新年明けましておめでとうございます。

 

正月休み明け、暴飲暴食の限りを尽くした皆々様には申し訳ございませんが、新年一発目のオモコロ特集では暴飲に関する重要なインフォメーションをお届けいたします。

 

かつてオモコロ特集で高円寺の朝飲みツアーを紹介しましたがアレの難易度が高すぎて全く一般の皆様のお役に立てる情報ではなかったと深く反省。

今回はハードルを大幅に下げた大変取り組みやすい朝飲みツアーとして、池袋西口で朝からお酒が飲める、通称「朝ベロ」の出来る優れた飲み屋を幾つかご紹介したいと思います。

 

池袋の朝ベロシーンというのは酒飲みの間では以前から割と知られているテーマではありますが、実際にそれらをハシゴ体験したレポートにより、元から知っていた人にはその層の厚さを再確認してもらい、全く知らなかった人にはその闇の深さを感じていただければ幸いです。

 

 

 

 

IMG_6471

 

 

朝六時の池袋西口前。流石に人もまばらでとても静かです。

 

 

IMG_6473

 

 

IWGPも一昔の話かとは思いますが、夜の街、若者の街のイメージも強いここ池袋が都内でも有数の朝&昼ベロスポットだということを、今日は皆様へ体験レポートにて感じて頂きたく。

若者たちが楽しそうに朝帰りするその背中を眺めながら、死んだ目をした30代による池袋の朝ベロが厳かな雰囲気の中スタート・・・!

 

 

 

1軒目:大都会(24時間営業)

IMG_6421

 

 

朝6時、池袋の名店の一つ大都会に余裕の入店。

元々そば屋としてスタートしたという大都会、現在もそばは勿論、食事メニューは充実しており飲み屋としての役目にとどまらず、24時間営業の便利なファーストフード店という側面も。

池袋で今なお輝く名店・大都会なくして池袋の朝飲みシーンは語れない!

 

 

IMG_6423 - コピー IMG_6427 - コピー

 

 

オーダーは安心の食券制。

 

「ビール3杯券」「ビール4杯券」がいずれも1000円の為、素人はここで無様にうろたえてしまうのですが落ち着いて下さいね、3杯券には小粋なおつまみがきちんとアタッチされてきます。

図に乗って「ビール10杯券じゃい!」などとビール券をウェイしたガッツのある諸兄姉には残念ですが、食券の魔法はその日限り、余ったりしても翌日には葉っぱに変わって「化かされた~」となりますから、帰りしな、その辺の目つきの悪い泥酔紳士に分けてあげると信じられないくらいの愛嬌で感謝され、お互い大変心地のよい気持ちになります。

 

また、チューハイのことを「プレーン」などとスタイリッシュに呼ぶのもここ大都会ならでは。どうかパニック症状などを起こさぬ為に、肝に銘じての入店を心がけて頂きたく。

 

いやあ、大人になっても色々と勉強することが多いですね。

 

 

IMG_6426 

 

 

朝6時の入店時、「朝まで飲んでる人」と「朝から飲み始めた人」の比率は半々ぐらいでしょうか。

この日、7時に近づくに連れ徐々に「朝から飲み始めた人」の比率は高まり、それを見た朝まで飲んでる勢が「うわあ、朝から飲むやつこんなにいるの?」とクズを見るような目で驚いてみせていましたが、お前らも大概だろ。

 

 

IMG_6425

  

 

酎ハイ3杯券には何のサワーかもきちんと丁寧に記入しましょう。

僕のようにカツゼツに問題がある人ですと、レモンサワーといったつもりが緑茶ハイがやってくるなどのトラブルにも繋がります。

 

ともかく、池袋の朝ベロなら、安心の老舗・大都会がオススメ!!

 

 

 

 

2軒目:若大将 まつしま(24時間営業)

 

IMG_6476

 

 

朝7時。

続いて2軒目、大都会から歩いて20秒の場所で、若大将まつしまがイカ釣り漁船並みのトゥーマッチな照明で皆様をお待ちしております。

 

かつて「何でハシゴすんの、一軒にずっと居ればいいジャン」などと趣の浅い事を吐いたバカチンが居たのですが、実は全面的におっしゃるとおりです。

その店が許してくれるなら、基本的に店を変える必要はないのです。だけど僕たちは店をハシゴしちゃう・・・・・それはなぜか、全面的にバカだからなのです。

 

 

 

IMG_6487

 

 

こちら、つまみに関しては全品325円均一。

極めてスタンダードなメニューが並び、少ない予算で適度に飲みたい人には打ってつけのお店。

カウンター席がメインで、独り飲みにも最適。

 

 

 

IMG_6484

 

 

飲み屋あるあるの「御予約席」ですが、さすがにこのお店がやるのは無理があるのではないか!と思いつつも、この様なお店に早朝「予約をしていた○○だが」などと言いながら入っていくようなアツい男が実在することを信じたい気持ちでいっぱいです。

 

 

  

IMG_6488

 

 

ジョッキのサイズも、料理のヴォリュームも良心的。

いずれにしても朝から飲める店は正義なのであって、24時間絶え間なくお酒を提供してくれる耐久性には感謝しかありません。

それにしても朝から食べる肉じゃがは良いですね。なんだか、肉とジャガイモの味がします――

 

  

 

 

3軒目:帆立屋(24時間営業)

 IMG_6530

 

 

朝8時にして三軒目に突入出来る不幸せ!

若大将から駆け足で30秒。お次は立吞亭 帆立屋にやって参りました。

 

 

 

IMG_6532 IMG_6538

 

 

元々は立ち飲み+テーブル席のハイブリッド立ち飲み屋だった帆立屋ですが、今では全て座席に様変わりした模様。

 

早朝から黙って録画された遠山の金さんを視聴。大相撲と時代劇ほどお酒に合うテレビ番組はありません。

かつて、止せば良いのに「本当は怖い家庭の医学」を放送していた飲み屋がありましたが、客の大半が(酒、、飲んでる場合じゃない・・・)という暗い表情でそこにいましたので、飲み屋で放送されるテレビ番組のセンスというのも、名店の一つの条件だと思うのです。

 

 

 

IMG_6535

 

 

周りでハムエッグのオーダーが相次ぎ、釣られて僕もハムエッグ(390円)をオーダー。 

当たり前ですが、朝からハムカツなどを食ってる場合ではないのです。朝には朝のつまみがあるし、もっと言うと酒だって本来は夜飲むべきです!!!

すいません、取り乱してしまいました。

 

 

 

 

4軒目:ふくろ(AM8:00オープン)

IMG_6496

 

 

8時半!続いて4軒目は池袋の老舗ふくろ

元々7時オープンだったのが、現在は8時にオープンなのでご注意。(2、3階は16時から)

 

毎月8日のおつまみ半額イベントに並ぶ半額大行進と呼ばれるオッサンの列も池袋西口の一つの名物です。

 

 

 
IMG_6508 IMG_6518

 

 

池袋の老舗大衆酒場とあって常連率も高め。

離れた席同士で交わされる大声による常連トークを聞きながら飲む酒は格別。この日は延々30分、ミカンの剥き方の話で盛り上がっているカッコいい常連をウォッチ!

 

また店員の女性も常連とは完全に信頼関係を築いており、客の目の前で店員が堂々とメシを食べる様(写真右)は、客と店員、立場を超えた信頼関係を表すナショジオもビックリの自然の神秘ではないでしょうか。

 

 

 

IMG_6501

 

 

何度も来た僕でも未だに緊張しますし、常連の多いお店に初めて来ると当然緊張してしまいますよね。まずはペースを掴むべくファーストオーダーとしけ込みたい所ですが、ここでは注意が必要です。

メニュー表を見ると、ハムカツにメンチカツ、フライドポテトなどの定番メニューが魅力的ですが、ここは一つ常連にナメられないチョイスをしたいところ。その店で受け入れられるかどうか、ジャッジメントはオーダーを含むその人の一挙手一投足にまで及ぶのです。

 

無難なのはホワイトボードなどに書かれたオススメメニュー。季節のものや、そのとき仕入れられた新鮮な食べ物をオーダーするのはとても良いことですが、一方でやりすぎると自分のスタイルを持たない素人扱いされることも・・・・

ではこの場合、正解はなんでしょうか・・・・

 

 

IMG_6525

  

 

理由は割愛しますが、正解はチーズクラッカーです。昔高円寺の飲み屋でお通しにオレオを出された事がありますが、試されてるのかと思いました。

そんな訳でここはトリッキーにチーズクラッカーを頼んでほかの常連を牽制したい場面。「アイツ朝からチーズクラッカー、、、イカれてるぜ、、!」と思わせればあなたへの見る目も大きく変わります。

 

 

 

IMG_0999

 

 

また、飲み物ではウイスキーホッピーというバカが遊びで考えたと思われる劇酒を大プッシュしており、これをオーダーすると店内がザワつくので試して欲しいところ。

 

 

 

IMG_6526

 

 

この日、朝9時には1階がほぼ満席になったふくろに、突然入ってきた大学生が、極めて大学生のような感じで「5人いけますか!」などと、まるで大学にでも行くような感じで勢い良く入店して来たところ、常連の一人に「一軒目酒場にでもいってな!(ワラ」と激しいdisを受けてすごすごと去っていくのを目の前で目撃。

これはまさに現代版の「ママのミルクでも飲んでな!」なのであり、俺も常連ぶって今度使ってみようと、カタく決意した次第でございました。

 

 

 

IMG_6527

 

 

ちなみに今回飲み屋disの素材としてサンプリングされたママのミルクこと池袋西口の一軒目酒場ですが、ふくろと同様朝8時にオープン。

彼らとて池袋朝ベロ・リレーの貴重な仲間なので、今後は是非とも協力し合ってシーンを盛り上げていって欲しいものです。

 

 

 

5軒目:八丈島(AM10:00オープン)

 IMG_6546

 

 

朝10時には八丈島がオープンし、朝ベロ聖火ランナーたちも一安心。

 

 

IMG_6548

 

 

元々はなぜか朝5:00オープンという気合いの入り様だったのですが、最近やっと正気を取り戻して10:00オープンにした八丈島。

(それでも早いよ)とコッソリ耳打ちする優しいアドバイスを行いたい気持ちです。

 

 

 

IMG_6558

 

 

朝10時に入店してみると既に朝ベロ友の会の方々と思しき人々が楽しげに酒を飲んでおりました。

ともすれば孤独になりがちな朝ベロ・アクティビティですが、ここ池袋ではこのようにかなり朝ベロがかなり盛んな様子。

朝からお酒を飲むことに後ろめたさを感じる事があれば、池袋の顔の赤いおともだちに会いに来よう!

 

 

 

IMG_6555

 

 

店名が示すとおり、八丈島にゆかりのある料理、食材のメニューが多く、おつまみの価格帯は300円~500円がメイン。 

沖縄料理は多いけれども、東京の島しょ部をフィーチャーしたお店はあまりなく、加えて朝ベロのお店の中では珍しくボトルキープが出来るのがこのお店の魅力です。

 

 

 

IMG_1319 IMG_6544

 

  

ちなみに同じ池袋西口の2,000ベロセットナント!10円メニューで貧民層に大人気の屋久島とは「まったく関係ありません」とのこと。

※こちらも名店ですが無念の18時オープンです