みなさんは「撮り鉄」という言葉をご存知だろうか?

 

 

列車や鉄道を写真に収めて楽しむ鉄道ファンのことであるが、昨今彼らが問題視されている。

 

 

あくまで一部の撮り鉄の話だが、線路敷地内への無断侵入や列車の運行妨害など違法行為を行う人もいると言う…。

 

 

そこで私はそんな彼らに一日密着し、撮り鉄の生態を暴くドキュメンタリーを撮影しようと思う。

 

 

 

 

 

 

DSC00158.jpg

 

 

 

 

 

 

—都内某駅

 

 

 

 

ここは迷惑行為を繰り返す撮り鉄がよく出没するという噂の駅。
私はここで撮り鉄が現れるのを待つことにした。

 

 

待つことおよそ1時間半。
背後から撮り鉄とおぼしき声が!!

 

 

「うーん、まだかなぁ」

 

 

「もしかしたらダイヤが乱れているのかもしれませぬぞ」

 

 

「うぬぬ~」

 

 

 

 

DSC00161.jpg

 

 

声の元に急ぐと撮り鉄と思われる3人に遭遇。
早速、取材交渉をしてみることにした。

 

 

― すいません、突然ですが、今日一日密着取材させてもらえませんか?

 

 

 

 

DSC00164.jpg

 

 

「取材? まあ、別に構わないけど、くれぐれもあたしらのジャマはしないでよ?」

 

 

無事OKをもらうことに成功。

 

 

その時だった。

 

 

 

 

DSC00170.jpg

 

 

「キタキタキタキタ!」

 

 

「うっひょ~~! あのフォルムたまんねぇ~~!!」

 

 

「クぅ~! この光景も今日で見納めか~!」

 

 

どうやらお目当ての電車がホーム内にやってきたらしい。

 

 

と、同時になぜか階段めがけて走りだす撮り鉄たち。

 

 

 

 

DSC00179.jpg

 

 

「ちょっと邪魔邪魔!! どいてどいて! 急がないと撮り逃しちゃうよ!

 

 

 

 

DSC00201.jpg

 

 

改札を激写しだす撮り鉄たち。一体何をしてるのだろうか?

 

 

 

 

DSC00224.jpg

 

 

その後も電車とは全然関係ない町並みを嬉々として撮影する撮り鉄たち。

 

 

 

 

DSC00236.jpg

 

 

「いやー、いい写真が撮れましたな~」

 

 

「うーん、これは家宝認定ですな!」

 

 

― あの、すいません…。何を撮ってるんですか?

 

 

 

 

DSC00249.jpg

 

 

「何って、ケツだよ」

 

 

― え?

 

 

 

 

DSC00282.jpg

 

 

「決まってるでしょ、あたしたち撮りケツなんだからさ」

 

 

撮りケツ…?

 

 

 

 

「あ、いけない! こんなことしてる場合じゃない!」

 

 

「急げ! 先回りだ!」

 

 

 

 

DSC00254.jpg

 

 

「良かった! 間に合った!」

 

 

― 間に合ったってどういうことですか? そもそも撮りケツって何? ちゃんと説明を…

 

 

 

 

DSC00146.jpg

 

 

「あれ? クソ! うまく撮れない!」

 

 

 

 

DSC00147.jpg

 

 

「キィィ~~~!! このアングルからケツを抑えたいのに、あの桜の木が邪魔で撮れない~~!」

 

 

 

 

DSC00142.jpg

 

 

DSC00140.jpg

 

 

「キエェェェ~~~!!!」

 

 

― あ! ちょっと何してるんですか!?

 

 

「ここからだとケツを撮るのに邪魔だから切ってるんですよ!!」

 

 

―ケツを撮るためって、ちょっとあなた何を考えて…

 

 

 

 

DSC00287.jpg

 

 

「うーん、この電柱も邪魔だなぁ…」

 

 

 

 

DSC00270.jpg

 

 

「クケェェェェェ~~~~~!!!!!」

 

 

― ちょっと! 電柱を切り倒すなんて! そんなことしたら辺り一帯停電しちゃうじゃないですか! それに落ちてきた電線に子どもが触りでもしたら…

 

 

 

 

 

 

「うーん、でもケツが撮れないんだからしょうがなくないですか?」

 

 

 

 

…呆れた。

 

 

なんて道徳心の低い人間だろうか。撮り鉄よりも真に問題視するのは彼らなのかもしれない。私は彼らを追うことに決めた。

 

 

 

 

 

 

「お~い! そろそろお楽しみの『サービスショット』の時間ですぞ~!」

 

 

 

 

 

 

彼らはさらに先回りして、さっきからケツを撮られてる人(以下、ケツ男)の会社に向かった。

 

 

聞くと、ケツ男は転職するらしく、この職場は今日が最後らしい。だから、あんなに感慨深げにケツ男のケツを撮っていたのだそうだ。

 

 

ひと通りの説明を受けても、私は彼らが何を言ってるのか理解できなかった。

 

 

 

 

DSC00293.jpg

 

 

 

 

「キターーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

 

 

 

 

DSC00299.jpg

 

 

彼ら曰く、これが「サービスショット」らしい。だから何なのだろうか?

 

 

意味のわからないことが多すぎるので、私は彼らの中の1人にインタビューを試みた。

 

 

 

 

DSC00385.jpg

 

 

― お時間取らせてしまいすいません。しかしどうしても聞いておきたいことがあるんです。

 

 

「何? もしかして、このキャメラのこと? さすが目のつけどころがいいね~! このキャメラはね、撮りケツの間では非常に人気が高いものでね。性能がいいから。でも、実力が伴わないとこのキャメラはちゃんと機能してくれないのね。だから、あたしはこのキャメラで…」

 

 

― すいません。カメラの話じゃないんです。単刀直入に聞きますね。撮りケツとは何ですか?

 

 

「え?」

 

 

 

 

DSC00405.jpg

 

 

「ぶひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!! 嘘でしょ~~~!?!?!? 撮りケツを知らないとか~~~!! ぶひゃ~~~!!」

 

 

― あの私変なこと言いましたか?

 

 

 

 

DSC00397.jpg

 

 

「ぶひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!! ぶひっ!! ぶひゃひゃひゃ~~!」

 

 

― 何がおかしいんだよ! 絶対お前のほうが頭おかしいぞ! 笑うな!

 

 

 

 

DSC00409.jpg

 

 

「ごめんごめん、『取材させてくれ』なんて言うからてっきりアナタもケツ道オタクかと思ってたから」

 

 

ケツ道?

 

 

「うん、そうよ。あたしなんて国ケツの頃からのケツ道オタクなんだから」

 

 

― あの、すいません、ちょっとわかんない単語が多くて付いていけないので、まず言葉の意味を…

 

 

 

 

「何してんだ、バカ野郎~~~~!!!!」

 

 

「返して~~~~!! ごめんなさい、返して~~~~!!」

 

 

突然の怒号で私の質問はかき消されてしまった。

 

 

 

 

 

 

― な、何をしてるんですか!? どういう状況ですか、これは!?

 

 

「こいつが椅子に座ろうとしやがったんだよ!! ふざけんじゃねえよ!!」

 

 

― …はい? え、そりゃ座るでしょ? デスクワークだし。

 

 

 

 

 

 

「椅子に座ったらケツが見えねえだろうが!!!」

 

 

…信じられない。なんて自己中心的なのだろうか?
こいつらは二言目には「ケツ」しか口にしないではないか。

 

 

― で、あなたが今、手に持っているのは何ですか?

 

 

「こいつの我が子同然のMacBookだよ。椅子に座るなんてバカなことしようとしたから俺が没収したんだ」

 

 

 

 

DSC00419.jpg

 

 

「返して~~~!! 今日も引き継ぎ作業とか色々あるから~~~!」

 

 

「あ、シャッターチャンスだ!!」

 

 

 

 

DSC00422.jpg

 

 

「ウヒョヒョヒョヒョ!」

 

 

亡者か、こいつらは…。

 

 

 

 

 

 

DSC00426.jpg

 

 

「まったくひどい目にあった…。あいつらがいないうちにトイレにでも行こう」

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00431.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから先も彼らの行き過ぎた撮りケツ行為が止むことはなかった。

 

 

 

 

DSC00326.jpg

 

 

「よーしよしよしよしよしよし! よーしよしよしよしよしよし!」

 

 

「こうやってロープで締め付けるケツもいいですなぁ!」

 

 

 

 

その時だった。

 

 

 

 

DSC00332.jpg

 

 

「いい加減にしろよ!! お前らァ!!」

 

 

え? 誰?

 

 

 

 

 

 

「さっきから見てればケツを撮るために人に迷惑ばっかりかけやがって! 同じケツ道ファンとして恥ずかしいよ!! お前らのやってることは最低だ!! 恥を知れ!!

 

 

驚いた。
彼もケツ道ファンだというではないか。こんな常識人が本当にケツ道ファンなのか?

 

 

― あの、あなたは一体…? あなたもケツ道ファンなんですか?

 

 

 

 

DSC00365.jpg

 

 

「うん、そうだよ。ケツ道ファンの全員があんな奴らだと思わないでね。9割9分のケツ道ファンは僕みたいにまともなんだから」

 

 

― なるほど、そうだったんですか。私、誤解しそうになってました…。ところであなたはカメラ持ってませんね? 写真撮らないんですか?

 

 

 

 

DSC00365.jpg

 

 

「うん、僕は写真撮らないね。撮りケツじゃないから

 

 

 

 

 

 

「僕は乗りケツだからね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00315.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00318.jpg