うんここそファンタジーさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1900年代。

 

世界を空前のうんこブームに導いた男は

 

夜空を見上げなら妻にまるで子供のようにそうつぶやいたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クソニーブランドの創始者

 

 

 

クソルト・クソニーその人である。

 

 

 

 

 

 

01kusoni-01

クソルト・クソニー 1902~1965

 

 

 

 

 

彼が現代にもたらした、うんこ的功績は枚挙にいとまがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はクソルトのその功績と、

 

現代知らぬ者はいない、クソニーブランドの成り立ちを簡略ではあるが紹介したい。

 

 

 

 

 

 

 

動き出したうんこ

 

 

1902年アメリカ東部で生まれた彼は、両親の愛情に恵まれすくすくと育った。

 

小さい頃から頭が良く、18歳で大学を卒業すると、アニメーターの職につく。

 

 

 

 

 

 

理由はもちろん。

 

うんこを動かしたかった。

 

それだけだ。

 

 

 

 

この頃の彼のスケッチブックが残っているのでご覧いただこう。

 

 

 

 

 

 

 

02-suketti

 

このようなスケッチを当時1万以上描いたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて彼が初めて動かしたうんこの動きは、これである。

 

 

 

 

 

 

03toho01

徒歩するうんこだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしどうも動きがぎこちなく感じはしないだろうか。

 

 

 

 

 

彼はこの動きの硬さに5年悩んだという。

 

悩んだせいでこの時自分のうんこも硬くなってしまったんだと、後年彼は言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

そんな硬いうんこに悩まされた彼、うんこは柔らかくあるべきだという思いに至る。

 

 

 

 

 

 

そして作り上げたのがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

04toho02

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかがだろうか。

やわらかくうんこらしい動きとなり、

 

現代のクソニーアニメーションの動きに近いと言えるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

うんこは柔らかく。

 

 

 

 

 

この信念はこの時より生涯にかけて彼の信条となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

05jump

やわらかさを取り入れ、気持ちよく跳ねるうんこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感情を持ったうんこ達

 

 

 

 

 

 

 さて、クソルトの功績として「うんこに感情を与えた」という点がある。

 

 

 

 

 

 

 

初めて感情を与えられたうんこのアニメが残っている。

 

 

 

 

これだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

06yorokobi01

喜ぶうんこ

 

 

 

 

 

 

 

しかしこれでは喜びが足りないと、彼はまたしても5年悩むこととなった。

 

 

 

 

 

 

 

そして導き出した答えが、これ。

 

 

 

 

 

 

 

 

07yorokobi02

 

 

 

 

 

 

うんこの上空に、

 

一本ぐそに3つの小さなうんこを差し込んだ、

 

「喜び表現型うんこ」というもの浮かばせることで、

 

どういうわけか、うんこがすごく喜んでいるように見えたのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、怒りに関しては、

 

 

うんこからおしっこを出すことによって表現できることを発見した。

 

 

 

 

 

 

 

08ikari

怒るうんこ(飛び上がった時にしっこが吹き出る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「しっこ発明」は悲しみ表現でも役に立ち、

 

 

うんこの先っちょからしっこを垂らすことで見事、

 

 

涙にくれたうんこを表現することにも成功したのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

09kanasimi

悲しみのうんこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの頃から徐々に世間がクソルトうんこに注目し始めたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハエ革命

 

 

 

 

 

感情を表現することで世間の評価を受けたクソルトだが、

 

ここで大きな問題と対峙することとなる。

 

 

 

 

 

ハエ問題だ。

 

 

 

 

 

うんこにつきもののハエをそのまま表現すると、

 

ファンタジーがどうしても薄れる。

 

 この件に関して、当時多くのクソリエイター達が頭を悩ませた。

 

 

10hae01

 このようにうんこにビビットなピンクをもってきてさえも、それを凌駕する糞感が出てしまうのだ。

 

 

 

 

だったらハエなど描かなければいいのでは?

 

という声も多くあったが、しかしクソルトはハエ込みで表現する方法を模索し続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年悩んだ末、

ある発明に至る。

 

 

それは娘のこの一言がきっかけだった。

 

 

 

 

 

 

「ねえ、どうしてハエは嫌われているの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

娘の放った純粋なこの疑問に、クソルトはハンマーで殴られたような衝撃を受けたという。

 

 

 

 

そういえば、なぜハエを厄介者として扱っていたのだろう。

 

 

 

 

ハエはいつだってうんこのそばにいる。

 

 

 

 

 

そうだ、

ハエはうんこの味方なんだ。

 

 

 

 

 

 

 いや、ハエこそ、うんこの妖精なんだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがかの、

 

ハエ革命である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして作り上げたうんこがこれだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11hae02

なんて愛に溢れたうんこなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

当時のアメリカ大統領がこのうんこを見てこういったと言われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

This is America.

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにこの発明で彼は不動の地位を得ることとなったのである。

 

 

 

 

 

 

 

うんこファンタジア

 

 

 

 

その後彼は名作を次々と世にはなった。

ごくごく一部だが最後にそれらを紹介しようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 かわいい子猫とうんこのドリームマッチ

 

12-02nyanko

うんこにゃんこ (1938)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角をうんこに置き換えるという大胆なチェンジで話題となった、

 

12-01yuni  

ウンコーン (1946)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後にうんこと少女シリーズとして多くの名作が生まれることとなる、

12-05syouzyo

うんこ少女レミー(1953)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼は普通のうんことして働くうんこが、夜になるとスーパーうんこに変身。

ヒーローうんこのはしり

12-03supa

うんこマン(1961)

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてやはり

 

クソルト・クソニー生涯の名作と言われている、

 こちらも紹介しておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご存知、

 

 

13sukai

 

スカイクレア王女とトロみのあるうんこ(1955)

 

である。

 

 

 

 

 

 

クソニーブランドが磐石の体制となったと言われているこの作品は、

 

世界各国で人気となり、映画や舞台など、いまだに年に5000回ほどの公演があるというから驚きだ。

 

 

 

 

 

 

 

そして1965年その生涯を閉じたクソルトクソニーであるが、

 

その意思を引き継ぎついだクリエイター達が、さらに多くの名作を生み続け、

 

今日のクソニーブランドとなったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらが彼の偉大な功績と生涯である。

 

 

 

 

 

 

 

また彼の死後

 

スカイクレア王女とトロみのあるうんこを

 

省略して

 

「スカトロ」と呼ぶようになったというのは

 

誰しもが知るところだ。

 

 

 

 

 

 

今日のうんこ至上主義社会は、

 

彼がもたらしたと言ってまず間違いない。

 

 

 

 

 

 

偉大なる彼に、今日もトイレで感謝を捧げたいと思う。

 

 

 

 

ありがとう!

 

クソルト・クソニー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※すべてフィクソンです)