こんにちは。

突然ですが、みなさんはデカ盛りメニューを食べたことはありますか?

 

デカ盛りメニュー……まさに食の暴力

テレビで見るたびに「一度こういうの食べてみたいな」と思ってしまいます。食べるのが好きなので。

でも、「食べきれないだろうな」と諦めてしまいます。小食なので。

 

食べたい。

でも、食べきれない。

 

そんな揺れ動く気持ちをどうにかするため……

 

ちっちゃいデカ盛りを作りました。

 

ミニデカ盛りを作ろう

あらためまして、ライターの雨穴と申します。

この記事は、ニサイズのデカ盛り」という矛盾した存在を作り出し、食べ、楽しむという企画です。
ただし、ライターが一人で食べ楽しむだけではあまりに寂しいので、スペシャルゲストをお呼びしました。

こちらの方です。

 

新人バーチャルアイドルの風松里はこねさんです。

 

ーーーはじめまして、風松里さん。

はじめまして。本日はどのような料理がいただけるのか、とても楽しみですわ。

 

「バーチャルアイドルに小さいデカ盛り料理を食べてもらう」というよくわからない記事ですが、どうか最後までお付き合いください。

ちなみに、信じられないと思いますが……

 

何の関係が……?

 

ミニデカ盛り①【天丼】

それでは、冒頭でもお見せした天丼定食からスタートしたいと思います。

 

お茶碗一杯のごはんと比べると、これくらいのサイズ感です。

さっそく風松里さんに食べていただきましょう。

 

天丼……以前、お父様に連れられグループ企業の経営陣との昼食会に出席したおり、いただいたことがありますわ。
わたくしには少々、下世話な味でございましたわね。

ーーーそれはそれは……

まあ、せっかく出して下すったのですから、いただいてみますわ。あら……

 

小さなお箸。

ーーーよくお気づきになられました。

 

ーーーこちら、食べ物のサイズに合わせて、ミニ割りばしを作らせていただきました。

こういった細かな配慮、実に風流で感心いたしますわね。

ーーーもったいないお言葉でございます。

でも、小さすぎて食べづらいので、普通の割りばしを用意してくださいます?

ーーーあ……ですよね。

 

まあ、華やかだこと。エビが輪になっているのですね。

ーーーそのとおりです。

 

え?なんですの?

ーーーご報告が遅れました。この記事は「デカ盛りあるある」を挟みながら進行してまいります。

ああ……そう。

 

ーーーちなみにこちらのエビ天……

 

ーーーお刺身用の甘エビを使用しております。

どうりで小さいはずね。なかなか美味しいわ。これ、あなたが揚げたのですか?

ーーーはい。私もあまりにもおいしくて、驚いてしまいました。
おそらく、甘エビのおかげです。

 

ーーー素人が天ぷらを揚げるとき、中まで火を通すことを考えすぎて、長い時間揚げて固くなってしまうということがよくあります。

 


ーーーしかし、お刺身用の甘エビは、生で食べられるため、そのような雑念に振り回されることなく、ちょうどいいタイミングで油からあげることができ、結果、お店で食べるようなジューシーでぷりっぷりな天ぷらに仕上がったのだと思います。

なるほどね。まあ、わたくしは一流の専属料理人が20人ほどおりますので、いらぬ知恵ではございますが。

ーーー(20人も要るか…?)

 

あら、小さなしいたけ。

ーーーこちら、しいたけではございません。

 

ーーーしめじを加工して、しいたけのミニチュアを作りました。十字の傷が入っていれば、どんなキノコでもしいたけに見えてしまうのです。

なるほど。しいたけのアイデンティティは十字の傷ですのね。

ーーーそうです。暗い過去を持つ剣士のようでかっこいいですよね。

 

ところで、先ほどから気になっていたのですが、これは何でしょうか?

ーーーよくぞ聞いてくださいました。これこそ天丼のご神体。ロングかき揚げです。

 

ーーー実はこのかき揚げのために、あるものを作りました。

 

ーーーステンレスのアミを筒状にした、自作の調理器具です。

 

ーーーこの筒を鍋に固定し、かき揚げのタネを流し込み

 

ーーーじっくりと揚げることによって

 

ーーー細長いかき揚げを作ったのです。

なにか、化学実験の末に生まれた生命体のようで、食欲が減退しましたわ。

ーーー申し訳ございません…。

 

ーーーところでお嬢様。この天丼、あるものをイメージして作ったのですが、何かおわかりでしょうか?

あるもの……なにかしら?

ーーー正解は……

 

ーーー東京スカイツリーです。

だいぶ強引ですわね。

 

ごちそうさまでした。そういえばこの食器はどうしたのですか?

 

ーーーどんぶりは湯呑茶碗を、お椀は正月飾り用の珍味入れを使用しました。

なるほど。そのようなものが売っているのですね。さて、次はどんなものをいただけるのかしら?

ーーーお嬢様もいける口ですね。では、二品目をご用意します。

 

ミニ・デカ盛りメニュー② 【カツカレー】

 

ーーーこちらでございます。

あら、カツレツライスカレー

ーーー…それはお嬢様言葉というより、昔の人の言い方では?

 

ーーーちなみに、通常のカレーと比べると、このようなサイズ感になっております。

 

おおよそ一人前弱ですわね。では、いただいてみますわ。

 

怖いわね。さじを入れたらあふれてしまいそう。

ーーーこのなみなみした感じがないと、デカ盛りとはいえませんから。

 

まあ、具も小さいのね。

ーーーもちろんです。

 

ーーー具材はすべて通常の1/3の大きさに切りそろえました。

この並びに肉があると少しギョッとしますわね。

 

ーーーそして、こちらのチキンカツも……

 

ーーー小さく肉をくり抜いたものを使用しております。

「肉をくり抜く」とは、はじめて聞く表現です。

ーーーカレーと絡めてお召し上がりください。

 

では………………辛ッッッ

ーーーお伝えし忘れておりました。

 

ーーー「デカ盛り」と並ぶグルメバラエティの王道「激辛」もこのカレーには取り入れました。

余計なことを……

そんなことより、お水を一杯お願いいたします。

ーーーただいま。

 

ーーーサイズ感を重視して、ショットグラスをご用意しました。

……足りないわよ。

 

③?

ーーーでは、次が本当最後の料理になります。

まだあるの?さすがにそろそろ満腹ですけれど…

ーーー召し上がらなくてもかまいませんが、ぜひ、ご覧になるだけでも…

そうね、どんなお料理なのかしら?

 

ーーーこちらでございます。

あなた……三品目にきて、アイデアが枯れたようね。

ーーーえ……?

 

だってそうでしょ?揚げ物やら、ステーキやら、卵やら、あまりにも乱雑ですわ。
思いつく料理を、ただ闇雲に並べたようにしか思えません。

ーーーお嬢様、それは大きな誤解でございます。この闇雲さこそデカ盛りの本質なのです。
テーマやコンセプトなど不要。ただ「客人を圧倒したい」というパワーのみがデカ盛りを成立させているのです。

そう……よくわからないけどいいわ。ところで、

 

この時計は何なのかしら。

ーーーこれは、お嬢様に対する挑戦です。
制限時間5分以内に、この料理を完食できればお嬢様の勝ち。賞品を差し上げます。
チャレンジなさいますか?

お話にならないわね。

ーーーえ?

食事というものは、自分のリズムで楽しむもの。時間に追われながら醜く貪るなど、このわたくしにできるはずがありませんわ。

ーーーそうですか。もちろん無理強いはしません。ただし、その場合、お嬢様の不戦敗ということになりますが、よろしいですか?

不戦敗ですって?

 

わかりました。この勝負、お受けしましょう。

ーーー……なぜいきなり?

わたくしは由緒正しき風松里家の人間。どのような勝負であれ、自ら負けを認めるなど許されませんことよ。

ーーー素晴らしい心意気です。

ただし、あくまで気品とマナーを保ちながら、美しく勝たせていただきますわ。

 


(ちなみに普通の目玉焼きと比べるとこれくらい)

ーーーそれでは、チャレンジスタートです。

いただきます。

 

量が多いですわね。

ーーー特製からあげでございます。

ひとまず、この山を先に全部食べてしまいましょう。そうすれば後が楽ですわ。

ーーーお嬢様、それもあるあるでございます。

 

なんか……悔しいわね。

 

ーーその後も風松里さんは、「焼肉用カルビで作ったレアステーキ」や「天丼のあまりで作った甘エビフライ」を、小食という設定がなかったかのように、涼しげに食べ進められました。

 

残るは卵料理二種ですわね。

ーーーお嬢様、”三種“でございます。

ところで、この目玉焼きはウズラかしら?

ーーーお嬢様もミニデカ盛りの極意がおわかりになってきたようですね。そのとおりでございます。

 

ーーーちなみに、目玉焼きの下にはパスタが入っております。

もたれそうね……

ーーー通常よりも細い1.2ミリのパスタを使用しております。

 

ふう…残すは、この山一つ。

 

ーーーお嬢様、残り一分を切りました。どうか、お急ぎください。

一分もあれば、造作もないことですわ。

ーーーはたしてそうでしょうか……?

 

 

なによ……これ。

 

ーーー隠しアイテムのハンバーグでございます。

また余計なことを…!

ーーーちなみにこのハンバーグ……

 

ーーー中にゆで卵が入っております。

もう卵はいいわよ!

 

はあ…はあ…なんとか完食いたしましたわ。もうさすがに満腹だわ。

ーーーお見事です。お約束通り、賞品を差し上げます。

あら、そうだったわね。なにかしら…?

 

ーーーデザートのミニアイスでございます。

ちょ…満腹だって言うのに……!!

 

ーーーちなみに、上にのっているブドウですが……

 

ーーーひとふさに必ず一個はある、赤ちゃんブドウを使用いたしました。

 

これにて終了

ーーーお嬢様、本日はありがとうございました。

こちらこそ、いい経験ができました。ところで、お代はいくらかしら?

ーーーいえいえ、お嬢様はゲストですから、そのようなものはいただきません。

でも、こんなに料理を作っては、お金がかかったでしょう?

ーーーお嬢様、たしかにデカ盛り料理は材料費がかかるもの。しかし、これはあくまで「ミニデカ盛り」でございます。
手軽なコストで、満足感のある料理を作ることができるのです。

 

さて、手軽なコストで大満足……といえば?

 

 

PRのお時間です

皆さんは「さすだけ系WiFi」という言葉をご存知ですか?

 

「さすだけ系WiFi」とは、『コンセントにさすだけ』でWiFiが使えるインターネットサービスの総称のこと。

まさに「手軽なコストで大満足」な代物ですね。

回線工事もいらず簡単にWiFi環境が作ることができるそうで、「2022年に飛躍する通信アイテム」と言われているんだとか。

 

そんな「さすだけ系WiFi」という愛称を広めるため、誰でも参加できるプレゼントキャンペーンが開催中です。

これを機に「さすだけ系WiFi」の顔と名前だけでも覚えて帰ってください。

>公式サイトはこちらから<

 

参加方法は「#さすだけ系WiFi」をつけて「コンセントの写真」をツイートするだけ。

たったこれだけで豪華景品も当たるというノーリスクハイリターンなキャンペーンなので、皆さんもぜひツイートしてみてください。

 

コンセントの画像をツイート


>キャンペーンの詳細はこちら<

 

 

 

ーーーとてもすばらしいサービスでございますね。

あなたがた、毎回ながら広告へのつなげ方が強引ね。

(おわり)

 

イラスト:瀧ヶ崎

 


 

 

インターネットのお仕事をしている、かんちと申します。   こちら、我が家のリビングの写真なのですが、この中にネットに繋がるものはどれくらいあると思いま

オモコロブロスでは「さすだけ系WiFi」について取材した記事が公開中です。ぜひそちらもご覧ください。