こんにちは、ライターの松岡です。

 

3月のオモコロブロスでは、料理初心者でも簡単に作れるラクうま漬けレシピを紹介中。

口だけで「手軽だよ〜!」と言っても信じてもらえないと思うので、1ヶ月間、毎日いろんな漬けレシピを試しています。

 

自炊が面倒という問題を共に解決し、一緒に4月を迎えましょう!

 

20日目

20日目に漬ける食材は卵黄。

今日まで卵黄を使ったレシピを試してきましたが、とりあえず卵黄はこの7品目で最後になると思います。

 

用意するのは、卵黄、保存容器、ウスターソース。

 

使う調味料はウスターソースのみ。

 

卵黄の取り出し方ですが、ボウルの中にたまごを割り…

 

卵黄を持ち上げれば簡単にゲットできます。

 

作り方はとても簡単で、卵黄にウスターソースをかけるだけ。

 

準備はこれで終了

 

このまま冷蔵庫の中にしまい1日寝かします。

卵黄×ウスターソースはどんな味になるのでしょうか!?

 

 

翌日

 

完成したを卵黄を見てみると……

 

旨そうに漬かってる!!!

一晩漬け込んだだけあって、卵黄に味がしみて美味しそう。

このまま白米の上にドカンと乗せてもいいんですが…

 

今回は、食パンに乗せてみました。

目玉焼きをのせたパンがおいしいんだから、ソース卵黄をのせてもきっと旨くなるはず!

 

とろとろの卵黄を一口食べてみると……

 

スパイスの旨みが引き立つ!!

ウスターソースのスパイシーな旨みが卵黄にしみこみ、濃厚な旨みとなってパンの甘みと一緒に口の中で広がっておいしい。

ここにかつおぶしやマヨネーズをかけたりしても、絶対においしくなるでしょう。

 

さて、今回の漬けレシピは本当においしいのか?

他の社員に味見してもらいましょう。

 

ということで、オモコロブロス編集長のかまどさんに審査をお願いしました。

 

以前食べた卵黄と食パンの組み合わせが良かったのか、とてもにこやかな表情。

 

気になるそのお味は……

 

※口から出してる?

 

 

 

うめえわ!!

 

かまどさん曰く『焼きそばパンがおいしいように、ソースの旨みがパンの甘みとあって美味しい。卵黄の味わいがやさしくって旨いとのこと。

 

かまどさんからグッドポーズを頂き、最終日を終えました。

20日目もおいしい漬けレシピが誕生してよかった〜!!!

 

まとめ

ウスターソースで漬ける卵黄は、誰でも簡単にスパイスの旨みたっぷりの卵黄が作れるのでオススメ!

お好みでキャベツやマヨネーズをトッピングしたり、トーストにのせて食べてもいいですね。

 

気になる方はぜひ漬けレシピをお試しください!

 

今回紹介した商品

 

過去の漬けレシピはこちら