ただいま。ジョン・レノンだよ。

 

▼前回までのレノン(インディーズ盤)▼

「自分探し」で海まで行った。

 

みんな、自宅での1人酒は飲(や)っているかい?

レノンは日毎夜毎に酒を飲んでいるね。レノンのような人間に酒は欠かせない存在なのさ(社会で生きるのは辛いからね)。

ただ、最近はこんなことに悩んでいるよ…

 

1年前のジョン・レノン

レノンが購入する酒はワンパターンなのさ。スーパーで買うのは安い発泡酒ばかり。

レノンも今年で28歳。

そろそろ、レノンという人間の幅を広げたい……そう、考えているんだ(これは決して発泡酒を“悪し”と下げているわけではないよ。レノンのホームは“ここ”だ。分かるよね?)

 

そんな折、レーベルから「日本酒 飲み比べギフト」が送られて来た。全く、ジョークさ。

 

酒の世界は、深い。

 

未だ知らぬ酒の世界を訪れ、レノンの脳を拡張させるべく、飲んでみようじゃないか。

 

▼今晩の“愛(酒)”がコチラ▼

新潟銘酒 飲み比べギフト(越乃寒梅、久保田 千寿、八海山 普通)

created by Rinker
越乃寒梅
¥4,390 (2022/06/25 18:36:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼今晩の“平和(おつまみ)”がコチラ▼

・100円ローソン いか明太(110円)

・セブンイレブン から揚げ棒(138円)

・なとり いかフライ(110円)

・白菜にもずくをかけたやつ(自家製)

 

久保田 千寿

まずは「久保田 千寿」を飲んでみるよ。

 

新潟の蔵元・朝日酒造から発売される「久保田シリーズ」の原点ともいえる「千寿」。

「食事と楽しむ吟醸酒」と銘打たれた地酒、お手並み拝見と行きましょうか…

 

ツゥ

 

おっ、コイツはぁ…。

 

思ってたよりも辛口な味わいだ。

口に入れた瞬間、フルーティーな酸味が口内を駆け巡る…って言うのかな。

 

美味い。

 

あっさりながらもまろやかな「優しさ」がある。そんな想像がイマジンできたよ。

 

白菜にもずくをぶっかけたヤツも食べるよ

もずくに含まれるフコイダンは、二日酔い防止効果もあるんだ。

 

日本酒には「からあげ棒」こそコスパがいい!

「久保田 千寿」のような淡麗であっさりとした日本酒には、白身魚の刺身が合うと言われている。ただ、レノンはそう簡単に刺身なんて買えないんだ。

 

なればこその、からあげ棒!

鶏肉と白身魚は味が似ている。いや、もちろん同じではない。でも、そんなときこそ想像<イマジン>さ。

 

想像<イマジン>は無限の可能性を秘めている。

 

───想像しよう

 

愛と平和に包まれた世界を。

 

平和に必要なものは、愛。

 

そして愛を育てるものは、想像なのさ。

 

ズズォッ

 

レノンはこれまで一発目に日本酒をいくことはなかった。

ただ、この「久保田 千寿」が持つさわやかさは、開幕の口火を切るにふさわしい酒だね。

日本酒界のマジカル・ミステリー・ツアー。ようこそ、これがレノンの名酒探訪。ようこそ、これが招待状さ。

 

 

越乃寒梅

さて、続いては「越乃寒梅」を飲むよ。日本酒に明るくないレノンでも、このお酒の名前は以前から知っていた。

 

「こち亀」で大原部長が越乃寒梅を美味しそうに飲むシーンがあってね。その回を読んだ小学時代、子どもながらに「日本酒は越乃寒梅」と印象が残っていたんだ。

 

まさか自分が越乃寒梅を飲める日が来るなんてね……。

 

ポゴポゴ……

 

越乃寒梅は熱燗でイッたほうがいいらしい

 

トゥトゥトゥトゥトゥ……

 

チュ

 

んっ……

 

ッあ~~~~~

 

ホッ。これが越乃寒梅か。

 

……美味いね。正直、美味い。

 

辛口ながらも、ほのかな甘みが心地よい。

喉に流し込んだあと、ポワポワとこみ上げてくる熱さ。

奥行きのある味わいだ。高級感があるよ。美味い、高級感がね、美味いんだ。

「余韻」この酒を表すならその2文字に尽きる。

っあ~~、気分がいいね!

 

100円ローソンのいか明太を食べるよ

越乃寒梅はいかの刺身が合うらしい。

でも、繰り返すけど刺身なんてそう易々と買えない。そんなときに重宝するのが「100円ローソンのいか明太」さ。

 

この商品は、僕の盟友リンゴ・スターが教えてくれたんだ。

 

☝リンゴ・スターが書いた記事だよ☝

彼は毎回、満足度の高い食の情報を僕に教えてくれる。

彼のグルメへの探求心は底が知れないよ。彼は、色男さ。彼はジェットコースターにいるからね。

 

もぐ

 

越乃寒梅といか明太。この組み合わせ、正しいに決まってる。互いが互いの良さを高める相乗効果。僕とリンゴのセッション。

 

日本酒特有の“濃さ”もありながら、熱燗にしたことによりスルスルと飲めてしまうね。

 

越乃寒梅、ヤバいね。

 

 

八海山

さぁ、いよいよ三本目。八海山だ。

名前は聞いたことがある…。ただ、一度も飲んだことのない酒さ。

レノンの中で、どう歌ってくれるか楽しみだね。

 

ツ~~~~~~

 

……。

 

美味い。

 

笑っちゃうね。美味すぎて笑っちゃう。

コイツはかなり主張の強い酒だね。

まるで…口、のど、胸の奥を、雷で打たれた感覚さ。

かと言って、前面に出ずっぱりでも無い。他を邪魔をしない慎ましさも兼ね備えている。

いきなりボディーブローを打ってきて、すぐ舞台袖に引っ込む暴れ馬! 

 

バリバリバリバリ

 

こういう主張の強い酒には、いかフライがよく合う。いかフライの程よい酸味と塩加減が、酒本来の味を、美しく引き立たせてくれる。

 

今日飲んだ3本に優劣はつけられない。ただ、レノンの好みに合うのは「八海山」かもしれない。それほどまでに、良い酒だ。サンキュー。サンキューだよ…。

 

 

深まる

大分酔いが回って来たね

今回飲み比べした3本…。名酒の名に恥じない格別な味だった。どれもが、一日の終わりに、あるいは特別な日の一杯にしても良い。

 

あぁ、だから酒は止められない。

 

酒は、良い。

 

酩酊状態は、自分の“現在”をクリアに見つめ直させてくれる。

 

レノンも今年で28歳さ。

 

「27クラブ」には乗り損ねた。

 

最近ではお腹が出てきた。

 

お尻も垂れてきた。

 

最近では、音楽の仕事もそこそこ増えてきた(とは言え、あくまでそこそこさ。0.2が0.5になった感じさ)。

 

1年前のジョン・レノン

昔は、いくつになっても頭のなかでバトル漫画が連載されていた。

 

レノンの漫画で、レノンは“風の能力者”だった。

 

偶像消費(キャラビジネス)には辟易だ。

 

ブルーチーズのような付加価値に意味はあるか?

 

レノンはレノンじゃないんだ。

 

レノンはレノンだからね。

 

昔のレノンは、“風の能力者”だったのさ。

 

皮肉な話さ。

 

なにかを持った今より、空っぽだったあの頃のほうが、無敵だったのさ。

 

………おっと、レノンらしい話をしてしまったね。忘れてくれ。ただの、音楽さ。

 

しかしながら、ミュージシャンは先の見えない不安定な存在だ。

 

トリップのような快楽と、絶望の未来の狭間にいる。

 

今はただ、酔いの力を借りて、この瞬間を楽しみたい。

 

ツツ~~~

 

ググイッ

 

「酒を飲む瞬間は、生き続けたその人の到達したある一点である」

武田泰淳(日本の小説家)

 

 

探してる───

 

 

ジョン・レノンはいくつになっても“何か”を探す人間だ───

 

 

 酒を、人生を、幸福を、仲間を、居場所を───

 

 

 貧乏で退屈で不満に満ちた生活の中にも────

 

 

 小さな幸せを見つけ出すことをできる人間が、ジョン・レノンだ───

 

 

さぁ─────

 

 

君も、この酔っぱらった世界を、一緒に探訪しよう?

 

 

Come together
(さぁ、一緒に)

 

<おわり>