どうも。芸人コンビ【そうじゃねえだろ】の仁木恭平です。

 

聞いてください。
僕は朝起きてトイレに行くと、毎回10~20本のチン毛が抜けていることに驚きます。
どういうことかと言うと、

 

 

 

 

※チン毛を紙吹雪に例えています

 

 

普通の人の朝がこれくらいだとすると、
(優勝イラスト)

僕はちんこにチン毛が絡みつきすぎていて、盛大に祝福されている状態なのです。

僕の一日はまず、この紙吹雪を眠たい目をこすりながら取り除くことから始まるわけで、けして良いスタートではありません。
しかしその分、自分のチン毛とは毎日「おはよう」をしているわけなので完全に顔馴染み、つまり絶対に他のチン毛とは見分けが付くということです!
というわけで・・・

この一本に命をかけろ!ききチン毛~~~!!!
(画像)
よいしょーっ!

(赤ん坊)
キャッキャッキャッ
(生々しすぎる内容のため、随所で赤ん坊の写真を差し込みます)

ここでききチン毛のルール説明をします。

・成人男性9人+仁木恭平の合計10人分のチン毛から、自分のチン毛を当てる。
・さすがに1本だけでは区別が付きにくいため、一度に掴んで抜けた数のチン毛で判断する。そのため、本数なども踏まえて自分のチン毛かどうかが判断できる。
・口に含んではいけない。笑えないので。
・チン毛を提供してくれた9人の知人とは、これからも当たり障りなく関わっていくこと。

以上のルールでききチン毛を行います!

早速、知人9人に「チン毛を貰えないでしょうか?」とお願いしたのですが、「何で?」と9回聞かれました。
しかし何とか9人分すべて集めることに成功。
最後に自分のチン毛を抜きます。
(写真)

そしてききチン毛の前に、自分のチン毛の特徴を最終確認。
(写真)
「質感よし、カーブよし、と…」

(写真)
そして合計10人分のチン毛をシャッフルさせます。
さあいよいよスタートです!!

(写真)
「あ、結構わかるかも」
チン毛と言えど結局は毛。髪質とリンクする部分があるので見た目に個性が現れます。

(写真)
「まず1番、コレは違うでしょ!」
「そもそも俺はもっと抜いたはず!違う!」

(写真)
えー私が生やしたのは1番のチン毛じゃ、

(写真)
ございません!!

(写真)
ジャアーーーー

・・・

・・・

正解!!
(写真)
まあまあまあ!コレはわかりましたよ。

(写真)
えーと次は…

(写真)
4番(笑)
コレはない。こんなに抜いた覚えはない。20本くらいあるんじゃないか?もう4っていう字が見えなくなってるもんね。

(写真)
えー私が生やしたのは、4番のチン毛じゃ、

(写真)
ございませんでしょう!!

(写真)
ジャアーーーー

・・・

・・・

正解!!
(写真)
「イッエーーイ!!あ、俺わかるわ!」

(写真)
「もうこんなの時間かけても仕方ないからどんどんテンポ良く行こう!」

その後も仁木は自分のチン毛の記憶を頼りに、

(写真)
私が生やしたのは、3番のチン毛じゃございません!!

(写真)
10番のチン毛じゃございません!!

(赤ん坊)
すやぁ……

(写真)
8番のチン毛じゃございません!!

(写真)
6番のチン毛じゃございません!!

正解!!
なんと6連続正解!
(写真)
「GO GO GO GO~~~!!!!
23歳だぞ!!チン毛生えてから何年経ってるっちゅうねん!!」

さあ残るは4つ。
ここからが問題。正直、全然わからない・・・。
いやもう全部俺のなんじゃないか?というくらい似たチン毛が4つ並んでいる。

(写真)
悩み続けた挙句、大量のチン毛を触った手を口元に当ててしまう仁木。
ここで仁木から提案が。

(写真)
「あの、チン毛カンニング良いすか?」
(写真)
そう言っておもむろにパンツに手を入れる。

チン毛カンニングとは・・・
自分のチン毛を抜き、対象のチン毛に当てがい、うまく溶け込むかを確認する手法。

(写真)
溶け込んでる・・・

(写真)
溶け込んでる・・・

(写真)
全員溶け込んでる・・・

全然わかんない・・・。
もうここまで来たら、チン毛の張りとか柔らかさを確認するためガッツリ触るしかない。

(vine)
チン毛をギターの弦のように弾いたときの動き(通称:「返り」)を確認すると、7番のチン毛がわずかだけど、返りが少ない気がしました。

(写真)
「いやーでもこの中だった7番かなー!!!わかんないけど!!」

(写真)
「えーーー・・・私が生やしたのは、7番のチン毛じゃ・・・・・・」

(写真)
「ございま~~~・・・・せん!!!」

(写真)
「頼む!!」ジャアーーーー

・・・

・・・

・・・

・・・

正解!!
(写真)
うおおおおおっしゃらああああーーーー!!!!!!!!

(写真)
残り3つ。
もう全然分からん。

(写真)
蛍光灯に透かしてみたりしましたが全然無理。

(vine)
この時点ですべての弱音が出てきました。なんかチン毛見すぎて具合悪くなってきたし。

(写真)
「わっかんねえなぁ・・・・・」

(写真)
うーうー

(写真)
「なんかもうわかんないけど9番じゃないの?量もちょっと少ない気がするし・・・」
本当に分からないのと、チン毛を見続けたせいか軽いノイローゼになりながら9番を選択。

(写真)
ええーーー・・・・・私が生やしたのは、多分ですけど、9番のチン毛じゃあー・・・・・・・

(写真)
ございません!!!

(写真)
来いっ・・・・!!!!!

・・・

・・・

・・・

・・・

残念!!!!
(写真)
「えっっ!!??」

(写真)
「うわぁーもうやっちゃったよーー!!!くっそあと少しだったのになあー・・・」

(写真)
バタンッ!
「えっ!?」

(写真)
「オマエノ!」

(写真)
「読ミハ!!」

(写真)
「全然チン毛ェーンダヨ!!」

(写真)
スッ
「えっ!?」

(写真)
「えっ!?えっ!?何何何!??」

チョキ、チョキ、チョキ

(写真)
「ちょっと!?ちょっ、おいっ!!!」

チョキ、チョキ、チョキ

(写真)
「危ない危な、ちょっ!!危ない!!!!うわあああーーーー!!!!」

(写真)

10月7日

(写真)

仁木恭平、パイパンに。

(写真)
「あーあ…こんなんなっちゃって……」

(写真)
「はあ・・・」

(写真)

北海道に住む家族へ。

芸人になると言って飛び出しましたが、僕は今ライターをやってチン毛で筆を作っています。

こんな人生どう思います?

さよなら。

(写真)

(写真)

(写真)
おわり