IMG_4352_R

 

こんにちは。石油王です。

 

以前、オモコロで「あんたのしょうもない夢かなえたろかスペシャル」と題して、

「夢を持った若者」を募集した事を覚えていらっしゃるでしょうか。

 

 

 

 

sekiyu_600

 

【誰でも参加可能】あなたの持ってる夢を石油王が叶えます!!

http://omocoro.jp/rensai/70060/ ※募集は終了しています

 

 

募集の結果、「マグロを一匹解体して食べたい」「キャバクラでハーレムを築きたい」「SMクラブをハシゴしたい」などなど、様々な若者の熱い夢が「ストーリーマーケット」上に合計300件ほど寄せられました。

 

そして、厳正なる協議の結果、

今回はある一人の若者の夢を叶えてあげることになりましたのでレポートしたいと思います。

 

題して……、

 

 

 

tit_sekiyu01

 

 

 

 

■当選者紹介

48

 

はい。こちらが今回の募集に当選し、夢を実現するチャンスを得た福岡県在住の大学生sukeさんです。倍率が300倍ですからね。いやー、運が良いなぁ。

 

さっそく、sukeさんの夢について聞いてみたいと思います!

 

 

DSC02073

 

icon_y

「ええと、とりあえずsukeさんの『夢』について改めて聞いておきたいんですが」

 

icon_s

「はい。僕は『湯葉』が大好きなんですよ」

 

icon_y

「うん、湯葉ね。確かにお醤油つけて食べると美味いよね」

 

icon_s

「そうです。で、僕はその湯葉が大好きなので……」

 

 

 

DSC02049

 

着てみたいな、と思ったんですよ

 

 

 

tit_sekiyu02_02

 

 

 

icon_y

「ごめん、もう一回説明して貰っても良い?」

 

icon_s

「はい。ですから、僕は湯葉が好きなんですよ」

 

icon_y

「うん。わかるよ。美味しいもんね」

 

icon_s

「だから、湯葉を着てみたいなと思ったんです」

 

icon_y

そこがおかしいから。大丈夫? 湯葉の食べ過ぎで脳味噌が杏仁豆腐みたいになった?」

 

icon_s

「何がですか?」

 

icon_y

「え!? 何がですか、って言う!? 湯葉って言ったら食べるものじゃん!? 」

 

icon_s

「そうですね」

 

icon_y

「君の『湯葉が好き』っていうのはあくまで味が好きなだけで、着心地が好きとかデザインが好きとかそういう事ではないでしょ!?なんで『着てみたい』ってなるのよ!?」

 

icon_s

「でも、例えばバンドのファンって居ますよね?あのバンドの音楽が格好いいな、とか」

 

icon_y

「まあ、あるね」

 

icon_s

「でも、ファンの人達ってそのバンドのTシャツを着たりするじゃないですか。バンドの音楽とTシャツは無関係ですけど、そのバンドが好きだからそのバンドのTシャツも着たいってなるのは自然の事だと思います」

 

icon_y

「湯葉とTシャツを一緒にするな!」

 

 

 

 

■湯葉を作ってみよう

 

DSC02078_R

 

そんなわけでまずは実際に湯葉を作ってみよう。

作り方は至って簡単!フライパンに無調整豆乳を注いでひたすら熱するだけ!

 

 

 

 

DSC02089_R

 

うすい膜が張ったらそれをお箸ですくい上げれば湯葉の出来上がり!

湯葉を着たいとか言わない限りは至って簡単な作業や!

 

 

 

 

DSC02126_R

 

icon_y

「うん。美味いね」

 

 

 

 

DSC02136_R

 

sukeさんもこの表情。

本当に湯葉が好きらしい。

 

 

 

 

icon_y

「じゃあ、今回はそのsukeさんの『湯葉を着たい』というしょうもない夢を叶えるために色々やっていきたいと思うんですけど」

 

icon_s

「本当ですか!ありがとうございます!」

 

icon_y

「ただね、問題はどうやって湯葉を着るかっていう部分だと思うんよ」

 

icon_s

「まあ確かにそうですね」

 

icon_y

「で、今回は色々アプローチを考えてきたから、その中から選んでもらっても良い?」

 

icon_s

「はい!」

 

 

 

 

■湯葉を着るための4つのアプローチ

 

お風呂

 

icon_y

「まずひとつめがこれね。お風呂にありったけの豆乳をブチ込んでチンチンに加熱して、膜が張った頃にスゥーって体を持ち上げれば体にピッタリと膜が張り付いて全身タイツみたいになるはず。豆乳の量はめちゃくちゃ必要だけど、恐らく作るのは一番簡単」

 

icon_s

「これ、チンチンに加熱した豆乳のお風呂に僕が入るってことですよね?」

 

icon_y

「うん。そうだよ」

 

icon_s

「大やけどして死にません?」

 

icon_y

「死ぬやろうね」

 

icon_s

「じゃあダメですよ」

 

 

 

肌に直接

 

icon_y

「次がこれ。出来立ての湯葉を肌に直接貼り付けていくタイプ」

 

icon_s

「出来立ての湯葉ってめちゃくちゃ熱いですよね?」

 

icon_y

「熱いよもちろん。それに体中が豆乳臭くなって3日くらい取れへんやろうね」

 

icon_s

「他には無いんですか?」

 

icon_y

「ワガママなやつだな……」

 

 

 

 

 

マネキン

 

Tシャツ縫い

 

icon_y

「あとはこの、マネキンに湯葉を貼って乾燥させて形を作ってからマネキンを壊して湯葉だけ取り出すタイプか、乾燥させた湯葉を地味に縫って行くかのどっちかやね。ただ、縫うのはたぶんめちゃくちゃ時間かかるだろうからあんまりやりたくない」

 

icon_s

とりあえず縫うパターンで行きましょう

 

icon_y

「鬼か!」

 

 

 

 

■作業開始

 

DSC02033_R

 

ちなみにこの「湯葉を着たい」という無茶なお願いを叶えるために立派なキッチンスタジオを貸切った上で、

 

 

 

 

 

 

 

Twitterにて応援部隊を募集しました!

 

 

 

 

 

DSC02145_R

 

その結果集まった暇人 応援部隊がこちら!

 

 

 

 

 

 

DSC02172_R

 

コンロやフライパンを総動員して湯葉の量産体制に入ります!

 

 

icon_s

「めちゃくちゃ大がかりですね……」

 

icon_y

「全部お前のせい」

 

 

 

 

 

DSC02190_R

 

出来上がった湯葉を……、

 

 

 

 

 

 

DSC02194_R

 

どんどん干していきます!

 

 

icon_y

「おじいちゃんのブリーフみたい」

 

 

 

 

 

 

DSC02112_R

 

やたらと長細い輪っか状の湯葉も出来たのでネックレス用にとっておきます。

 

 

 

 

 

 

DSC02208_R

 

先に乾燥出来た湯葉をまずは縫ってみることにする。

ちなみにこの作業の音頭を取ってくれてるのは服飾学校の先生という事で俄然期待が高まる!

 

 

 

 

 

 

DSC02213_R

 

 

DSC02215_R

 

「これ、無理ですね

 

 

 

 

 

icon_y

「めっちゃあっさり言われた」

 

 

 

なんでも、強度が圧倒的に足りないらしい!

乾燥させないとすぐに破けるし、乾燥させたらさせたでパリパリに砕けてしまうという八方ふさがりの状態!

 

 

 

 

icon_s

「やっぱりマネキンに貼りつける作戦ですかね……?」

 

icon_y

「いや、この感じやとマネキンに貼りつけても壊す時にボロボロになると思うわ……」

 

icon_s

「じゃあどうします……?」

 

icon_y

「もうコレしか無いやろ」

 

 

 

 

 

 

DSC02242_R

 

icon_y

「ちょっと後悔してる?」

 

icon_s

「はい。少し」

 

icon_y

「もっと後悔しろよこの野郎」

 

 

 

 

 

 

 

DSC02247_R

 

icon_s

「熱ッ!ちょっと!ちゃんと冷ましてから貼ってくださいよ!」

 

icon_y

「ワガママ言うな!」

 

 

 

 

 

 

DSC02268_R

 

湯葉が出来上がり次第、どんどんsukeさんに貼ってゆく。

 

 

 

 

 

 

DSC02287_R

 

そしてそれを見守る一同。

 

 

 

icon_y

「新手のお葬式?」

 

 

 

 

 

■そして現れたもう一人の当選者

 

icon_m (2)

「すいませーん」

 

icon_y

「おっ。来た来た」

 

icon_s

「えっ。誰ですか?」

 

icon_y

もう一人の当選者や。君の『湯葉の服を着たい』っていう夢以外にもう一人居るんよ。東京都在住の学生さんや」

 

 

 

 

1111

 

そしてこちらが東京在住、ガチ童貞学生の「むか」さん。

 

 

 

 

icon_y

「じゃあ早速、君の夢を聞かせて貰おか」

 

icon_m (2)

「はい。ソープで童貞を捨てたいです」

 

icon_y

「笑う」

 

icon_m (2)

「いやほんと、切羽詰まってるんですよ……。でも貧乏学生でお金もないし、今回の企画は渡りに船だな、と……」

 

icon_y

「ちなみにもう予約はしてあるんよね?お店のホームページとかに女の人の写真あったりする?」

 

icon_m (2)

「はい。この人です」

 

 

 

 

 

 

 

146584

 

 

icon_y

「ややPhotoshop感はあるものの、すごい美人じゃん!」

 

icon_m (2)

「一日中、そういうお店のサイトや、体験者のレビューとか見まくって探しました」

 

icon_y

「よし、じゃあ結果報告お待ちしてるよ!ちなみにお値段はおいくら万円?」

 

icon_m (2)

8万円です

 

icon_y

殺すぞ

 

icon_m (2)

「日本でも最上級の高級ソープなんで……。やっぱり一生に一度の事ですし、どうせなら最高の思い出にしたいから……」

 

icon_y

「それにしたって高いわ!何それ!僕もそんなお店行ったことない!」

 

 

 

 

 

 

DSC02163_R

 

「8万円か……」

 

 

 

 

 

 

DSC02165_R

 

icon_m (2)

「ありがとうございます!最高の思い出にしてきます!」

 

icon_y

「うん。男になってくるんやで……!」

 

 

 

DSC02291

 

その様子を羨ましそうな目で見るsukeさん。

 

 

 

icon_s

「僕もあっちの方が良かったんですけど……」

 

icon_y

それを言うなよ。言っておくけど、君の交通費とかスタジオのレンタル代とか豆乳その他備品買うので8万円以上余裕で使ってるからね?」

 

icon_s

「なんでこんな目に……」

 

icon_y

「こっちが聞きたいわ!」

 

 

 

DSC02326_R

 

作業開始から3時間

前面に湯葉を貼り終えたのでドライヤーで乾燥させ、背部にとりかかることに。

 

 

 

icon_s

「トイレ行きたいです」

 

icon_y

我慢しろ

 

 

 

 

 

DSC02347_R

 

sukeさんを立たせた上で今度は背中に湯葉を貼りながら、作業時間短縮のため平行してドライヤーで乾燥。

 

 

 

 

icon_s

「めちゃくちゃ豆乳臭いしもう福岡帰りたい」

 

icon_y

「全部お前のせいでこうなっとるんやろがい!」

 

 

 

 

 

 

 

……そして作業開始から5時間が経過……

 

 

 

 

 

 

 

DSC02380

 

icon_y

「完成したぁぁぁぁあああ!」

 

 

 

 

 

 

DSC02388

 

ちなみに背面はこう。

 

 

 

 

 

DSC02373_R

 

湯葉で作ったブレスレットもあります。

 

 

 

 

icon_s

「すごい!湯葉を着てる!」

 

icon_y

「いやー、意外となんとかなるもんやね!どう?夢が叶った気分は?」

 

icon_s

「豆乳臭いしすごく動きづらいです」

 

icon_y

「みんな頑張ったんだからもっと感激してよ……」

 

 

 

 

■お披露目に行こう

DSC02396

 

せっかくなので外で記念撮影してみる。

 

 

 

 

 

icon_y

「着心地はどうなの?」

 

icon_s

「めちゃくちゃ寒くてそれどころじゃないですね。ジャケットが欲しいです」

 

icon_y

じゃあこのまま、ジャケット買いに行こう

 

icon_s

「え?マジですか?」

 

icon_y

「ごめんな、マジやで

 

 

 

 

 

DSC02422

 

そして電車に乗って新宿に向かう一同。

こうやって見るとちょっとオシャレなノースリーブに見えないこともない。

 

 

 

 

 

 

DSC02459

 

改札をくぐる時も周囲の注目度はバツグン!

 

 

 

 

icon_s

「携帯入れるポケットとかあれば良かったんですけどね」

 

icon_y

「ポケット?あるやん」

 

 

 

 

 

 

DSC02440_R

 

 

 

 

aaa

 

某ファストファッションのお店の前に来ました。

 

 

 

 

icon_y

「ごめんな。撮影許可取ってないからついてこれるのはここまでや。店員さんに『湯葉に合うジャケットどれですか?』って聞けばいいよ」

 

icon_s

「わかりました!」

 

 

 

 

 

 

…… 5分後 ……

 

 

 

 

 

 

 

icon_y

「あいつ、マジで聞いてる

 

 

 

 

 

 

 

 

tit_sekiyu03

 

4枚目

 

 

3枚目

 

 

 

1枚目

 

 

2枚目

 

 

 

 

 

 

 

 

icon_y

「いやー、よかったよかった。これにて一件落着やね。この写真、君が死んだら遺影に使ってね」

 

icon_s

「すごいですね。夢が叶った割にむなしさしかないです」

 

icon_y

「そんな事ないよ。今後就職活動で面接とか受ける時に『湯葉、着た事あります?』って面接官に聞いてこの話したら100パーウケる。面接には落ちるだろうけど

 

icon_s

「まあ、何事もやってみるのが大事って事ですね……」

 

 

icon_y

「そういうこと!」

 

 

 

DSC02580_R

 

ちなみに湯葉はみんなでムシって食べました。

吐きそう。

 

 

■ソープで童貞を捨てた人

 

さて、そんなわけで今回の企画についてはここまでですが、

途中に現れたソープで童貞を捨てに行った人の事を覚えているでしょうか。

今回の記事については、事後に彼から貰った感想文を公開する事でしめたいと思います。

 

 

 

 

名称未設定-1

 

こんにちは。石油王のおかげで童貞を捨てさせて頂きました「むか」と申します。簡単ですが童卒レポートを書かせていただきたいと思います。

 

お話しを頂いてから飛び上がる気持ちで嬢を探し、予約したのが昨日のことのようです。駅からの高級車による送迎のあと、女の子が来たと思ったら120分が終わってました。

 

あっというまの、めくるめく天国の時間でした。「人生は120分で変わってしまうのか」と実感し、そして痛感しました。

 

これこそが「最高」である、と。
「天国」である、と。

 

私から皆さんにお伝えしたい事があります。

 

大量生産大量消費の「量」の時代から、ひとつひとつのクオリティにこだわる「質」の時代への変遷は言うまでもありませんが、それは恐らく性体験も同じではないでしょうか。

 

確かに私はまだそういった体験を「量」として捉えると一人の女性と、一度しかしておりませんが、その「質」において国内最高ランクの女性と繋がった事は自明であり、言ってしまえばこの文章を読んでいる多くの男性陣が一生かかっても抱けないような「極上クラス」を先日抱いて参りました。

 

この「最高ランクの女性を抱いた私」と、「一生かかっても抱けない皆さん」の命運を分けたのはやはり「行動力」では無いかと思います。石油王の募集に対し、臆する事なく、堂々を手を挙げた結果がこの「最高ランクの女性を抱く」という果実なのです。

 

いいですか皆さん。一生の内にチャンスはそれほど多くは訪れません。そのチャンスを棒に振らないためにも、今回の私を見習い、訪れたチャンスに対して果敢にチャレンジして頂ければと思います。

 

以上、国内最高ランクの女性で童貞を捨てた男 むか

 

 

 

icon_y

「なんだこいつ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで若者達の夢が無事に叶いました! もし、どうしても叶えたい夢がある方は、石油王はもう居ませんが「ストーリーマーケット」で投資を募ってみてもいいかもしれませんね。

 

gg3

 

 

【撮影協力】

株式会社フードクリエイティブファクトリー

http://foodcreativefactory.com/

 

【スタジオレンタル】

http://foodcreativefactory.com/?page_id=2469