こんにちは、ライターのギャラクシーです。

誰しも『眠れない夜』というのがありますよね。そしてそんな時には、誰しも同じようなことを考えるものです。

というわけで今回は、人類が『眠れない夜』に考えることを100個 網羅してみました。ぜひ『眠れない夜』にお読みください。

 

『眠れない夜』に考えること

逆算してあとどれくらい眠れるのか考える

 

 

▼「今から寝ても○時間しか眠れない」と判明すると焦ってさらに眠れなくなりそうだから、あえて時計は見ない

 

 

▼20%くらいおしっこが溜まってる気がする

 

 

▼ヒジの側面のちょっと出っ張った骨がベッドに当たってて痛いように感じる

 

 

▼寝返りを打てば打つほどしっくりこない

 

 

▼急に舌の置き場所がこの位置でいいのかわからなくなる

 

 

▼100億円もらったら何に使うかといったベタなことを考える

 

 

▼「家を買って残りは貯金する」という当たり前すぎる結論に行き着いて、10秒で終わる

 

 

▼寝る前にコーヒーを飲んだのが悪かったのかな……など原因を考える

 

 

▼とはいえ今までの人生で寝る前にコーヒーを飲んだことは何度もあり、それでも普通に寝れていたわけだから、今回に限ってなぜ眠れないのかという説明にはなっていない、はい論破

 

 

今、自分は寝ているのか、それとも、「寝ているかどうかを考えることができる」ということは起きているのか、ということが気になって脳が起きていく

 

 

枕にしっかり頭が乗っていない気がする

 

 

▼横を向いて寝ようかなと思うけど、下になった方の手がしびれて後々目が覚める気がするのでやっぱりやめよう

 

 

▼高原とか清流とか心が落ち着きそうな風景を思い浮かべる

 

 

退屈すぎて、怒りのあまり逆に覚醒する

 

 

▼深い海の底に沈んで、たゆたうようなイメージを思い浮かべる

 

 

酔う

 

 

▼思い余って羊を数えてみる

 

 

▼本当に羊を数えて眠ろうとするバカは世界中に自分一人なんじゃないだろうか

 

 

過去の恥ずかしい出来事や失敗を思い浮かんできて後悔する

 

 

▼あの時ああしていれば……

 

 

▼今にして思えば、こうすることもできた

 

 

▼もしも超能力者ならこうすることだってできた

 

 

▼しばらく自分が超能力者だったらという妄想

 

 

▼しばらくその妄想の登場人物である女子とのちょっとエッチな妄想

 

 

▼ちょっとどころじゃないエロい妄想に発展する

 

 

▼ひょっとして今、テレパシストに脳内の妄想を覗かれてるかもしれないと考える

 

 

▼「おい、お前が覗いてることはわかってるんだぞ」

 

 

▼「お前だよ、そこの、お・ま・え!」

 

 

▼………そんなわけないか(笑)

 

 

「って油断すると思ったか! おい、もう覗くのはやめろ」

 

 

▼「フッよく気づいたな。おまえも能力者か」

 

 

▼「やはり覗かれていたのか!」

 

 

完全に眠気ゼロ

 

 

▼何も考えないようにしようとするが、『考えない』ということを考えてしまっていることに気づき、『考えないことを考えない』ようにしようとするが、『考えないことを考えない』ということを考えてしま

 

 

▼大事な会議とか、楽しみにしてた映画を見てる時とかはあんなに眠くなるのに、なんで今眠れないんだと怒り始める

 

 

「寝ていなくても横になってるだけで休息はとれている」という説を何度も自分に言い聞かせる

 

 

「実は生物にとって睡眠は不要」という説を何度も自分に言い聞かせる

 

 

▼そんなことを考えているうちに眠れる時間はどんどん減っていく

 

 

▼あ、そろそろ眠れそう

 

 

▼もうちょっと

 

 

▼もうそこに「入眠」って書いた看板見えてる

 

 

▼そこ、もう、すぐそこ……

 

 

▼…………

 

 

▼タンスかなんかが「ピシッ」って鳴って目が覚める

 

 

一回起きてしまうと、以前よりさらに眠れなくなる

 

 

▼ベッドに入ってから一体どれくらい経ったのだろう……

 

 

▼え!2時間も経ってるの!?

 

 

2時間も何もせず、「ただ横になる」って可能なのか? ひょっとして自分でも気づかないうちに眠っていたのでは?

 

 

▼眠っていたということにする

 

 

▼30%くらいおしっこが溜まってる気がする

 

 

▼50%まで溜まったらトイレに行こう

 

 

ちょっとだけ暑い気がする

 

 

▼かといって掛け布団をめくると、ちょっとだけ寒い気もする

 

 

▼部屋の隅で黒い何かがヒラヒラと動いた気がする

 

 

▼……ヤツか?

 

 

▼たぶん気のせいだし考えないほうがいいとは思いつつも、自動的に『タンスの裏にGが無数にいてザワザワ動いてる』とかの妄想が始まってしまいゾッとする

 

 

枕の中にカナブンがギッシリとかも考える

 

 

▼もうゾゾっとすることしか思い浮かばない

 

 

▼これ夢で見たらショック死しそうだから、イメージが上書きされるまでは寝ないようにしよう

 

 

▼死について考える

 

 

▼こわ~、(完)

 

 

▼明日起きたら「睡眠とは小さな死である」という名言をツイートしようと考えてニヤニヤする

 

 

▼ちなみに朝になって冷静に考えたら恥ずかしくて死にそうになる

 

 

スマホで静かなピアノ曲とか聴こうとする

 

 

▼スマホをいじってるうちに完全に覚醒する

 

 

▼しかし一度やり始めたことだから意地になって音楽をかける

 

 

▼…………

 

 

うるせー!

 

 

「一番楽な姿勢」はどれなのか、ということを色々検証する

 

 

▼この形が一番楽な気がするが、足の骨が曲がってしまいそうなので封印している

 

 

▼膝を立てるのも楽だけど、寝た瞬間に足が崩れて目覚めてしまうのでやらない

 

 

▼さっきまでは微かに感じてたのに、「睡眠」の気配が一切なくなった

 

 

もういいわ!

 

 

もう寝なくていい! いいわ~! 諦めた!

 

 

「寝れたら寝る」くらいでいいわ~! それくらい気楽に考えよっとwww たかが一晩眠れなかったからって死ぬわけでもあるまいしwww

 

 

▼…………

 

 

全然気楽に考えられず、むしろ余計に焦る

 

 

▼空が白んできた

 

 

▼40%くらいおしっこが溜まってる気がする

 

 

▼50%溜まったらトイレに行こうと考えてたけど、気になって眠れないから、今 行っちゃったほうがいいような気がする

 

 

▼でもトイレに行くために起き上がったらギンギンに目が覚めて、もう一生眠れない気がするので諦めよう

 

 

▼え!すでに5時間も眠れてないの!?

 

 

▼空が白んでいるというか、もはや完全に朝

 

 

▼窓の外を通る車の量が増えてきて、さらに寝にくく

 

 

▼100億円もらったら何に使うかといったベタなことを考える

 

 

▼これを考えるのは2回めだったし、やっぱり今回も「家を買う」という結論が10秒で出る

 

 

▼せっかく眠れないんだから、仕事のことや、これからの人生のこと、片付けるべき問題について考える

 

 

▼考えようとはする

 

 

▼というか、先延ばしにしないで考えなければいけない

 

 

▼そう、考え……なければ……

 

 

▼…………

 

 

▼…………

 

 

▼寝る

 

 

▼深く寝る

 

 

100%の尿意で目が覚める

 

 

▼え?

 

 

▼今、何時?

 

 

▼…………

 

 

▼…………

 

 

 

 

以上です。

個人的な経験で言うと、『明日着ていく服』を考えるとよく眠れるような気がしますが、みなさんはどうですか?

(おわり)

 

 

 

【あわせて読みたい】

社会に生きる者なら誰もが経験する『新社会人あるある』50選

今夜決定!『その風習もう要らなくない?』