威力はいかほどか

 

 

 

 

まずは威力はどのぐらいなのか試さないといけません。

 

 

 

h6016

 

 

 

鋭さはありそうですが、見かけ倒しですとやっぱりちょんぎったほうがいいじゃないか、となってしまいます。

 

 

 

といっても、身の回りに復讐したいちんこがいませんでした。

 

 

 

ありがたいのかありがたくないのか全くわかりませんが、確かに自由なインターネットといえど生ちんこに針を刺す復讐はモザイク必須になってしまうでしょう。

 

 

 

ので、今回は

 

 

 

 

 

 

 

h6017

 

 

 

ふにゃふにゃ具合が抜群のソーセージで試します。

 

 

 

炎上デビューがエロ・グロ画像というバカッターの方がマシ、な感じは避けたかったのが正直な本音です。

 

 

 

逃げか!というお叱りの言葉は真摯に受け止めたいと思います。

 

 

 

それでは

 

 

 

 

 

h6018

 

 

 

ソーセージに先端を向けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

じわじわと…

 

 

 

 

 

 

 

h6019

 

 

 

じわじわと…

 

 

 

 

 

ささる か ささらない 

 

 

 

 

 

 

そのぎりぎりを楽しんで

 

 

 

 

 

 

 

h6020

 

 

 

 

ささない

 

 

 

 

 

 

 

かと思ったら

 

 

 

h6021

 

 

 

 

ぐざ!!!!

 

 

 

リミッターをはずした全力で手を放し差し込むのがベストです。

 

 

 

差し込んだら少し放置。

 

 

 

しかし、「これぐらいなら我慢できそうじゃない?」と思った方もいたのでは?

 

 

 

 

これで終わりにするほどちんこにたいする熱い思い(怨念)は終わりになんてさせません。

 

 

 

痛みになれたころに…

 

 

 

 

 

 

 

 

h6022

 

 

 

ぐじゃぁ

 

 

 

っと、ヘアクリップの特性である開閉を、ちんこを包み込んでぐちゃぐちゃになるまで繰り返しましょう!

 

 

 

 

これを24時間続けることで永遠に終わらないことを教え込むのが理想的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

h6023

 

 

 

 

下卑た顔で楽しむことも忘れないでくださいね!

 

 

 

そもそも何かを痛めつける行為自体、無邪気さがないと楽しめません。

 

 

 

とんぼの羽を1枚だけむしりとって遊んだ時や、りかちゃん人形のパンツを履かせずにスカートを履かせることで痴女ごっこをした時を思い出し、背徳感に思いっきり浸ってください。

 

 

 

私も「あの時のりかちゃん人形には非常に申し訳ないことをした」と虚しさを感じながらも最高に楽しみました。

 

 

 

 

 

>>このグッズの思わぬ弱点とは?!<<