ーーー五月、某社 社長室にて

 

 

 

 

 

…おそれいります。突然の訪問にもかかわらず、まさか社長様じきじきにご対応いただけるとは。

 わたくし、ウォーターサーバーの訪問販売をしております雨穴と申します。

 

さっそくではございますが、社長様のオフィスにぴったりのウォーターサーバーのご案内を…

 

 

え?

 

 

 

 

はい…はあ…、なるほど…
社長様のオフィスにはすでにウォーターサーバーがある、と

 

 

 

 

 

 

ではお伺いしますが、そのウォーターサーバー

どのように使われていらっしゃいますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

水を………飲む…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、いえいえ。失礼いたしました。

しかしですね、「ウォーターサーバーで水を飲む」など愚鈍なウワバミそのもの。
当社のウォーターサーバーは水を飲むためのものにあらず。

のどではなく心の渇きを癒すウォーターサーバーでございます。

 

現物を見ていただいたほうが早いですね。
ただいま準備いたします。

ソファ邪魔なんでどかしますね。

 

心の渇きを癒すウォーターサーバー

 

 

 

 

 

 

ご注目ください。

このウォーターサーバー、2本の細いノズルから水が出るようになっております。

 

 

そしてこちら、少女の絵が描かれた板。

 

名付けて少女プレート

かーわいい!目の下に小さな穴が開いております。

 

この穴に先ほどのノズルを差し込み、

 

水を流すと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣きます。

 

 

 

 

 

「おうおう、べっぴんさんが台無しだぜ。よしよし、俺が来たからもう安心だ。」

 

 

 

「ほーら、もう泣きやんだ!やっぱし女神に涙は似合わねーや。いい子だ。………愛してるぜ。」

 

癒し

 

 

こういう言葉をご存じでしょうか。

「男とは、女の悲しみを癒すことではじめて癒される生き物である。」

良い言葉です。
「俺の格言bot」というアカウントでこの言葉に出会ったとき、思わず膝が震えました。登山のあとだったということもあり。

 

 

ぼくらの社会は何かと自信をなくすことが多い。
ミスをした、怒られた、人間関係がうまくいかない…
そんなとき、少女の涙を簡単にぬぐえる装置があれば
手軽に自信を取り戻せる。
万能感にうち震える。

8万とんで298円!!

お買い上げ、ありがとうございます!!

 

え?いらない!?

 

なんでですか!?
ストレスで穴があきすぎて、胃がオカリナのようになった御社の社員さんたちも元気になるというのに!

 

 

あ、わっかりま・し・た。

 

「物足りない」と。そうおっしゃりたいのですね?
ご安心くださいませ。

マニアック志向なお客様のため、次の手を用意してございます。

 

水が足りないな。

魚飼ってるんですね。

かわいいなあ

じょぼしょぼしょぼ

 

放水。

「あ、すいませんね。申し訳ない。ちょっと家内が母乳でちゃったみたいで、脱脂綿かなんかいただけませんか。ええ、あ、ガーゼでも全然。どうもすいません。お騒がせしてしまって。はい、ありがとうございます。」

 

「いやー。まさか市役所で母乳出ちゃうなんてな。お義母さんとこに茂太あずけてから2日か?ずっと授乳してなかったもんな。とと、拭くぞ。」

「ありがとなあ。産んでくれてありがとなあ。」

「俺の幸せはお前のその肉体に端を発していると、しみじみ実感するよ。だってそうだろ?子供も家も家財道具も、うちによく来る変な模様の野良猫も、お前の実家のカビ臭い風呂も、『お前の肉を揉みたい』とあの頃の俺が思わなければ一生出会えなかったわけだから!!」

 

 

 

 

 

 

「今夜は抱く」

「器具はもちろん使う」

 

 

 

 

結局のところですね。

男って、女の身体から出る液体を拭くために生きてるんですよ。結局。

液体といえば

忘れちゃいけない。

アレが残っておりますね。

はいはい。

これだ!!!!!

 

放水。

 

「あ!!…出ちゃ………う…う……あう…あうう……うえええええええん」

 

「おい、大丈夫か?」

「きゃ!…あ、雨穴くん。(どうしよう。クラスメートに見られちゃった。みんなにバラされちゃう)」

「今、雑巾もってくっから。」

「え?でも、雨穴く…ん。そんなの、…そんなの悪いよ」

 

「ここは俺がやっとくから。保健室行ってこい。」

「あ…う……でも…」

「大丈夫。誰にも言わねーから。……一人で行けるか?」

「う…うん。大丈夫。……あ、ありがと。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売れ

 

なかった

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして。
新人ライターの雨穴と申します。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

YEAH!!

 

 

 

 

(おしまい)