みなさんこんにちは!ライターのモンゴルナイフです!

私は写真を撮るのが昔から好きなのですが、最近はカメラを仕事以外で触る機会も少なくなり、スマホで自分の顔の写真ばかり撮っています。

 

しかしスマホの容量も限界を迎えたのをきっかけに、フィルムカメラ久しぶりに触ってみたいな〜と思うようになりました。

 

↑思って1時間後くらいにカメラ屋さんに移動していました。

Kodak M38というフィルムカメラを購入。ラベンダーカラーがかわいかったので選んでみました。

 

カラーバリエーションが豊富なので選ぶのに時間がかかり一回散歩を挟んで買いました。イエローも人気だそうです。

 

フィルムをセットしよう

 

フィルムカメラを初めて使うときに訪れる最初の試練は、フィルムのセットだと思います。

 

私も初めてフィルムをセットするとき、何これ?????映画?????どこまでフィルム出していいの?????と混乱して、もぅイヤーーーーーーーーーーーーーとフィルムを全部出して途方にくれました。

 

まずこの控えめなレバーをきゅっと下げて、ふたを開けてみましょう。

一回フィルムをセットしたら、全てが終わるまでここは開かずの間です。開けるとフィルムが感光して悲しくなります。)

 

開けるとカメラの中があらわになりますね。

向かって左側の部屋にフィルムをはめていきましょう。

フィルムを入れようとすると、左上にあるニョキっと出てる棒みたいな存在で、え????????????フィルム全然入らないんだ㌔???????????と不安に駆られますが、大丈夫です。

 

このクルクルしてる物体(クランク)を引き上げれば、棒は姿を消します。

 

今回使用するフィルムは、フジカラー SUPERIA PREMIUM 400 27枚撮りです。

フィルムってコンビニとかに売ってるかなと思って街をうろつきましたが、全然売ってないので会社の近くにあったカメラ屋さんで買いました。

 

フィルムを入れたら、怖いけどちょっと引き出して、右側にある棒に巻き付けます。

 

突起が出ている場所が二箇所にフィルムの穴を合わせていきましょう。

フィルムがハマっていると確信したら、カメラの右上にあるギザギザを回して、フィルムを平らにして安心したらフタを閉めます。

 

ギザギザのダイヤルを止まるまで回し、シャッターを押す動作を繰り返して、シャッターボタンの下にあるカウンターが「1」になれば撮影準備っっっっっっ完了です。

 

気がむくままシャッターを切りまく・・・りたいところですが、シャッターを押せるのはフィルムの枚数だけ・・・ここぞというときだけシャッターを切ることにします。

 

このカメラには、フラッシュがついているので少しでも暗いと感じたら使うようにしました。

 

フィルムの限界が訪れたら、このボタンで全てを終わらせて、クランクを回してフィルムを巻き取りカメラ屋さんに現像に出しましょう。

 

 

カメラ屋さんにもよりますが、記録媒体にデータを入れてくれたりスマホに転送してくれるプランもあったりするので、気が合いそうなお店にいきましょうね。

 

 

撮影した写真

カメラを買った次の日にちょうど出張に行く機会があったので、合間に写真を撮ってみました!

 

 

どんな写真が撮れたのか、見ていきたいと思います。

現像が上がってくるまで、うまく撮れてるか全くわからなくてドキドキしますね。

 

いいじゃん!

 

これは、海に行った時に撮影したですが、曇天なので天気がボヤ〜としているのもいいですね。

 

海と相性が良いのか、なんだか遠い日の思い出みたいだなと感じました。

漂流1日目の思い出。

 

これは取材で訪れた水族館。

カリカリに晴れている中で写真を撮りました。

 

ちょっと日陰かもと感じた場所ですが、頭上から自然光がさしているのでなんとかなりました。

 

これは、少し暗いかもなと感じた室内でフラッシュなしで撮影したらぼんやりとした写真になってしまいました。

 

ほぼ同じ場所でフラッシュありで撮影。

市場のお手洗いに桜が飾ってあってかわいかったので、ここで何回もフィルムを消費してしまいました。

桜が嬉しくて満面の笑みでセルフィー!

 

 

 

ここは暗い・・・と感じたので、フラッシュ撮影しました。

どんな気持ちで見事なカニを見つめているのでしょう。

 

同じポスターがたくさん貼ってあった。

 

撮影を見守る編集長の眼差し。

 

 

夕日を背に逆光がちだったので、フラッシュ撮影。綺麗なフレアが出現!

暗くなってきたら写真が撮れなくなってしまうので、急げ・・・急げ・・・

 

暗闇

フラッシュが届く距離にも限界があるので、暗いところで離れすぎるとうまく写らない・・・

池の鯉が集まってきている様子を撮ったはずなんですけど、漆黒になってしまいました。

 

そして完全な闇が訪れた・・・

 

ファインダーで見えてる景色とレンズの位置が絶妙に違うので、指の置き場所に注意しないといけないですね。

これは、油断して指が入ってしまった写真です。

 

低すぎるローソンの看板と指。

 

 

さいこ〜〜〜〜〜〜〜〜〜じゃ

久しぶりにフィルムカメラで写真を撮ったら、撮影しているときはどうなっちゃうの!?!?!?という思いで過ごしちゃいますが、時間差で思い出が浮かび上がるのっていいですね。

 

小学校の時に行事が終わったら、教室の後ろに写真が貼られて購入できる仕組みがあったんですけど、あの感覚を思い出しました。

M38、小ちゃくて軽いのでこれからも持ち歩いていくぞ!

 

created by Rinker
コダック(Kodak)
¥4,500 (2022/05/22 12:54:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

(↓他の写真は画像ギャラリーに続きます。)