リラックスしたいときに使ってみたいアロマオイル

「なんだかハードルが高そうで、手が出せないな…」なんて思っちゃいがちですよね? でも、最近は100円ショップでも販売していますし、実は誰でも手軽に香りを楽しむことができちゃうんです♪

代わり映えのしない自分の部屋も、植物の効果で癒しの空間に早変わり!

あなたも香りのパワーでワンランク上のおうち時間を過ごしてみませんか?

 

<目次>

・アロマオイルって何?【精油との違いは?】

・オススメのアロマオイルを紹介します♪

・俺の部屋から出ていけ

・俺のことを見ているのは分かってるんだぞ

・出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ

・一年後…

・香りのパワーでおうち時間を満喫しよう♪

 

アロマオイルって何?【精油との違いは?】

アロマオイルとは、植物由来の芳香を楽しむオイルのこと♪

主に天然香料・合成香料をアルコールなどで希釈したものを指すことが多いようです。

 

アロマというと、植物の香りで心身の健康や美容に働きかける『アロマテラピー』のイメージがありますよね。

でも、実はこのアロマテラピーにアロマオイルは使われていないんだそうです!

 

アロマテラピーでは、精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれる天然成分100%のオイルを使用します。

私たちが思うアロマテラピーの効果は、この精油(エッセンシャルオイル)がもたらすものなんだとか!

 

簡単にまとめると

・アロマオイル:植物の香りを楽しむもの

・精油(エッセンシャルオイル):植物の香りと効能を楽しむもの

という感じ♪

 

きっと皆さんがイメージするアロマオイルは「精油(エッセンシャルオイル)の方だったんじゃないでしょうか?

呼び方が違うだけかと思いきや、こんな差があるなんてびっくりですよね! 僕も調べてみて驚きました(笑)

 

香りを楽しむだけなら100円ショップのアロマオイルでも大丈夫!

でも、アロマの作用を期待するのであれば、精油(エッセンシャルオイル)を購入することをオススメします♪

 

アロマオイルと精油(エッセンシャルオイル)の簡単な見分け方は……

・瓶のラベルや箱に「精油(or エッセンシャルオイル)」と書かれているか

これに加えて、植物の学名、産地、抽出部位、抽出法も記載されていると、より信頼性が高いそうです。

 

・遮光ビンに入っているか

精油は光によって品質が劣化するため、それを防止するために茶・青・緑などのガラス製の小ビンに入れられています。

 

・値段が安すぎないか

精油は数kgの原料から数mlほどしか抽出されない希少な成分。アロマオイルに比べて製造にコストがかかるため、数mlで数千円などの価格が一般的です。

せっかく買うならアロマオイルと間違えないようにしたいですね!

 

 

オススメのアロマを紹介します♪

ここまで、アロマオイルについて簡単に説明しましたが、たくさん種類があるのでどれを選べばいいか迷っちゃいますよね(笑)

なので、ここからは僕のオススメをご紹介します!

 

それがこちら!

 

 

「ベチバー」です!(じゃーん!)

 

 

ベチバーとは、インド原産のイネ科の植物。

細長い葉っぱが房状に生える植物で、インドでは古くから日除けとして使われたりしていたそうです。

また、とても丈夫な根っこを持っており、柔らかい土でもしっかりと根付くため、斜面の土砂崩れを防ぐ役割を果たすこともあるんだとか!

 

ベチバーオイルはそんな根っこから抽出されているためか、深い土のような香りがします。

まるで東洋の儀式で使われているような個性的な香りですが、そのオリエンタルな芳香は嗅いでいるだけでとっても落ち着きますよ! るんっ♪

 

ベチバーは、花や柑橘系の爽やかな香りとは正反対の大人な香り♡

寝室など照明の暗い空間にマッチしそうな落ち着いた感じです。瞑想のお供にピッタリかも!

ちなみに、ベチバーの精油はその高い鎮静力から「静寂の精油」と呼ばれているんだとか!

 

もちろん、リラックス効果のほかにもいろんな効果が期待できます。

中でも、特に注目したいのがコレ♪

 

実は、このベチバーの香りは……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドネシア原産のイネ科植物「ベチバー」の根に、ゴキブリやダニなどの害虫を寄せ付けない効果があることを、九州大学農学研究院(福岡市)や福岡県久留米市の企業「アカル」(高木茂社長)が共同研究で確認した。

ゴキブリが寄り付かない忌避率は100%といい、同社は「天然素材で人体に無害の害虫防除ができる」と商品化を進めている。

※読売新聞(2008/1/10付)より引用

ベチバー精油はチャバネゴキブリとクロゴキブリに対して強い忌避活性を示した.

その活性は市販されている忌避剤の有効成分でもあるDiethyltoluamide(ディート)よりも強く,残効性も優れていた.

※環動昆Vol.8 (1997)「ベチバー精油中に含有されるゴキブリに対する忌避活性物質」より引用

 

 

 

 

 

僕はゴキブリが嫌いだ。

本当にマジでこの上なく嫌い。ゴキブリの絶滅を心から望んでいる。そのせいでこの世の生態系が狂っても一向に構わない。

 

この世には、ゴキブリを駆除するための商品がいくつもある。

でも僕はあの「さぁて、ゴキブリぶっ殺してやるズィ〜?」なパッケージデザインですら苦手だ。

「これを食ったゴキブリはイチコロ!」みたいな商品も、設置するたびに「アイツらここでお食事するんだな…」と想像してダメになってしまう。

企業努力の賜物に対してこんな物言いをして申し訳ない。でも、それくらいダメなんだ。ゴキブリが。

 

もちろん、これらの商品を使えばきっちりゴキブリを駆除してくれるだろう。

でも、この家のどこかに奴らの死骸が転がっていると考えると、どうにも気分が良くない。僕は事故物件に住みたくない。

 

今の家に引っ越してきて3年。

幸にして一度もゴキブリと遭遇したことはなかったが、今年はもう無理かもしれない。

 

我が家では、今年に入ってから室内で観葉植物を育て始めたからだ。

頻繁に水やりをするし湿気を好む植物も多いので、明らかにゴキブリたちの憩いのスポットが出来上がっている。屋内の植物コーナーは俺だけのオアシスではないのだ。

 

植物を育て始めたからには、今まで以上にゴキブリ対策に気を遣う必要がある。

しかし、例えば部屋を煙で充満させて害虫を一網打尽にするタイプの駆除剤は植物が枯れる原因になったりもするらしい。

守るものが増えた今、これまでのような強硬策を取ることもできなくなってしまった。

 

そんな時に見つけたのが、この「ベチバー」だ。

天然成分なので人体にも無害でゴキブリの忌避率も100%、なんならアロマのいい香りまで楽しめる。

 

・精油はおしゃれなアイテムなので、対ゴキブリグッズとして意識せずにすむ。

・殺虫成分があるわけではないので、「家のどこかに死骸が…」と気にする負担も減る。

・植物性のオイルだから、観葉植物にも悪影響はない気がする。

・万が一効果がなくても「アロマ」としては使えるから損した気分にならない。

ということで、我が家では今年からベチバーを導入することにした。

前々からアロマに興味はあったけど、こんなに機能性に富むものが見つかるとは思っていなかったな。

僕の部屋が華やいだあかつきには、ゴキブリたちにも出て行ってもらおう。

 

俺の部屋から出ていけ

オイルの粘度がすごい

これまでアロマというものに全く触れてこなかったが、それでもこのベチバーはなんだか異色な気がする。

オイスターソースくらいの粘度がある上に、エンジンオイルのようなかなり濃い褐色をしている。服に着いたらエゲツないシミが残りそうだ。

 

香りは先述した通り、重みのあるオリエンタルなもの。調べてみると、あの有名な「シャネルNo.5」にも使われている香りらしい。

個人的には、古式マッサージ店やインド雑貨屋で嗅いだことがあるようなウッディな香りだと感じる。決して嫌な香りではないが、人によって好き嫌いは分かれるかもしれない。僕はかなり好きな匂いだ。

 

created by Rinker
無印良品
¥691 (2022/11/26 18:51:16時点 Amazon調べ-詳細)

当初の予定では、アロマストーンなどを購入し、それにベチバーを垂らしながら香りを楽しもうと思っていた。

しかし、他の無色透明なオイルと違い、ベチバーにはかなり濃い色がついている。

布で試してみたところやはり重油を垂らしたような跡が残った。このままではアロマストーンの見た目も悪くなってしまう気がする。

 

そこで、うちに置いてある流木を代用することにした。即席のアロマウッド。

要はベチバーオイルが香りさえすればいいので、どこに垂らそうがさほど影響はないだろう。なんならウッディな香りが流木とマッチするかもしれない。

とりあえず小さな流木をまとめて小瓶に詰め、そこにオイルを垂らしてみた。

 

樹液か?

むしろ虫が寄ってきそうな気がするが大丈夫だろうか。

オイルを一垂らしすると途端にエキゾチックな空間になった。ほんの2-3滴で十分らしいが、たったそれだけでもいい香りが流木から立ち上り始める。

懸念通り、木の表面にはオイルの跡が染み付いてしまったが、逆に樹齢を重ねた古木のような雰囲気になってかっこいい。

 

顔を近づけるとふわっとベチバーの香りがするものの、1mも離れるとほとんど分からないくらいになる。

これ一つで部屋の香りが一変するようなことはなかったが、これくらいで十分だろう。この香りはゴキブリにさえ届けばいい。頼むから俺の部屋から出て行ってくれ。

 

 

俺のことを見ているのは分かってるんだぞ

我が家の植物コーナーがサンクチュアリと化した。

しかし、ゴキブリが潜むのは何も観葉植物周りだけではない。

 

靴箱とか…

 

台所の下とか…

 

冷蔵庫の隙間とかよぉ。

ゴキブリは開闢以来の芋プレイヤーなので、この戦場のどこにでも安置を見出すことができる。

どうせ奴らはこの隙間から我々を見て嘲笑っているに違いない。見てるんだろ? 知ってんだぞ。

 

さて、こういう場所もしっかり湧き潰しをしなくてはならない。

しかし、ベチバーは虫除けグッズとしては割高なので、家の隅々に香りを行き渡らせようと思うと大変な出費になるだろう。

 

そこで、ここからは別の商品を使うことにする。

 

香辛料の一種「クローブ」だ。

カレーやチャイの味付けにも使われるスパイスで、ごく簡単に手に入る。

実はこのクローブも、ベチバー同様に高いゴキブリ忌避作用が期待できるらしい。

 

created by Rinker
ラセラヌー(Rasalhanut)
¥680 (2022/11/26 18:51:16時点 Amazon調べ-詳細)

値段は100gで600円程度。

この100gで家一軒分くらいは十分にカバーできるので、アロマどころか、通常の虫よけグッズと比べても非常に安価と言える。

 

ただ、このクローブは匂いがかなりキツい。直嗅ぎすると「エンッ!!!」と叫びたくなる刺激臭だ。

寝室やリビングなど、居住スペースに置くとかなりゲンナリするが、冷蔵庫の隙間などであれば気にならない程度。

こまごまとした場所にはこれを撒いていくことにしよう。

 

そのまま撒き散らすと後で掃除をするのが大変なので、大さじ一杯分のクローブをお茶パックに包んで使用するのがいいらしい。

あいにく、我が家にはお茶パックがなかったのでコーヒーフィルターで代用することにした。

 

大さじ一杯分のクローブをコーヒーフィルターに入れ……

 

こぼれないようにホチキスで止める。たったこれだけで虫除けパックの完成だ。

100gもあれば、このシズメダマは数十個できあがる。

我が家は2DKの二人暮らしだが、それでも半分くらいは残して次期の備えとしたので、ほとんどのお宅でも100gで十分だと思う。

 

あとは、クローブパックをゴキブリのリスポーン地点にぶち込んでいくだけだ。

「頼むから出ていってくれ」という万感の思いを込めて投下していこう。

 

 

出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ

出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ

 

出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ

 

出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ

 

出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ出ていけ

 

 

 

 

一年後…

──と、ここまでが昨年の2021年5月に書いた文章です。

ベチバー&クローブでゴキブリ避けを図ったあの日から一年以上経ったので、効果検証といきましょう。

 

結論から言うと、これを試した結果、一年間ゴキブリは一切出ませんでした。

ベチバー&クローブ以外は特に虫除け対策を行っていないのに、ただの一度も遭遇することはありませんでした。

僕の部屋はかなり散らかっていて、週イチのハウスキーパーを本気で検討するくらいの乱雑具合でしたが、それでもゴキブリとの接触機会はゼロ。

 

 

ただ、正直に言うと、昨年の冬に引っ越しをした(隣人が逮捕されて怖くなったため)ので、住処が変わってしまい正確な検証はできていません。

今住んでいる家でもクローブを撒き忘れていたせいで、6月頭に妻が脱衣所で小さなゴキブリと出くわし、脱G暮らしは一年でストップしてしまいました。

 

慌てて昨年の残りのクローブを設置したところ、それ以降のゴキブリ目撃情報はありません。大丈夫かな。

引き続き、この後も経過観察を続けるつもりなので、もしゴキブリが現れたらこちらで報告させていただきます。

 

使用してみた感想としては以下の通り。

・ベチバーはめっちゃいい香りなので、インテリアとしても十分に使える
・クローブは臭い。服に匂いが移ることを嫌う人は、クローゼットなどは避けたほうがいいかも
 (↑僕は気にせず使ってましたが、他人に匂いを指摘されたことはありませんでした)
・使用期間中は本当に一回もゴキブリを見ずにすんだ
・日常生活でクローブ袋やベチバーが目に入っても、見た目から「防ゴキブリ」を意識することがない

結論、とても良い効果を得られたと思います。

 

 

created by Rinker
ラセラヌー(Rasalhanut)
¥680 (2022/11/26 18:51:16時点 Amazon調べ-詳細)

※ペットや小さいお子様には安全ではない可能性がありますので、使用する際は十分にお気をつけください。

 

香りのパワーでおうち時間を満喫しよう♪

いかがでしたか?

 

世の中にはもっと機能的な虫対策グッズもありますし、本意気で虫と向き合いたい場合はそちらを使うべきなんでしょう。

殺虫アイテムの中には、虫のイラストなどを排したデザインのものや、手軽にパパっと使えるくん煙剤など便利なものもあります。効果を求めるならこういった商品を使った方がいいと思います。

created by Rinker
大日本除虫菊
¥1,591 (2022/11/26 18:51:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただ、「ゴリゴリの防虫グッズを見るのはキツイ」とか「殺虫成分があると家の中の死骸を連想してしまってキツイ」という僕のようなワガママな方もいるはず。

そんな方なら、インテリアという言い訳ができるベチバーや、手軽に作れるクローブ袋などで虫除けしてみてもいいと感じました。

気になった方は試してみてください。

 

 

 

 

 

追記

相変わらずゴキブリは出ていませんが、その代わり、直径が拳一個分くらいのトンネルがベランダに出現しました。

ネズミだそうです。ハハッ。マジふざけんな。