-1-

 

 

-2-

 

 

-3-

 

 

-4-

 

 

-5-

 

 

-6-

 

 

-7-

 

 

-8-

 

 

-9-

 

 

-10-

 

 

-11-

 

 

-12-

 

 

-13-

 

 

-14-

 

 

 

 

原作:男性ブランコ

 

 

 

 

原作のコントについて

2018年11月19日

神保町花月にて「コミカライズバトル ~マンガ原作権争奪戦~」というイベントが開催されました。

 

「8組の芸人がコントを披露し、優勝したネタを漫画化する」というコンセプトのネタ祭り。

優勝したのは、今回の原作となった男性ブランコさんの「マチコちゃんと花」でした。

 

優勝した男性ブランコさん

 

どのネタも面白かったのですが、特に「マチコちゃんと花」はじんわり感動させる展開と予想もしない衝撃のオチで、なんだか一本のショートショートを読み切ったような満足感がありました。

 

以下、審査員のコメントです。

■審査員コメント

短い物語のなかで笑いあり涙ありの展開が、漫画にしたとき映えるんじゃないかなと。あとはやはり「子供が本質的なことを言う」という構造の話題がTwitterでは人気ですので、そことの親和性もあるのではないかと思いました。

 

ほとんど小道具がない舞台で「周囲の空」や「風の感じ」など風景の広がりを感じさせ、とても印象的でした。実際に絵で見た時に、じんわりと胸にくるものがあるのではないかと感じました。

 

ラストシーンは漫画化したときに美しい絵になると思います。最後にどんでん返しがあるという部分が短編として完成していたなと感じました。

詳しいイベントレポートはこちら!

 

男性ブランコさんの許可もいただき、今回漫画にさせていただきましたが、全く同じものにはならず、漫画化する中でいろいろと変わった点があります。

 

原作には漫画では表現できなかった面白さがたくさんあるんですが、1点だけ完全に漫画化不可能なポイントがありました。

ぜひ、先ほどの漫画と合わせて原作のコントもご覧ください。

 

 

男性ブランコ「マチコちゃんと花」

 

いかがでしたか? やっぱり絵には描けないコントならではの良さがありますよね。

原作を提供していただいた男性ブランコさん、ありがとうございました!

 

 

そして。

きたる5月に、そんな男性ブランコさんの単独公演が行われます!

 

男性ブランコ第4回単独公演「陽の当たルーム」

2019年5月10日(金)~5月12日(日) 全5回公演

全5回公演ってすごいな。

 

いろんな芸人さんが登場するお笑いライブももちろんいいんですけど、個人的に「単独公演」は演出の密度が高いのでオススメです。

原作の男性ブランコさんに興味を持った方はぜひ!

 

 

 

>>次ページおまけ<<

>>コントを漫画化して気づいたこと<<