こんにちは、ライターのギャラクシーです。写真は以前働いていた会社で「使えね~」って言われてた頃の僕です。

 

新入社員のみなさん、そろそろ仕事には慣れましたか?

僕は昔から仕事が全然できなくて、バリバリと業務をこなす先輩や同僚(時には後輩)にコンプレックスを抱いて生きてきました。今回はそんな僕が、仕事できないやつだけがわかる『あるある』50選を、「ほかほかおにぎりクラブ」のメンバーと一緒に考えてみましたよ!

 

『ほかほかおにぎりクラブ』とは?

オモコロ編集部と読者を直接つないでサポートできる限定コミュニティ。オモコロの活動を直接支援できるほか、会員専用コンテンツを閲覧したり、限定読者コミュニティに参加したりできます。

詳しくは→こちら

 

 

仕事できないやつだけがわかる『あるある』50選

01:どんなに簡単なことも一回聞いただけだと絶対に理解できない

「AをBに移動させる」程度の指示も、「え? え?」ってなってしまう

 

02:わからないことがあったら何回でも聞いてねと言われて本当に何十回も聞いてしまう

「いいかげんにしろ!」ってキレられる

 

03:間違いがないか何度もチェックしたのに先輩に確認してもらうと秒で間違いを指摘される

「ちゃんとチェックした?」って聞かれると、『した=したのになんでミスするの!』『してない=なんでチェックしないの!』という詰みの二択が発生する

 

04:仕事できないやつだということがバレたくないので、わからない箇所も自力でやろうとして何時間もかかる

できる人に聞けば一瞬で済む仕事なのに

 

05:電話が苦手

電話を切った瞬間に、聞いたことが全て飛んで「え~っとどこかの会社の……誰かから、お電話です」っていう情報量ゼロの中継になる

みなさん電話応対は得意ですか?僕は苦手です。敬語や言葉遣いの基本マナーに合わせてマニュアル通りに喋るのは大変だし、失敗やクレームの予感がするからコールが鳴るだけで嫌。そんな日常の問題をイラストで“あるあるネタ"にしてみました。

 

06:思い込みで仕事をするから取り返しのつかない段階でミスに気付く

間違えた方向に全力疾走してた

 

07:メモのとり方が圧倒的にヘタ

ぜ~~~んぶメモろうとするから、後で見た時どれが必要なのか判断できなくてメモの意味がない

 

08:人の名前や顔を光の速度で忘れちゃう

憶え方のコツとかあるんですかね……?

 

09:デスクトップが汚い

机も汚い。指摘されると「どこに何があるのかは把握している」みたいなこと言うけど、しょっちゅう「あれ?どこにやったっけ?」って言ってる

 

10:誰にも怒ったことがないような温厚な先輩を めちゃくちゃ怒らせてしまう

先輩も怒ったことを気に病んでしまい、あとで「怒ってごめん……」って逆に謝られたりして、本当に本当に申し訳なくなる

 

11:気がつくと、全てのウィンドウのサイズを均一にする作業をしている

何も仕事がない時でも何か作業してるふりしますよね(自主的に仕事を探すなんてことは微塵も考えてない)

 

12:トイレが安全地帯

一日何度もトイレに行ってしまう

 

13:経費を申請するのが怖いので自分で払う

給料泥棒のくせに経費はしっかり請求しやがってと思われたくない

 

14:会社の備品を借りる行為も気を使う

自腹でカッターとかUSBのコードとか買う

 

15:「今日はここからここまでの仕事を片付けられるな……」って決めても、半分以下しかできない

例え半分しかできなくても(いや、だからこそ)どんどん早く帰りたくなってくる

 

16:先輩や上司が忙しそうにしてると「あっ、あっ…あの、あっ……」となって質問に行けない

「他の人の仕事の邪魔したら悪い」と変に気を遣ってしまう。そして迷宮入りする

 

17:五分くらいの遅刻を毎週やってしまう

大きな遅刻ってあまりないんですが、5分くらいの遅刻がどうやっても治らない

 

18:ちょっとした忘れ物がめちゃめちゃ多い

Suicaを忘れるとか、コピーした後に原稿を毎回取り忘れるとか

 

19:非合理かつアナクロな手法で仕事しているけど(表計算を使わないなど)、そのスタイルを崩そうとしない

僕がまさにそうなんですが、できない人特有の「新しいことをやりたくない」「変なこだわりがある」というやつ

 

20:仕事できないのに定時で帰ると何か言われそうなので、しばらく何もせずにボ~っと待つ

何かしながら待てよ

 

21:仕事ができないとその他のこと(雑談とか挨拶とか)にも積極的に関われなくなる

「仕事ができない人間が元気ハツラツな感じだと変」なので、キャラに寄せてボソボソと喋ってしまう

 

22:その結果、協力プレイができないのでさらに仕事できなくなる

この記事書くのやだ……もう……心が痛い

 

23:お土産がうまく配れない

一人ずつ「これどうぞ~」って配って回るのもできないし、みんなが集まりそうなスペースに置いて「おみやげ買ってきたからみんな食べて~」って気さくに言うのもできない

 

24:上司に名前を呼ばれただけで「なんかミスったか⁉︎」といつもビクッとする

心当たりがありすぎる

 

25:仕事でミスをして怒られて、萎縮してまたミスをする

悪循環

 

26:デキる同期を見て焦るけど、できない先輩を見て安心する

つまりできない先輩って会社には必要なんですよ!!!

 

27:後輩にナメられているし、後輩もそれを隠す気がない

むしろ後輩同士の「あの先輩にどれくらいナメた口聞けるかレース」の対象になっている

 

28:モニターが付箋だらけでひまわりみたいになる

どれを優先させるか判断できないから、結局忘れてしまう

 

29:頭を使わない小タスクを片付けて満足し、大事な業務を先送りしがち

ほんとは大事な業務の方を先にやらなきゃなんだけど、楽な小タスクを片付けて満足しちゃう

 

30:自分で先送りした業務のプレッシャーで具合悪くなりがち

自分が先送りしたくせに「もっと時間があればちゃんとできた」とか思う

 

31:語尾を「〜~なんですけど……」で会話を終わらせがちなので、相手に「で??」と言われてしまう

「~~なんです!」と言い切れる心の強さをくれ

 

32:雑談を終わらせるタイミングがつかめない

そろそろ仕事を始めないと上司がこっちを睨んでるのに……と思っても、ズルズルと興味のない日本シリーズの話とか聞き続ける

 

33:それほど重要ではないメールの作成にめちゃくちゃ時間がかかる

ビジネスマナーみたいなやつ無くしてくれー!

 

34:結論を言う前の過程の話が長過ぎる

先に結論を言って、怒られながら過程を喋るのイヤじゃないですか

 

35:ミスを指摘されても第一声が言い訳

「でも」から始まるストーリー

 

36:入社して一ヶ月、「あいつひょっとして……仕事できないやつじゃね?」という空気を敏感に感じ取る

「この先輩、僕の事を切った(使えないと判断した)」って思う瞬間がある

 

37:言い訳もうまくできない

どう考えても自分のせいじゃなくて先輩のミスなんだけど、うまく説明できないし仮に説明できても自分の味方をしてくれる人はいないだろう……ということで「すいませんでした」の一言で済ましがち

 

38:愚痴を言いたくても「仕事できないやつが何言っているんだ」と思われるのが嫌だから言えない

どんどん溜め込んでしまう

 

39:自分程度の人間が仕事を断るなんて許されない……と思い、キャパを超える仕事を引き受けてしまう

他人に仕事を振るのも苦手なので、「自分が残業すればいいや…」と考えがち

 

40:結局キャパを超えた仕事を処理しきれず、周囲に迷惑をかける

さらに悪評が高まってゆく

 

41:同じ仕事なのに複数のやり方がある時、「この方法でやって」って言われたら理解できるが、「好きな方でやって」って言われたらパニックになる

どっちを好きになったらいいのか教えてほしい

 

42:絶対に要らんであろうデータや書類が、なんとなく不安で捨てられないので増えていく

メモと同じで、結局「どれが必要なのか」の判断ができてないんですよね

 

43:ファイル名に「最新」「最新の最新」「完全版!消さない!」「完全版!消さない!002」とかつけちゃってもう何がなんだかわからない

ファイル名のつけ方って、仕事できる・できないが表れる気がする

 

44:会議は「どうせ理解できない」からと、あまり聞いていない

ずっと夕食のこと考えてます

 

45:「言われた通りにやったのに失敗しました」

大体言われた通りにできてない

 

46:「失敗しても良いんだよ、次に間違えなければ」

すぐにまったく同じ失敗をする

 

47:すぐ報告しないといけないミスに気づいた時にとりあえず自分の力で解決しようとするが、仕事できないやつにそんな能力があるわけもなく、単に報告が遅れただけのやつになる

余計怒られる

 

48:若いうちは仕事できなくても「しょうがねぇなあwww」で済むけど、年取るとマジでゴミになる

僕は現在46歳なのでヒシヒシと実感しています

 

49:定年退職までの数十年間、ただただ「仕事できないことがバレずにやりすごしたい」とヒヤヒヤしながら生きている

果てしない道のりですが、一歩一歩進んでいくしかない

 

50:退勤の瞬間、自分でもびっくりするくらいご機嫌になる

今日も一日やりすごせたぞ~! 明日も生き延びよう!

 

まとめ

というわけで今回は仕事できないやつだけがわかる『あるある』50選をご紹介しました。

「なぜ自分は仕事できないのだろう……」と悩んでいる人もいるかと思いますが、たぶんこの記事を読んで『あるあるwww』と言っている人は数多くいると思うので安心してください。ひとりじゃないですよ!

 

あるあるを投稿してくれた『ほかほかおにぎりクラブ』のみなさん、ありがとうございました!

ほかほかおにぎりクラブ

 

↓下の「画像ギャラリー」では、入り切らなかった『あるある』を紹介していますよ! 読んでね!