IMG_4464

 

号外、号外~~! 号外、号外~~!!!!

 

 

 

 

IMG_4493

 

号外だよ~~~~!!!! 号外ったら号外だ~~~!

 

 

 

 

blue01

 

[email protected]の登場により~~~~~~~!!!!!

 

 

 

 

IMG_4459

 

大「ファン抱き」時代へと突入するぞぉぉぉぉ~~~~~~!!!!!

 

号外、号外、号が~~~~~~い!!!!!

 

 

 

 

 

[email protected]とは、どういうサービスなのか?

IMG_4505

 

ハァハァハァ……

 

 

 

 

IMG_4511

 

んぐっ、んぐっ、んぐっ、んぐっ…

 

 

 

 

IMG_4523

 

ふぅーーーーーーーーー…。

 

 

 

 

IMG_4529

 

いいですか? まずは、気を落ち着つかせて、冷静に聞いてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

line@

 

ここ数日、インターネット上で話題になってる新サービス[email protected]はご存知ですよね?

 

少し気になったので、私もリリースと同時に、アカウントを開設してみたんです。

 

そして、ここ何日か、使ってみて、驚くべきことがわかったんです…!

 

 

 

 

 

IMG_4527_2

 

断言します! [email protected]は「効率良くファンを抱くためのツール」です!

 

 

個人経営の店とお客さんとをつなぐ便利なコミュニケーションツールとか、ボタンひとつで情報が届く強力な告知ツールとか言われていますが、そんなの全部、忘れてください!

 

全部、嘘です!(嘘ではないけど)

 

 

[email protected]は、最強のファン抱きツールです! ただそれだけ!

 

 

 

 

IMG_6418_2

 

上記の画像をご覧ください。

 

これは、「お腹が空いたけど20円しかない」という子と、小数点のことを知らない僕とのやり取りですが、これはLINEの画面でしょうか? それとも[email protected]の画面でしょうか?

 

 

 

正解は、[email protected]の画面なんです。

 

パッと見ただけでは、それがLINEの画面なのか、[email protected]の画面なのかわからないですよね。

 

つまり、そういうことなんです。

 

[email protected]とは、すごく簡単に言うと、誰とでも今すぐにつながれる公開されたLINEなんです。

 

これがどういう意味か、もうおわかりですよね?

 

 

IMG_4533

 

そう、インターネットでそこそこ有名で、人気があるやつは、Twitterとかで「[email protected]はじめたよ~(^^)」とつぶやけば、いとも簡単にファンの直の連絡先(LINE)を知れて、閉ざされた世界でファンを抱きまくれるんです!!!!!!!!

 

 

 

 

 

IMG_4612

 

ガシッ

 

 

 

 

 

 

IMG_4561

 

号外、号外~~! 号外、号外~~!!!! 号外だよ~~~~!!!!

 

 

 

 

IMG_4553_2

 

ファン抱き革命が起こってるよ~~~~~~~~!!!!!

 

Twitterで一生懸命、相互フォローを増やして、ちまちまDMで連絡先を聞き出す行為は、完全に過去の遺物になるぞ~~~!

 

おい、聞いてるかぁ~~Twitterオフパコポエム野郎ども~~~~~~~!!!

 

 

 

 

 

[email protected]が「ファン抱き」に優れている3つの理由

IMG_4573

 

すみません、少し取り乱してしまいました。

 

さて、ここまではLINE@が、いかに「ファン抱きに適したツール」であるかを説明してきましたが、実はそれだけではないんです。

 

驚くべきことに[email protected]は、他のSNSよりも圧倒的に「ファン抱きツール」として優れているんです。

 

 

 

 

(1)圧倒的な敷居の低さで懐に入れる

IMG_6409_3

 

上記の画像をごらんください。

 

これは、僕の「LINE@アカウント」を友だち登録した方のLINE画面です。

 

おわかりいただけますでしょうか?

 

リアルな友達と並んで表示されています。

 

[email protected]アカウントを友だち登録する側にとっては、個人のLINEアカウントであろうが、LINE@のアカウントであろうが、たいして(というか全く)差はありません。

 

ここまで、スッと相手の懐に入れるツールが今まであったでしょうか?

 

これでTwitterで耳触りのいいポエムをつぶやいて、集まってきたファンから、一生懸命なんとかして連絡先を聞き出そうとする手間が省けるわけです。

 

 

 

(2)顔アイコンが多いから可愛い子の選別ができる

 

IMG_64171

 

あなたがもし、ファン抱き野郎だとしたら、きっとこう思うでしょう。

 

ブスのババアより、可愛くて若い女の子を抱きたい」と。

 

従来のツールでは、なかなか、相手がブスのババアなのか、可愛くて若い女の子なのか、を見分けるのは困難でした。

 

しかし、そんな問題を[email protected]は一発で解決してくれました。

 

[email protected]では、半数以上が、実写の顔アイコンなんです。

 

「LINEと[email protected]は(ファン側にとっては)ほとんど差がない」と何度も繰り返しお伝えしてきましたが、そもそもLINEは閉ざされた空間なので、友達と連絡をつけやすいように、実写アイコン(とくに顔のアップ、プリクラなど)にしている子が多いんです。

 

 

 

「Twitterのアイコンを顔写真にするのは、いろいろ怖いけどLINEなら…」という感覚で、自分の顔が認識できるものにしている子が多いみたいです。

 

この行為が間違っているかどうかはさておき、ファン抱き野郎にとっては、最高のシチュエーションですよね。

 

わざわざ「似顔絵を書いてあげるから最近撮った写メ送って~(^^)」と遠回しなメッセージを送り必要がなくなるのですから。

 

 

 

また、そもそもLINE自体を使っている層がかなり若いので、待ち合わせ場所にババアが来る失敗も最小限に抑えられています。

 

 

 

(3)ネカマが少ない

 

ファン抱きで一番怖いのは「ネカマ」です。

 

ネカマとは、ネット上では性別を偽るひとのこと。

 

てっきり女の子だと思って口説いていたら、実は男だった…そのやり取りをネット上に晒された……

 

ファン抱き野郎は、日々、そんな恐怖と戦っています。

 

 

 

しかし!

 

LINEは、普段使いのツールです。

 

リアルな友達と使うツールなので、その場でネカマになる意味も理由もないんです。

 

つまり、[email protected]にネカマは、皆無なんです!

 

「ネカマ」と言う恐怖から解放された場所。それが[email protected]です!

 

 

(この記事が公開されて以降はどうなるか知りませんが)

 

 

 

 

お前(セブ山)もどうせファン抱きしてんだろ?

IMG_4576

 

こういうファン抱き行為に対して言及した記事を書くと、「結局はどうせお前もファンに手を出してんだろ」「ファン抱きクソ野郎の心理をわかりすぎてて引く」という誹謗中傷は絶対に飛んできます。

 

そんなことは百も承知です。

 

あらぬ疑いをかけられるのも覚悟の上です。

 

そんなリスクを取ったとしても、僕はそれを伝えずにはいられなかったんです……

 

なぜなら……

 

今日だけ本音を言わせてもらいますけど……

 

 

 

 

 

 

IMG_4541

 

抱きたいよーーーーーーー!!!!! 俺だってファン抱きたいよーーーーーーー!!!!!

 

でもなぁ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

IMG_4583

 

自分以外の誰かがファンを抱いてるのは許せねえんだよおおおおおおおおおおおおおお!!!!!

 

俺以外が、タダマンしてるのは絶対に絶対に許せない!!!!!!!!!!!

 

人のセックスを許すな!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

IMG_4592

 

Twitterでくだらないポエムをつぶやいてるようなヤツらが、スナック感覚でファンを抱いているのを許していいのかよ!!!!!

 

おかしいだろ!!!! 不公平だろ!!!!!!!

 

なんで汗水垂らして、毎日、満員電車に揺られながら一生懸命働いてるやつらが救われなくて、たまたまTwitterで書いたポエムやイラストが当たっただけのやつら(一流には決してなれない三流のやつら)が、美味しいおもいをしてるわけ~~~~~~!?!?!?!

 

ああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!

 

そんなの許されていいのかよ!!!???

 

 

 

 

 

 

IMG_4599

 

うわぁああああああああああああああああああああああああああ!!!

 

 

 

 

IMG_4604

 

 

おい、今、パソコンの前にいるお前!

 

スマホをいじってる、そこのお前!!

 

お前はそんなに軟弱なやつだったのかよ!!!!!

 

もっと怒れよ! あいつらを殺せーーーーーーーー!!!!!!!

 

ファン抱きを許すな!!!! タダマンを殺せ殺せ殺せーーーーーーーーー!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

IMG_4600

 

お前がエロ動画でシコシコしている間に、あいつらは若い女を抱いてるんだぞ!!????

 

なんで正気でいられるんだよ!!!!?????

 

もっと怒れ!!!! ブチ切れろおおおおおおおおお!!!!!

 

殺せ殺せ殺せ!!! [email protected]を始めたネットの人気者はみんな殺せえええええええ!!!!

 

ああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!

 

殺せええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らはこれから[email protected]とどう付き合っていけばいいのか?

 

すみません、また取り乱してしまいました。

 

いろいろ書いてきましたが、[email protected]は素晴らしいサービスです。

 

LINEが推奨しているように、個人経営のお店やフリーランスで働くひとたちが、集客や宣伝などに正しく活用すれば、とてつもなく便利なツールになるでしょう。

 

そんな素晴らしいサービスだからこそ、それを使う我々が、ダークサイドの部分も知っておく必要があると思い、今回こういった(少しイジワルな)記事を書かせていただきました。

 

決して、[email protected]にイチャモンをつけたかったわけではありません。

 

それを悪用しようとする奴らは「あなたのすぐ側にいるんだよ」と少しばかり警鐘を鳴らさせていただきました。

 

くれぐれも気をつけて、楽しく[email protected]を活用しましょう。

 

 

 

[email protected]の益々のご発展を願っております。

 

セブ山

 

 

 

 

 

それでも悲しい目に遭ってしまったら…?

 

これだけ警告しても、「あの人は大丈夫」「私だけは特別」と思って、くだらないファン抱き野郎にほいほい近づいて、やつらの餌食になってしまう人もいるでしょう。

 

そんな時は、どうしたらいいのでしょうか?

 

その答えが、ひとつだけあります…

 

 

 

友だち追加数

 

IMG_6414

 

こちらはのQRコードを読み取るか、「友だち追加」ボタンを押してください。

 

そう、これは僕(セブ山)の[email protected]のアカウントに登録するためのものです。

 

あなたの「ファン抱かれ話」を僕に話して、鬱憤(うっぷん)を晴らしましょう!

 

解決法は、それしかない!

 

 

あまりにも悪質な場合は、全面バックアップで復讐のお手伝いをしますよ!

 

世間に公表して社会的に殺しましょう!!

 

僕はそういう下世話な話を食べて生きる妖怪なので!

 

 

それでは、皆様のご登録をお待ちしておりま~~~す!

 

 

(おしまい)

 

 

 

 

追記 2017/1/16

 

本記事の最後で、僕は「ファン抱き情報」を募集しました。

 

その結果、[email protected]に数十件のタレコミ情報が集まりました。

 

そんな多数のファン抱き情報から見えてきた「インターネット有名人のファン抱き事情」を『インターネット文化人類学』という書籍にまとめてあります。

 

ご興味がある方は、ぜひよろしくお願い致します。

 

インターネットを介して遭遇するヒトや出来事に対して、インタビューや実験・検証をおこない、人々が織り成す「文化」について考察した一冊となっております。