本当にお尻を出した子は一等賞なのか

「 本当にお尻を出した子は一等賞なのか 」(かんち&シモダ)

 

「クマの子見ていた隠れんぼ~♪おしりを出した子 一等賞~♪」誰もが一度は耳にしたことがある日本昔話のエンディングソングですが、果たして本当にお尻を出せば一等賞なのだろうか。

 

まずは一つ目。

■お尻を出した子 一等賞 | その1

大学風景に違和感なく馴染んだ尻は変質者を越えてアーティストではないだろうか。友人は気付いていないのか、それとも気付きながら気付いていないフリをしているのか。どちらにせよ この尻を出している馬鹿野郎とは縁を切ったほうがいいと思います。

 

■お尻を出した子 一等賞 | その2

全然反省してない上に、シルエットが尻ではなくアレに見えるので1位とか2位以前にこれは反則負けだと思う。 汚職が公けになった政治家でもこんな謝り方はしない。

 

■お尻を出した子 一等賞 | その3

(YouTubeから消されました。)

小学校低学年の頃に2,3人はいたズボンを下まで下ろしてから小便をする奴。成人男性になってもこのスタイルを続けているというところと、隣の人が何も動じていないところを見ると普段からそういう人と認知されているわけですね。 3位くらいでしょうか。

 

■お尻を出した子 一等賞 | その4

今、サラリーマンの間で流行っているらしいダーツですが、尻とダーツを融合させる姿勢は高く評価したいと思います。 これは歌中にもある「クマの子見ていた~」の熊も一目置く可能性は高いように思えます。

 

■お尻を出した子 一等賞 | その5

車のCMのような錯覚を覚えました。しかし高速道路でしなかったことと、並走するダンプカーに尻を削り取られず平和に終わったところはマイナス点を付けるしかありません。 隣車線を走るダンプカーに尻を削り取られてやっと1位です。血が見たいんです。

 

■お尻を出した子 一等賞 | その6

ジュースの品数がとても豊富なところに驚きました。これだけの品種を揃えている自動販売機は探してもなかなか見つからないのではないでしょうか。 この自動販売機を用意した業者を高く評価したいと思います。利用者を満足させてあげようという優しい気持ちが伝わってきて心が温かくなりました。

 

■お尻を出した子 一等賞 | その7

下着の生地がどんな素材を使っているのか気になりました。シルクは確かに肌触りが良く下着に向いている素材ですが、男性はなかなかシルクの下着というのを身に付けられません。 ですが、デザインを男性向けにしたシルク素材の下着は必ず需要があると私は考えます。 かぶれやすい素材で溢れた下着社会に一石を投じるためにも、是非とも下着業者には男性向けシルク下着の開発を頑張っていただきたいです。 

 

◆誰が1等賞だったか◆

すいません。ここまでしていただいて本当に申し訳ないのですが、違うことを考えていて順位とか忘れてました。