先日、

マリアージュスイーツ研究会に行ってきた。

 

あまみカオリ研究所オフィシャルサイトより引用

マリアージュスイーツ研究会とは「あまみカオリ研究所」というお店が主催するイベントで、ケーキをベースに様々なトッピングとの掛け合わせを試み、研究し、食の楽しみを発見をする会だ。

 

 

様々なトッピングというと、たとえば……

 

カシスや洋梨のフルーツソース

 

 

荒く砕いたコーヒー豆

 

 

グリーンオリーブ甘酢ショウガ

 

ケーキにこういったものを掛け合わせるわけだが、正直不安に思った人もいるだろう。

でも先に言っておきたい。

あり。めちゃくちゃありだった。想像を超えるマリアージュスイーツと出会うことになった。

 

 

ということで、スイーツ探究仲間たばねさんとイベントに参加してきたので、その様子をレポートしたいと思う。

 

 

 

ケーキは4種類、トッピングは9種類+α

 

あまみカオリ研究所オフィシャルサイトより引用

ベースとなるケーキは、バニラ、チーズ、マロン、チョコレートの4種類。

 

 

トッピングは9種類。やはり甘酢しょうが、グリーンオリーブあたりがどのようなマリアージュをもたらすのか注目したい。

 

 

 

バニラケーキとのマリアージュ

 

まずはバニラのケーキ「MAN-MARU」から。名前のとおり通常は球状のケーキだが、食べ比べ用にミニサイズに切られている。この形もまたかわいい。

 

さっそく様々なトッピングと掛け合わせを試した。

 

お気に入りはラムレーズンとの掛け合わせ。お酒とフルーティーな香りがバニラのケーキと相性ぴったりで、ほんの少し足すだけで一気に大人の装いになるのがおもしろい。

 

 

ここで「チャレンジ食材」のアナウンスが入った。

ざわつく参加者のみなさん。チャレンジ食材とは、まだテーブルに出されていない、ひと癖ある食べ物とのことだ。そんなこと言われたらワクワクが止まらない。

 

まず初めに登場したチャレンジ食材はこちら。

 

目の前でレモンを削いでつくられる……

 

ふわふわのレモンピール!

ちょっと今までの人生で知らないレモンピールだった。削りはじめた途端、部屋の空気が爽やかなレモンの香りでいっぱいになった。この空気、持って帰りたい。

 

このレモンピールがバニラケーキとの相性抜群で驚いた。

たばねさんに同意を求めようとお皿から顔をあげたら、たばねさんがレモンピールと更に塩を合わせているのを目撃して、腰が抜けそうになった。

トッピング、ダブルコンボ。その手があったか……!

私もすぐにレモンピールと塩を試した。これがすごい。優しかったバニラケーキに芯が通った。まるで別人のようだ。優しい君も魅力的だけど、塩レモンで凛とした君も素敵……

 

 

 

チーズケーキとのマリアージュ

 

続いては、チーズケーキ。チーズ特有の尖りがなく、まろやかできっと誰もが好きな味だ。

 

 

驚いた掛け合わせはグリーンオリーブ。クセのないチーズケーキに突如個性が出現したが、でも全然いやじゃない。

よくオリーブオイルをかけるアイスクリームなんかがあるが、私はむしろオリーブオイルより実のほうに可能性を感じた。油っぽくならず果肉の食感と酸味が心地よい。

 

 

そして、お待ちかねのチャレンジ食材は……

 

いぶりがっこ(たくあんの燻製)!?

さすがにチーズケーキには合わないんじゃ……と不安のなか顔を上げると、

 

 

 

たばねさんの花火が打ち上がっていた。

ケーキからおつまみにシフトチェンジしておもしろい! ワインバーでオードブルで出てきてほしい味!」とのことだ。

いぶりがっこ、意外なダークホースとなった。

 

 

 

マロンケーキのマリアージュ

 

続いては、ほっくりとした栗の豊かな風味のマロンケーキ。甘さ控えめだが濃厚だ。

風味が濃厚だからこそ、何を掛け合わせるべきか悩ましい。

そこで、スタッフさんのアドバイスを実践してみることにした。

 

チャレンジ食材の、すりたての山椒に……

 

 

カシスソースを合わせてみた。自分じゃ思いつかない掛け合わせだ。

味の想像が全くつかないまま恐る恐る口に運んだ。

「え!?」と声が出てしまった。想像の向こう側の味。こんなの初めて。

なんていうか、食材全員のスピードが違う。味が次々と目の前を通り過ぎていくような。

なんだっけこれ、ああそうか、これってパレードかもしれない。

 

図で表すと、こう。

口に入れた瞬間、駆け抜けるカシス。山椒の食感と刺激を浴びたあとは、栗の風味がゆっくりと追いついてくる。最後は山椒の華やかな香りでフィナーレ。

まるで賑やかなパレードを見た後のような気持ちにさせられるマリアージュだ。

 

 

 

チョコケーキとのマリアージュ

 

最後はチョコのケーキ。濃厚なチョコクリームと土台になっているガリゴリのチョコクッキーの組み合わせがおいしい。4種類のケーキの中で一番のお気に入りだ。

 

先ほどスタッフさんのアドバイスでマロンケーキのマリアージュパレードを見ることができたので、今回もスタッフさんが一番好きだという掛け合わせを試してみた。

 

コーヒー豆。濃厚なチョコの風味がさらに深みを増した。

これまでケーキを食べてきて気がついたのは、掛け合わせには、雰囲気をがらっと変える「チェンジ系」と、ケーキそのものの風味を深める「ブースト系」があるということだ。

このチョコケーキ×コーヒー豆は、ブースト系の掛け合わせだ。瞬間的な驚きというよりも、長時間続く癒しという感じ。これもまたいいマリアージュだなと思う。

 

 

チョコのケーキは、クセの強いトッピングとの掛け合わせが最強だった。特に山椒、甘酢ショウガが傑作で驚いてしまった。

濃厚なチョコと味がケンカしそうなものだが、どんなトッピングとも仲良くなる器がチョコにはあるのだ。すごいんだ、チョコって。好きだな、チョコ。

 

 

 

4種類のケーキが一巡したところで、なんと気になるケーキを好きなだけリピートできるという。

もちろんマリアージュの研究が目的で来ているが、おいしいケーキをもっと食べられるなんて、どうしても嬉しさを抑えきれない。みなさんもエヘヘと照れながらケーキをおかわりしていた。もちろん私も。

 

 

マリアージュスイーツ研究の結果発表

無事にマリアージュスイーツの研究を終えた。

私とたばねさんのお気に入りの掛け合わせは下記のとおりだ。

けっこう好みの違いが出ておもしろい。

イベント中は自然とマリアージュ談議に花が咲くので、友達と行ってもいいし、ひとり参加でも楽しめそうだ。

 

 

 

新たな味の発見が楽しい、おいしくて嬉しい、充実したイベントだった。

こちらのイベントは何度か開催しており、都度トッピングが入れ替わっているそうだ。今回は「秋の実り」がテーマだったそう。

イベント開催のお知らせは、公式インスタグラムなどで是非チェックしてみてほしい。

 

あまみカオリ研究所のインスタグラム

あまみカオリ研究所オフィシャルサイト

※東京駅の店舗でケーキと各種フレーバーのセットが買えます!

created by Rinker
¥1,386 (2024/05/18 13:59:32時点 Amazon調べ-詳細)