先月のニュー図

よシまるシンのニュー図 9月号「ボトム図」

 

2019年10月の「ニュー図」

 

よシまるシンです。

 

すっかり年末、今年もいよいよ押し迫ってまいりましたが、、、ニュー図には年末などない!!(単に遅れてるだけ)

何事もなかったかのように10月のニュースを振り返ってみたいと思います。
実際はもっといろんなことがありましたが、私が気になったのは、、、

・消費税が10%に[1日(火)]

・香取慎吾が新曲「10%」発表[1日(火)]

・金色の百田尚樹#夏の騎士ヨイショ感想文 キャンペーン[4日(金)]

・400勝金田正一氏死す[6日(日)]

・木下優樹菜タピオカ店炎上騒動[9日(水)]

・令和元年台風第19号[12日(土)]

・電凸被害が話題となったあいちトリエンナーレ2019が閉幕[14日(月)]

・チュートリアル徳井が申告漏れ[26日(土)]

 

 

そして今回、これらを全て図に入れ込みました!!
そしたら、意外にもとてもシンプルな図になっちゃいました。こちらです。

 

 

(画像タッチで原寸表示

 

担当編集者による解題

お気づきでしょうか。

 

初期の「ニュー図」と今とで、図のアプローチ方法が変わってきていることを。

 

初期の図では、膨大な情報を詰め込んだカオスと秩序で圧倒していましたが、ここ数回の図はむしろその逆。一見するとシンプルな図形に複数の情報を重ね合わせた錯視的作図になっているのです。

 

 

 

見かけはこじんまりとしていますけれどね。

 

 

さて、今回の図。一見すると口が「×」になっているウサギのおうちを彷彿とさせるシンプルなイラストですが、たくさんのニュースが含まれているとのこと。さっそく見ていきましょう。

 

10月の大事件と言えば、やはり消費税の10%引き上げ。みなさんはもう慣れましたか? 私は全く慣れません。これはどこにあるのかといえば……家を右側から見ると、枠の内側に「十」が浮び上がります。そして下に咲いている花の葉っぱは「%」に。屋根の上の煙(円)突には「百」が見えます。

 

そしてTwitter炎上で言えば、作家の百田尚樹氏をヨイショして景品を当てようというキャンペーンが批判に晒されました。さきほど「百十」に見えていた部分も、枠組みを含めて見ると「百田」に見えますね。ちなみにこのキャンペーン、公開されたのは十月の「四日」だそうです。

 

ももクロ・百田夏菜子101匹に囲まれる「かわいすぎて大好き」 | 芸能ニュースならザテレビジョン
https://thetv.jp/news/detail/209378/

 

ちなみに10月はももクロの百田夏菜子さんが「101匹ワンちゃん」の写真をインスタにアップしていたりします。

 

さて、この家の下部分を左から見ると……「金田」に見えますね。そして煙突部分は「四百」です。
400勝の記録を誇る金田正一氏の死がこの月でした。煙突の中にある球体は野球のボールでしょうか?

 

いえ、それだけではありません。「木下優樹菜、タピオカ屋恫喝事件」などというニュースもありました。なんだったんでしょうねあれ。黒真珠って魔除けの意味があるはずなのですが……。

 

家の下に溜まっている水は? そう、台風19号ですね。大規模な暴風雨が襲い、日本に増水や洪水、深刻な水漏れ被害をもたらしました。家の枠組みは、窓割れを防ぐテーピングにも見えます。

 

深刻な漏れといえば……「チュートリアル徳井、税金申告漏れ」という事件もありました。悪意ではなく天然で遅延していたようですが、なんだか他人事ではなかったですね……。

 

そういえば、日本の抱える様々な課題をあぶり出した「あいトリ」が閉幕したのが10月でした。
煙突をよく見ると「凸」の文字が読み込めます。電凸による苦情が殺到した事情が反映されているといってもいいのでしょうか。

 

10月7日には、日本とアメリカが日米貿易協定および日米デジタル貿易協定に署名しています。この家、横倒しにしてみると「日米」と読むこともできますね……。トランプ大統領はこの協定について「両国にとって大きな勝利」と述べていますが、なぜ横倒しに? これは風刺なのでしょうか。それとも単なる悪意? 別の芸術的意図があるのか……

 

……はたまた鑑賞者の考えすぎ? 少し、物事をナナメから見るのが癖になってしまったかもしれません。