暗い部屋。

 

画面に映されたウェブサイトを眺める。

 

 

 

うだつのあがらない毎日を過ごしている。

 

 

夜、一人でインターネットを徘徊する。

 

面白いものを求めて。

 

 

 

読者は常に刺激を求めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はウェブメディアの編集をしている。

面白そうな記事やライターを集め、アクセスを稼ぐのが仕事。

 

 

 

「この記事なんていいんじゃないか?」「そうだな」「まるでギャグ漫画日和みたいなツッコミじゃないか」「これもいいぞ、やっぱり今は『興味』の時代だよ」「ああ」

 

 

 

「どうだ?」

 

 

 

「…少し上品すぎませんか?」

 

 

 

「なにか…」

 

 

 

「強烈なのが欲しい。激しいのが」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当ライターとの打ち合わせ。

 

実力はあるのだが、イップスに陷っているようだ。

 

 

「どうでしたか?僕の記事、通りそうですか?」

 

 

 

「ああ、会議の評判は良かった。掲載に関しては、まだ確定じゃないから何ともいえないが」

 

 

本当は多分、通らない。会議での評判は芳しくなかった。

 

その場しのぎの嘘でしかない。気の毒だと思ったが、申し訳ないとは思わなかった。

 

こういう役目も俺の仕事だ。

 

 

 

「…安心しました」

 

「最近、よく分からなくて」

 

 

 

 

 

「面白い記事ってなんなんですかね」

 

 

 

 

 

「……」

 

 

 

 

「そうだな」

 

 

 

 

ライターの顔には宿命的に染みついた影があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

友人から面白いサイトがあるという話を聞いた。

そのサイトは53秒しか閲覧ができないらしい。それ以上はアクセスが遮断される。

 

 

面白い、らしい。

 

 

 

「アクセスできた」

 

 

 

「最近、このサイトのフリークが急増してるんだって」

 

「ただし53秒だけだから」

 

「見る時はすぐ保存したほうがいいよ」

 

 

 

 

 

   

 

画質が悪い。

仮面を被った真っ黒い男が座っている。

 

 

 

うしろの壁には奇妙な粘土のようなものが貼り付けられている。

 

 

 

肉と人形が映る。

 

 

 

 

「これは?」

 

「俺もよくわかんないんだけど、この人形がマイクで生肉の音を拾っている。らしいよ」

 

「人形がマイク…?」

 

「そもそも肉から音なんて聞こえるわけがない」

 

「うん」

 

「でもそうしてる。面白いでしょ」

 

「…」

 

 

アクセスが遮断された。

 

 

 

 

「これで終わり。このサイト、最近流行ってるらしいよ」

 

 

「ヤスミノさん、こういうの興味あるでしょ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

読者は常に刺激を求めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

同僚に声をかけられた。

 

「見たか?この記事、これ面白いぞ」

 

 

 

 

俺は笑えなかった。

 

ライターの言葉が頭をよぎる。

 

 

 

「面白い記事ってなんなんですかね」

 

 

 

俺もそう思う。

 

 

 

 

 

夜。

 

ネットをうろつきまわる。

 

「俺が欲しいのはもっと…」

 

「現代的なやつ」

 

「今の記事じゃ甘すぎる」

 

 

 

 

ブラウザに覚えのないタブが開いてる。

 

 

 

 

オモコローム?

 

開く。

 

 

 

 

あのサイトだ。

 

 

勝手にサイトが開いているなんて奇妙だったが、不思議と俺は冷静だった。

 

 

 

 

 

前見た時と同じ部屋に、同じ黒い男が座っている。

 

 

 

 

 

 

 

見てる途中でアクセスが遮断された。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日。

 

再び担当しているライターと打ち合わせ。

 

知っていたことだが、こいつの記事は通らなかった。それを伝え、次回のネタを話し合う。

 

 

俺だって本意じゃない。担当の記事は掲載したい。

もう慣れたが、それでもたまにどうしようもない虚脱感に襲われる。

 

 

いつまでこんなことをしなくちゃいけないんだ?

 

 

 

 

「悪い。今回は通らなかったが…次回はいけると思う」

 

「いいんです。それよりヤスミノさん、見てください」

「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」

 

 

 

 

 

 

「知ってます?」

「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」

 

 

 

「これ、最近流行ってるサイトでみた人形…」

 

「僕、オモコロームが好きなんです」

「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」

 

 

「…その人形はどうやって手に入れた?いや、それより…オモコロームってなんなんだ?」

 

 

 

 

「ピアシングしてくれませんか?」

「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」

 

「ピアシング?」

 

「ピアスの穴を開けたいんです」

「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」

「何を言ってるんだ、急に」

 

 

 

 

「僕、オモコロームに行こうと思うんです」

「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください

 

 

 

 

ピアスとあのサイトに何の因果関係があるんだ?と口に出しそうになる。

 

 

 

彼の目を見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬめったような眼球の表面は、青白く鈍い光を反射させた。一方で不思議な恍惚さをたたえていた。

 

直感的に、彼が変わってしまったことを悟った。

 

 

 

 

彼はにっこり微笑んで、オフィスから立ち去った。

 

 

 

その薄笑いは網膜にへばりついて引き剥がすことができなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「編集長、オモコロームってサイト、知ってますか」

 

 

 

 

しかめ面が浮かびあがった。深く刻まれる眉間の皺。

 

まるで見ず知らずの死体を見下ろすような、妙な冷ややかさがあった。

 

 

「最近流行ってるサイトらしいです。ウチのライターも移籍するって言って…」

 

 

「知らないほうがいい」

 

 

「彼らには、お前にないものがある」

 

 

 

「哲学だ」

 

「それが危険なんだ」

 

 

「どういうことですか」

 

 

 

編集長は何も言わず立ち上がった。

 

 

何かに怯えているようにも見えたし、 確固たる意思を持っているようにも見えた。

 

 

 

 

 

俺からはそれ以上、何も聞けなかった。

 

 

 

 

 

「すまない」

 

 

聞き取れないほどのか細い声でそう言い残し、会議室から出ていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと通りかかった公園に視線を向けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモコロームの黒い男がいた。

 

 

 

 

 

おもわず声をあげそうになる。

 

 

心臓が早鐘を打つ。

 

 

 

 

もうそこに姿はなかった。

 

 

見間違えだったのか、それとも幻覚か。

 

 

 

 

俺は強迫観念にとらわれている。

 

 

神経症になりかけている。

 

 

 

 

「多かれ少なかれ、みんな神経症みたいなもんですよ。僕に言わせれば」

 

 

ライターの声が聞こえた。

 

俺もそう思う。

 

 

 

 

 

 

 

深夜。

 

 

再び、ブラウザに覚えのないタブが開いていた。

 

 

開く。

 

 

 

 

オモコローム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには担当していたライターがいた。

 

同じ部屋。粘土の前でこちらを見据えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

なにかが映った。

 

イラストだ。

 

見覚えがあった。

 

 

 

 

 

 

 

「おいなりさん」だ。

 

 

 

 

 

うちの編集長が書いた記事、「おいなりさん」だ。

 

 

どういうことだ?

 

 

なぜ編集長のおいなりさんがオモコロームに?

 

 

 

「哲学だ」

 

「それが危険なんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(シーズン2に続く)

 

 

 

 

Special Thanks

雨穴

らむ屋敷

原宿

マンスーン

山下ラジ男

モンゴルナイフ

ギャラクシー

山本スーザン久美子