は、そのまま卵かけご飯として食べてもおいしいのでオススメです。よりコクのある深い旨味を追求したい方は、卵黄漬けがベスト!

 

作り方は簡単で、卵黄を醤油に漬けて1日寝かすのみ。

余談になりますが、都内で有名な某おにぎり屋さんの醤油卵黄は、卵黄を冷凍庫に2日寝かせた後、醤油に半日漬けているそうです。時間に余裕があったら試してみたいな…。

 

マンスーンさん曰く『マジで旨い。醤油のさっぱりした甘さとダシの風味が卵黄にしみこんで濃厚な旨みで最高!家で作りたいから醤油くれ〜〜〜』とのこと。

撮影後、マンスーンさんに醤油をプレゼントしたらとっても喜んでいました。

 

7位:サーモン×焼肉のたれ

7位に選んだのは、サーモンを「焼肉のたれ(コチュジャン入り)」に漬けたサーモンユッケ。

 

焼肉の甘辛いたれとコチュジャンの絶妙な辛味がサーモンにしみわたっています。濃厚な旨みが味わえて、サーモンユッケとして完璧な仕上がり。文句なしでマジで旨い!

 

卵黄をのせて食べたら、大変なことになりました。これを海鮮丼にしたら最高だろうなぁ…。

 

作り方はとても簡単で、サーモンを焼肉のたれに漬けて冷蔵庫に1日寝かすのみ。

 

永田さん曰く『焼肉のたれに漬けただけなのにめちゃくちゃ旨い。味つけがちょうど良くて、米にもあうし、酒のつまみにして食べても最高。ごっそさん…』とのこと。

永田さんは撮影中に気を遣ってこういうリアクションをしてくれる人ではないので、この表情はマジのガチです。

 

8位:豚肉(切り落とし)×レトルト ハヤシソース

8位に選んだのは、豚肉(切り落とし)を「レトルト ハヤシソース」とトマトケチャップに漬けて焼いた、炒り豚。

 

トマトケチャップとハヤシソースの旨みが豚肉にじっくりとしみこんで、丁寧にコトコト煮込まれたかのようなやさしいマイルドな味わいが口に広がり、最高においしい。

たった数分で炒めたようなクオリティじゃないぞ!

 

作り方はとても簡単で、豚肉をレトルトのハヤシソースとトマトケチャップに漬けて冷蔵庫に1日寝かすのみ。

 

かまどさん曰く『豚肉にハヤシライスの味つけって意外だと思ったけど合う! 長時間煮込まずでこの味のしみこみ方はすごい! 普通に煮込んだような肉のやわらかさとコクの深い味でうまかった!』とのこと。

記事の公開後、SNSでも実際に作って好評の声が数多くあったので、オススメできる一品です!!

 

9位:鶏肉(もも肉)×焼鳥のたれ

9位に選んだのは、鶏肉(もも肉)を「焼鳥のたれ」に漬けて焼いた、焼鳥。

 

焼鳥のたれがもも肉にしみこみ、しっかりとした旨みを堪能できます。大ぶりで食べ応えもあり、ご飯のおかずとしても最高。

お好みで山椒や一味を入れて漬けても絶対に旨い!!

 

作り方はとても簡単で、鶏肉を焼鳥のたれに漬けて冷蔵庫に1日寝かすのみ。

 

長島さん曰く『照り焼きチキンとかじゃなく、めっちゃ焼鳥の味がしておいしかった。漬けるだけでこんなにたれの旨みが鶏肉にしみこむのはお見事!一味や山椒をかけても最高やね』とのこと。

 

 

10位:卵黄×ごま油

10位に選んだのは、「ごま油」と味の素に漬けた卵黄。

 

ごま油の繊細な香りが口の中に広がりつつ、後追いで濃厚な卵黄の旨みとごはんの甘みが合流しておいしい。

あっさりとした素材の旨みが引き立つので、焼肉などの肉料理と一緒に食べてもあうはず。

 

作り方はとても簡単で、卵黄をごま油に漬けて味の素をまぶすのみ。

冷蔵庫に1日寝かしたら完成です。

 

原宿さん曰く『醤油の卵黄や卵かけご飯に飽きた人にオススメしたい味。ごま油の香りとたまごの甘みがコク深くて旨い』とのこと。

 

まとめ

1ヶ月間漬けレシピをやってみた感想ですが、身近な調味料と食材だけでこんなに簡単に色々な料理が作れるという発見が多かったです。あと、あまり自炊の面倒な部分がなかったので継続できた気がします。

調味料が1本あれば大体の食材との組み合わせがいけるのもオススメできるポイントです。今回作ったレシピでも食材を変えて作ってみたり、好みの味つけにアレンジしたりもできるので、食材と調味料を余すことなく使えるのも最高ですね。

 

1週目:豚肉

豚肉を漬ける時のコツは、漬ける時間が1日がベストという点でした。

漬け込む時間が長くなるイメージがありますが、ただ調味料の味が濃くなるだけなので冷蔵庫で寝かし続けるよりも、冷凍庫に入れて食べる日に解凍して焼くのがオススメです。

 

2週目:サーモン

サーモンを漬ける時のコツは、調味料を薄めずにそのまま漬け込むのがポイントでした。

あえて減塩タイプや調味料を薄めて使ってしまうと、味つけがぼんやりとしてしまうので、濃い味のままでも意外といけます。

漬け込む時間は1日じゃなくても、半日くらいでもおいしく食べれます!

 

 

3週目:卵黄

卵黄を漬ける時のコツは、調味料を多めに入れることですね。

調味料が少ないと半熟みたいな感じになるので、卵黄の半分以上は浸かるように入れるのがおいしくなるポイントです。

 

4週目:鶏肉

鶏肉を漬ける時のコツは、漬けた後にちゃんとよく焼くところがポイントでした。

鶏肉の断面がピンクだった場合は、電子レンジで追い加熱するのがオススメです!

 

5週目:牛肉

牛肉を漬ける時のコツは、調味料の分量を少なめに入れるのがポイントでした。

今回試した中では一番、食材そのものに旨味があったので、漬ける時間を短くしたり、調味料の味の濃さを薄めにしてもおいしくなる感じがしました。

 

今回は豚肉、サーモン、卵黄、鶏肉、牛肉で漬けレシピを試してみましたが、5種類に共通しておいしかった調味料がこの「焼肉のたれ」

自炊がマジで面倒な時は前日に何かしらの食材を焼肉のたれに漬けておけば、翌日必ずおいしくなっているので、試しに漬け込んでみるのをオススメします。

 

気になる方はぜひ漬けレシピをお試しください!

 

オススメの商品

created by Rinker
ステーキ宮
¥2,199 (2024/07/22 22:03:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
にんべん
¥2,044 (2024/07/23 09:13:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スタミナ源たれ
¥1,580 (2024/07/22 18:01:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マルコメ
¥839 (2024/07/22 23:22:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SPICE&HERBシーズニング
¥1,111 (2024/07/22 23:22:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
寺岡
¥720 (2024/07/23 13:20:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
銀座カリー
¥1,750 (2024/07/22 23:22:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エバラ
¥869 (2024/07/22 23:22:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ジップロック
¥980 (2024/07/23 14:03:46時点 Amazon調べ-詳細)