引き続き世の中がアレでやりたいことも満足に出来ずストレスがたまっていく一方の昨今ですが、こういう時は「めちゃめちゃなアクション映画」を見るに限りませんか?限らないのか限るのか…、決めるのはあなた次第ですが…。

ということで、嫌な気分をぶち壊す最近のめちゃくちゃなアクション映画を5つご紹介します。

 

【お品書き】
1:めちゃくちゃなアクション!「ワイルド・スピード スーパーコンボ」

2:めちゃくちゃな戦車アクション!「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」
3:めちゃくちゃな潜水艦アクション!「ハンターキラー 潜航せよ」
4:めちゃくちゃな格闘技アクション!「シャドー・オブ・ナイト」
5:めちゃくちゃな概念のアクション!「移動都市 モータル・エンジン 」

 

 

 

■めちゃくちゃなアクション!「ワイルド・スピード スーパーコンボ」

【あらすじ】
でっかいハゲ「うおおおおおおおお!!」
小さいハゲ「おらおらおらおらおら!!」
悪者「どけどけどけどけ!!!!!」
車「ブ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!」
ヘリコプター「バルバルバルバル!!!」
爆弾「ドカーーーーーーーーン!!!!」

めちゃめちゃなアクションシリーズの代名詞「ワイルド・スピード」の、単品でも見れる超絶アクション超娯楽作。過去にいがみ合っていた因縁深き男二人が引き続きケンカしあいながら共通の敵を追い詰めて世界の危機を救うという小学生でも理解できる分かりやすいシナリオは実にコミカルで最高。ド派手すぎるカーアクションも進化に次ぐ進化を遂げており、もはや笑ってしまうレベルの凄まじさです。

そして、「ワイルド・スピード」シリーズは「田舎の車好きのヤンキー向け」という印象が強く、車に興味のない方がそれで敬遠してしまうという悲しい十字架を背負っておりますが、意を決して見てみると家族や仲間との絆とグレードアップするカーアクションに釘付けになってしまい、気がつけばシリーズ9作制覇してしまいました。長く険しい道のりに耐えた5作目の「MEGA MAX」からおもろの大爆撃が止まらないので、何卒…。

created by Rinker
¥399 (2020/07/05 18:12:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

■めちゃめちゃな戦車アクション!「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」

【あらすじ】
ソ連軍 戦車士官「うおおおおお!!!」
ナチス戦車隊 鬼将校「うおおお!!!」
戦車「キュラキュラキュラ!!!!!」
戦車「ズドォォーーン!!!!!!!」
砲弾「キィィィィーーン!!!!!!」

ロシア産、爆熱エネルギーをぶちかましてくれる大傑作戦車アクション。今思い出しても血湧き肉躍り、心が熱く煮えたぎる…。戦車が戦うイメージとして想像出来るのが「小回りが効かない」「そんなに速くない」「一撃がやばい」「キャタピラ」あたりだと思うんですが、その特徴を最大限に活かしたアクションが凄まじすぎて本当に最高。

主砲から撃ち出される徹甲弾の一瞬の一撃を、スーパースローとグワングワン回り込むカメラワークで余すとこなく見せて、着弾の会心の一撃をパワフルに描き出す!!主人公イヴシュキンの指示で手足となって動く砲撃手や操縦士たちの連携プレーから、作戦がバッチリ決まった時のスカッとさ、絶対絶命のピンチを回避する超奇跡!全てが合わさった時のこの気持ちよさは筆舌に尽くしがたい完成度。ドラゴンボールを読み込んで作られたかのような悟空VSベジータ的因縁の対決という熱い構図も見どころです。

created by Rinker
¥399 (2020/07/05 18:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

■めちゃめちゃな潜水艦アクション!「ハンターキラー 潜航せよ」

【あらすじ】
潜水艦「ス〜〜〜〜〜〜〜〜〜イスイ」
魚雷「ズドドドドドドド!!!!!!」
爆撃「ドカーーーーーーーーン!!!」

これ興行収入的にはコケて失敗だったみたいですが、めちゃくちゃにおもろな潜水艦アクションです。ロシア国内で国家を揺るがす大犯罪が起こって戦争勃発の危機に瀕しているところに、アメリカ特殊部隊が陸から、潜水艦部隊が海底からそれぞれ解決に向けて動き出すという構成で、息つくヒマも無く怒涛の勢いでたたみかけてくる超危険ミッションがめちゃスリリングです。

ぜってー無理!全員死ににいくようなもん!という状況の中で乗組員の士気を高め、常に冷静な判断で舵を取っていく主人公グラス艦長(「300」の筋肉だるまジェラルド・バトラー)が最高にカッコ良い!海の中の男の中の男!潜水艦海底アクションはほぼ見たことがなく、「音」に極限集中を迫られる手に汗握る展開はお見事でしたね…。

created by Rinker
¥300 (2020/07/05 18:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

■めちゃめちゃな格闘技アクション!「シャドー・オブ・ナイト」

【あらすじ】
組織を裏切った殺し屋「うおおお!!」
組織の盟友「うおおおおおおおお!!」
拳「ボカボカ!!グシャ!ボキ!!!」
脚「ビュッ!!バキ!!グシャ!!!」

NETFLIXの格闘アクションなんですが、今まで見た同ジャンルの中で一番凄惨で血みどろになっていったことで強烈に記憶に残ってる逸品です。アクションシーンがまじでやばくて、骨という骨が折れまくり、顔面という顔面が吹き飛ぶ!ビリヤードの玉で顔を潰す!切り裂く!爆発で肉塊になる人体!銃の乱射で蜂の巣!!!圧倒的激烈バイオレンス!!凄すぎて痛々しいシーンで「ぎゃ〜!」「あーらら」など声が漏れてしまいました。これほどまでに激しく途切れずえげつない戦いは見たことがない…それほどの「ヤバ」でした。一見の価値ありです。

ただ、アクションがすごすぎるあまりストーリーが頭に入ってこず、「今なんでこうなってるんだっけ?」と混乱してしまうことはあるかもしれません。でもそんなことどうでもよくなるぐらい、とにかく凄まじい!NETFLIXで見てください。

created by Rinker
¥440 (2020/07/05 18:12:06時点 Amazon調べ-詳細)

↑これは全く関係なく、タイトルが入れ替わったジャッキー・チェンの映画です

 

 

 

■めちゃくちゃな概念のアクション!「移動都市 モータル・エンジン」

【あらすじ】
移動ロンドン「他の都市を食え!!」
逃げる小さい都市「助けて〜〜!!」
ロンドン「パクパク」
小さい都市「食べられた…」

本当にこういう話です。「凶悪移動都市ロンドンが世界を食い尽くし、それに立ち向かうレジスタンスが織りなすアクション」という「?」しか出てこないストーリーで、原作小説をもとに作られております。余りにも無茶苦茶すぎる話ですが、いったんそういうところを海よりも広い大きな心で全部受け入れてから見ると100兆度の熱く煮えたぎる爆熱で130分エンジン全開で突っ走る少年マンガのような展開がもう最高すぎて笑っちゃいました。

4作ある長編シリーズを端折って1本の映画にしている関係でどうしても詰め込みまくってしまってる印象はありながら「移動する都市と戦う」という誰も見たことがないようなファンタジックな展開は一度でいいので見る価値はありますよ。試写会で見たとき「これメガヒットするんちゃう!!?!?!」と思いきやそこまでだったこともあり私の審美眼は鈍っているかもしれませんが…。

created by Rinker
¥1,500 (2020/07/05 18:12:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

■さようなら

5本一気に見たらストレス爆散すること間違いなし。充実した映画ライフを送りましょう。

それではさようなら。