シンプルに大喜利だ!!

 

 

って気分になることがたまにあるんです。

 

なんだろう、こう、「ベシャメルソース」やら「みぞれあんかけ」みたいに凝った味じゃなくて、肉にパッパッと塩をふりかけていっちゃいたいとき、たまにあるじゃないですか。

そういう感じでいきたいときがあるんですよ。生(き)のユーモアを。

 

 

というわけで、気軽に質問できるQ&Aサイト「コロモーを使って大喜利の回答を募集し、それをひとりで眺めながら悦に入りました。

 

お題はコチラ。

 

 

賞品もなにもありませんが、面白かった回答をいくつかピックアップしたいと思います。

 

 


 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

まずは挨拶だけしようじゃないか。

 

 

不遜。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

もう茶番は終いにしようや。

 

 

何か仕掛けてくる気配がある。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

まず主人公の名前が先生と同じだったのでこれは失敗したなと思いました。

 

 

イメージが知ってる人に固定されるのはわかる。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

この本を読んで私は「先生の机の中に隠したカマキリの卵、そろそろだな。」と思い出しました。

 

 

実体験にからめた読書感想文はウケがいいらしいそうです。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

よっ、先生。見てっか?

 

 

本読まないだろコイツ。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

行頭に空けた一マスから、何かがこちらを見ている

 

 

「世界に引き込もうとしてるな」と思って姿勢を正しそう。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

攻撃・守備が最高の、なかなか手に入らない超レアカード。

 

 

本当に読みたい感想文はこういう始まり方だと思う。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

まず、三枚目についた大量の血痕について説明させてください

 

 

一枚目にそれが書いてあるのに、なぜ血痕がついた紙が三枚目だと決まっているのか。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

俺が猿ですみません

 

 

お前がいずれ出すエッセイ集のタイトルこれにしろ

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

赤ちゃん用の日焼け止めって牛脂みたいな味がするらしい

 

 

それを本から学んだのか?

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

へぇ、これが多動力か。ちょっと読んでみよ。ウィーン

 

 

何が開いた。

 

 

■先生が思わず手を止めた読書感想文の書き出しとは?

 

假屋崎省吾のような人間というのは、ある意味でありふれている。

 

 

ここから何の紹介につながるんだ。

 


 

 

今回は以上! また募集するかもしれないので、コロモーをチェックしてみてください!

 

 

大喜利カテゴリの投稿を見る