―某月某日、都内某所

 

 

その日、ひっそりと闇賭場が開かれた。知る人ぞ知る会員制クラブである。
ギャンブル中毒の血に飢えた狼が4人、勝負の戸を叩いたのだった。

 

 

 

 

 

 


生まれたときから、親に与えられたおもちゃはチンゲとトランプのみ。
年齢=チンゲポーカー歴だと豪語する、チンゲポーカーの申し子。

 

 

 

 

 

 


卓上ではどんなことがあっても感情を表に出さない鉄壁のポーカーフェイス。
相手のチンゲが最後の一本まで抜かれるその時も、彼は眉ひとつ動かさない。

 

 

 

 

 

 


ブラフ(ハッタリ)を得意戦術とする凄腕チンゲラー。
カジノ客を食い殺す”詐欺師”という通り名で恐れられている。

 

 

 

 

 

 


肌が弱いため、いつも自分でチンゲを剃っているという噂がある。
チンゲポーカーの腕は果たして…?

 

 

 

 

いずれのチンゲラーも己の強運・技量を疑わないその道のプロばかりだ。
そう、歴史に残る戦いが今始まるのだ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も一言も喋らなかった。

 

 

賭場特有の重たい空気がその場を支配する中、勝負は始められた。

 

 

 

 

 

ここで読者のみなさんにチンゲポーカーの説明をしておこう。
チンゲホールデムと呼ばれるこのポーカーは欧米諸国で最もポピュラーなポーカーだ。

 

 

その最大の特徴は、初期手札にある。

 

 

なんと自分の手札は2枚だけなのだ。
この2枚は交換することも許されず、1ゲームが終わるまではこれで固定である。

 

 

 

 

 

 

 

 

配られた2枚を確認するとスモールブラインド、ビッグブラインドと呼ばれる
位置の者が規定の場代を強制的にベット(賭けること)しなければならない。

 

 

 

 

 

 

スモールブラインド=セブ山
ビッグブラインド=原宿

 

 

 

 

ビッグブラインドは二本

 

 

 

 

スモールブラインドはその半分の一本をベットする。

 

 

 

 

 

 

その他のプレイヤーは順番に
コール(掛け額を合わせる)、レイズ(上乗せ)、フォールド(降りる)のいずれかを選ぶ。

 

 

 

 

「…俺はフォールドだ」

 

 

 

 

「じゃあ俺はコール」(二本に合わせる)

 

 


 

 

 

 

 

 

全員の賭け額が等しくなると、場にフロップと呼ばれる3枚がめくられる。

 

 

この場にあるカード(最終的には5枚まで増える)と自分の手札2枚を組み合わせ、
手役が高いほうが勝ちなのだ!

 

 

 

 

 

 

そして、また同じようにプレイヤーはコール、レイズ、フォールドを選択する。
レイズを行う者がいなければ、チェック(何も賭けない)で回すこともできる。

 

 

 

 

 

 

「おりゃあー! レイズじゃあーー!」

 

 

 

 

 

 

「なに? 4本も? こいつどんな手が入ってやがる…」

 

 


 

 

「くそっ…! フォールドだ…」

 

 

 

 

「俺はコールだ」

 

 



全員の賭け額が同額になると、ターンと呼ばれる4枚目のカードがオープンされる。

 

 

画面上部にあるのが、今まで賭けられたチンゲをまとめたポッドと呼ばれるもので、
このゲームの勝者はポッドのチンゲ全てを得ることができる。

 

 

 

 

「二本のレイズ」

「当然コールだ」

「(ククク、そのシャネルのようなチンゲも、もうすぐ俺のものに…)」

 

 

 

 

そして最後のカードとなる、リバーが場にオープンされる。

 

 

 

 

「むぅぅぅぅ~~~~んん!!!」 ぶちぶちぶちっ

 

 

 

 

「10本のレイズだぁ…」

 

 

 

 

「10……。く…。コ、コールだ」

 

 

 

 

リバー(5枚目の場札)の段階で、全員の賭け額が合うと
互いの手札をオープンし、いよいよ手役での勝負となる。

 

 

永田の手札は  

 

 

セブ山の手札は  

 

 

場札は     

 

 

場札5枚、手札2枚、合計7枚の中から最強の5枚を選び勝負する。

 

 

つまり

 

 

永田の5枚は      (Kと3のツーペア)

 

 

セブ山の5枚は      (Kと6のツーペア)

 

 


ということで、セブ山の勝ち!
賭けられたチンゲは全てセブ山のものに!

 

 

 

 

「うひゃひゃひゃひゃひゃひゃ~~!! チンゲじゃ~~~!!!
 大事にしてあげるからね~~! 僕だけのチンゲちゅわ~~~ん!!!」

 

 

 

 

「クソ、降りるべきだったか…」

 

 

第1ゲームから、永田は合計18本ものチンゲを失い、手痛い出費となった。

 

 

 

 

続く、第2ゲーム。

 

 

ビッグブラインド=加藤
スモールブラインド=原宿

 

 

「どうした? 早く賭けなよ? あんた、ビッグブラインドだぜ?」

「…だんな、十本回してくれねえかい?」

「は?」

「だからさ、十本ほどチンゲを貸してくれよ

 

 

「はあ?」

 

 

 

 

「てめえ!さてはパイパンでここに来やがったな!?」

「ひ、ひぃ~!! ごめんちゃい~!!」

「素寒貧に用はねえ!! とっとと失せやがれっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      人のチンゲで博打は打つな

 

 

 

 

「わははは!! まったく、貧乏人はいやだねぇ」

 

 

 

 

「って、あああ~~! 俺のチンゲがなくなってるぅぅ~~~!!」

 

 

なんと、今のいざこざの間にセブ山のチンゲが吹き飛んでしまったようだ

 

 

「誰や!!俺のチンゲを『ふぅ~~!』ってした奴!?」

 

 


 

 

「さあ、知らないねえ…?」

 

 

 

 

「セブ山さん。自分のチンゲぐらい自分で管理しなよ」

 

 

 

 

「くっそおぉぉ~~!! 俺としたことがぁ~!!」

これで先ほどのアドバンテージも文字通り吹き飛んでしまった。

 

 

 

 

 

 

    誰も信じるな。全員泥棒だと思え

 

 

 

 

しかし、その後もセブ山の好調は止まらなかった。

 

 

~2ゲーム目~

 

 

「オープン!」

 

 

 

 

「うっへっへっへぇ~、俺の勝ちぃ~~」

 

 

~3ゲーム目~

 

 

 

 

「ん~、どうしたの? 降りるの~???」

「…フォールドだ」

 

 

 

 

「うシャシャシャシャ! じゃあ、このチンゲはボクちゃんのもの~~~!!
 ンチュパパパパパパパパ~~~!! チュパチュパチュパ~~ン!!」

 

 

 

 

セブ山好調のあおり食らい、チンゲを払い続ける原宿。

 

 

「(おかしいな、そろそろチンゲが尽きてもおかしくない頃だ…。
 原宿のチンゲはそんなにジャングルなのか…?)」

 

 

 

 

次の4ゲーム目も負けが決まったとき、
ポーカーフェイスの原宿にしては珍しく、頭を抱えた。

 

 

 

 

「くっそ~~!!」

 

 

 

 

 

 

おっと、そいつはいけねえな。
 いくら
パーマがかかっても髪の毛はチンゲの代わりにはならないぜ?」

 

 

 

 

「貴様ぁ~!! さっき俺に払ったチンゲは偽物か!! チュパって損したわ!!」

「ひ、ひぃぃ~~!! 許ちて~~~!!

 

 


 

 

 

 

 

 

    命が惜しければイカサマはするな!

 

 

 

 

とうとう永田とセブ山の一騎打ちとなったチンゲポーカー!
そして、ここでセブ山に勝負手が入る!

 

 

 

 

エース2枚の初期ハンドは通称”ロケット”と呼ばれる
勝率85%を超える最強のハンドだ!

 

 

 

 

「(ククク、ここでこれが来るとは…。とことんツいてやがるぜぇ…!!)」

「5本のレイズだ。」

 

 

 

 

「受けよう。コールだ」

 

 

フロップでめくれた3枚は   

 

 

「(エースの3カード…! これでもう負けるわけがねぇ…)」

 

 

 

 

「うへへ、20本のレイズ…!」

 

 



「…コールだ」

 

 

ターンでめくれたのは

 

 



「さらに20本レイズ!」

「コール」

 

 

そして、最後の5枚目、リバーは

 

 

 

 

「(おそらく、永田の残りチンゲは約30本と見た…! ここで殺してやる…!)
 30本のレイズだ! 」

 

 

 

 

「ならば俺もレイズ。その30本にさらに上乗せだ」

 

 

 

 

「レイズだとぉ!? バカな! もうお前にチンゲはないはず…!」

 

 

 

 

「ふ、まだ金玉の裏の毛が残ってるぜ」

 

 


 

 

「き、金玉の裏の毛!? よ、よせ! そんなとこ抜いたらめちゃくちゃ痛いぞ!!

 

 

 

 

「ぬおおおおおおオオオオオ~~~~~~~~~!!!!」 
ぶちぶちぶちぶちぶちぶちぶちっ

 

 



「オールインだ…」

※オールイン:全てのチンゲを賭けること

 

 

 

 

うっ…。コ、コ、コ、コールだ…。
 (だ、大丈夫だ、このハンドが負けるはずない…!)」

 

 

オープン!!

 

 

 

 

「どうじゃ!!! 俺のハンドはエースの3カードじゃああ~~!!!!」

 

 

 

 

「俺のハンドは2と3

「わははは!!! なんだその弱いハンドは!!!! わはははは!!」

 

 

 

 

「って、あああああああああ~~~~~~!!!!」

 

 


 

 

「そう、A・2・3・4・5のストレートさ。俺の勝ちだな」

 

 

 

 

「グギギギ…。嘘や嘘や…。俺が負けるなんて…。嘘や嘘や嘘や~~!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒョお~~~!!!! このチンゲが全部俺のもの!!!!」

 

 

「うっひょ~~!! 億万長者だ~~~~~い!!!」

 

 

 

 


 

 

「そこまでだ!! 貴様を逮捕する!!」

 

 

 

 

「な…、お、お前は…!」

 

 


 

 

「素寒貧の加藤!?」

「”連邦警察の”加藤と呼んでもらおう。チンゲ賭博の現行犯で貴様を逮捕する」

 

 

「な、なぜ…」

「ここで超高レートの賭場が開かれるって噂を聞いたんでね。おとり捜査さ。
 まさか、パイパンでチンゲポーカーに来るマヌケが本当にいると思ったか?」

 

 

 

 

「くっそ…。よりによってサツに目を付けられてるとは…。ツイて…ねえや…」

 

 


 

 

「このチンゲは当局が押収する!」

「…好きにしろ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ようし、これで誰もいなくなった。ここにいるのは連邦警察の俺とチンゲだけ…」

 

 

 

 

なぁ~~んちゃって! 俺がサツのわけねえだろ!
 これで、このチンゲはぜぇ~~んぶ俺のもんだ~~~!!! うひゃひゃひゃ~~!
 わざわざポーカーで勝つなんてバカのすることさ!! ご苦労さん!

 

 

 

 

す~は~す~は~

 

 

「ん…。こいつぁ上質なチンゲだぁ…!! ヒノキの匂いがしやがるぜ!!」

 

 

す~は~す~は~

 

 

 

 

「ようし! んじゃいつものアレいっとくか!」

 

 

 

 


「こうやって、顔にチンゲを貼りつけたら…」

 

 

 

 



「ダーリンは外国人」みた~~~い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「ダーリンは外国人」 DVD好評発売中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(合作)