20140406_62422

 

 

こんにちは、そうじゃねえだろのシャラップです。

 

http://omocoro.jp/wp/wp-admin/post.php?post=3917&action=edit&message=1突然ですが、こちらをご覧下さい。

 

iPhone5のケーブルを拾った人と、それを落とした人との出会い

 

これは、「落し物してしまった」という人と「落し物拾った」という方がTwitterを通じて繋がり、無事に落し物を届けてもらったというまとめです。

 

どうやらTwitterでは、このように「落とし物した~」とか書けば、優しい人がリツイートしてくれて、そしてそれを拾ってくれた優しい人がいればこのように届く事もある・・・らしいのです。

 

しかし、僕はそれを信じていません。
人間なんて、財布拾ったら中身だけ抜き取ってポイするような生物じゃないの?
人間なんて、携帯拾ったらとりあえずその人のメール履歴を見てニヤニヤするような生物じゃないの?

 

こんな事を言うと、「困ってる人は誰かが助けてくれるよ~」と楽観主義者はのたまいます。

 

 

なので、

 

 

 

 

 

20140406_62423

 

自ら落し物になって、本当に人が優しいのか確かめてみます。

 

 

 

 

 

20140406_62424

 

という事で実験です!
相方の仁木に僕が入ったこのカバンを山手線に忘れてもらい、Twitterで「山手線に小道具を忘れました!」というツイートをしてもらったら果たして拾ってくれる人は現れるのか?

 

 

 

20140406_62426

 

もちろん、不正乗車にならないように「JR1日乗り放題都区内パス」を750円で購入します。

 

 

 

 

 

20140406_62427

 

渋谷駅のホームに着きました。

 

 

 

 

20140406_62428

 

うわあ・・・ 平日の午前だってのにまあまあ人いるよ・・・。乗れるスペースちゃんとあるかな・・・?

 

めちゃくちゃ心配になってきましたが、もう後には引けません。
いざ!!!乗り込みます!!!

 

 

 

 

 

11:00

 

20140406_62450

 

 

 

 

 

 

 

 

20140406_62437

 

めちゃんこ空いてました。

あまりに混んでたら実験すら出来ないけど、ここまで空いてると誰も拾ってくれそうにないし・・・。うーん、難しいなあ・・・

 

カバンに入ってるだけじゃ何のこっちゃ分からないので、持ち主である仁木恭平の名前とIDもしっかり書いておきました。

 

そして、タイミングを見計らって、仁木にツイートをしてもらいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

よし!これより実験開始だ!
同行している原宿さん(僕はカバンに入ってしまうと携帯を触れないので、離れた座席に座って要所要所で近づいて来て今どうなってるかを耳打ちしてくれるとても重要な役割)からも

 

「ぼちぼちリツイートされてるよ。今まだ11時20分とかだけど50リツイートくらい」

 

という情報を頂き、「お!!これは行けるかも!!平日の11時台にTwitter見れてるなんてそもそもやべーし、社会人も学生も昼休みに入る12時以降に伸びるはず!!!」と思い頑張ろうと思いました。

 

 

 

 

 

12:00

 

 

20140406_62454

 

 

(少し場所を変えました)

 

シンプルにしんどい・・・

 

だって、改めて見てくださいよ、この姿勢。無理矢理じゃないですか。
ちなみにどうやって入ってるかというと、まず正座をします。そしてめちゃくちゃ反省してる時のスーパー土下座をします。その状態で、カバンのチャックを無理矢理閉めて完成です。無理矢理でしょ?

 

ちなみに僕は、22歳にしてヘルニア持ちなのでこの状態を保っているだけでヤバポイント+1です。
更に、坐骨神経痛という「天山広吉がプロレスを1年休むレベル」の持病も持っているのでヤバポイント+1兆です。

 

なので、出来るだけ早く拾われたい・・・!何なら今すぐにでも・・・!

 

 

 

 

 

 

12:15

 

ひたすらカバンの中に入って耐えています。
もう、開始5分でめちゃくちゃ足が痺れているんですが、本当に全く身動きが取れないのでそのままひたすら耐えるだけです。

 

「頼むから、誰か目撃情報とかをTwitterに書いてくれ・・・」
そんな事を思っていた時、原宿さんが来て「今こんな感じだよ」と写真を見せてくれました。

 

 

 

 

20140407_62504

 

誰も興味を持っていない・・・!
誰もがこちらを見向きもせず、読書に明け暮れたり携帯を眺めたりしています。
本当にこのままではまずい・・・!ただただ時間をやり過ごして、仁木のツイートがリツイートされまくるのを待つしかない・・・。

 

 

 

 

 

 

 12:30

 

 

全っ然拾われんなあ・・・。1年前までよく行ってた池袋の洗体エステラブランドで、もし岡田真由香が働いてたらという妄想でひたすらやり過ごしています。

 

 

真由香「よろしくお願いしま~すヾ(@⌒ー⌒@)ノ」
シャラップ「あ、あ、お願いします」
真由香ここ初めてですか~??(*´∀`)」
シャラップ「い、いや、結構、わりと、ですかね」
真由香「そうなんだ~!確かに好きそうな顔してますね~~~(๑≧౪≦)」
シャラップ「(´Д`;)」
真由香「じゃあ、水着に着替えてくるんで~、この!紙パンツ履いて待ってて下さいね~¥(//∇//)¥」
シャラップ「(^^;;」
真由香「(コンコン)着替えましたか~?(´∀`)」
シャラップ「あ、は、はい」
真由香(ガラガラッ)ジャ~~~~~~ン!ヽ( ̄▽ ̄)ノ」
シャラップ「わ、やっぱ、お、おっきいですね・・・」
真由香「えっへん( ̄^ ̄)」
シャラップ「(;´Д`」

 

 

 

そんな妄想でめちゃんこ勃起してる時、何やら音が聞こえました。

「パシャッ」

おお?????????????????
これはもしや?????????????

そして男の子の声でこんな単語が聞こえます。

「※¥%ツイート@$#&+」

おおおおお!!!????????????
さてはさては!?!?!?!?!?!?!?

 

 

 

 

 

12:45

期待に胸を膨らませていると、原宿さんが近寄ってきました。

 

「ほら!これ見て」

 

 

 

 

来た~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
やはり僕の読み通り、先ほどのシャッター音とツイートという単語は、この男子高校生のものでした!

 

この男子高校生がまだ電車に乗ってくれていれば、仁木がリプライを飛ばして拾ってくれるに違いない!!!!!
行け行け~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!
これでゴールだ~~~~~~!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

行け行け行け行け~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じぇじぇじぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
なんというタイミング・・・!
残念過ぎる・・・
もう少しで拾われてたのに・・・

 

 

しかし、この男子高校生には拾われませんでしたが、この男子高校生のこのツイートが数百リツイートされていたので別の人に拾われる可能性はまだあるはず・・・!

 

 

なのでまたカバンの中でじっとしている時間の再開です・・・。

 

 

 

 

 

 

 

13:00

やはりさっきの高校生みたいに写メを撮ってなおかつツイートしてくれるタイプの人はなかなかいないようで、「まあそりゃあ俺だってしないしな」と思いながらただただ地面から30cmほど上の世界を見ています。

 

「早く一般常識無い人乗ってきてくれ・・・」と強く思う時間。
普段電車に乗っている時は、マナーの悪いギャルやうるさい大学生等に腹を立てていましたが、今日に限ってはそういう人達が入って来た瞬間に「よっしゃ!!!」と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

13:15

どうやら400リツイートを超えたようです。
ちなみに「もう一つ目撃情報あるよ」との事。
どれどれ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ひえ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!
蹴り飛ばすのはやめてくり~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!

 

まあ、もちろん蹴り飛ばされる事はなく無事に過ごしていました。

 

 

 

 

 

 

13:20

やばい、トイレ行きたい・・・
そりゃそうです。普通にトイレ行きたくなります。

 

「絶対に漏らす訳にはいかない。大なり小なり」と、前日の夜から食事はもちろんの事水分も断っていて、体を作ってはいたんですがそれでもおしっこしたくなるのはしたくなるんですね。

でも、「漏らしたらそこで試合終了ですよ」とおしっこ界の安西先生が囁いているので我慢です。ってか漏らしたら異臭騒ぎでエライ事なるし。

 

そんな時、原宿さんが「見て!!!」とiPhoneの画面を差し出しました。
それを見ると・・・

 

 

 

 

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
今日初めての反応です!!!

 

もしこれが本気なら、あと10分くらいで拾われるはず・・・!
そうなれば、腰も爆発しなくて済むし、足も爆発しなくて済むし、おしっこ行けるし、水も飲める・・・!!!

 

「こんな人間として当たり前の事を喜びに変えるには、一旦人間じゃなくなるしか無いんだな」なんて事を思いながら、終わりの見えた戦いに安堵していました。
よし、あとちょっとだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

14:00

 

いや全然来ねえじゃん。

 

何これ?もう膀胱が「あとちょっとでおしっこ出来るよ~ん」って思っちゃったからわりと限界近いし。
腰ももうやばいし。足に至っては痺れすぎてもうやばいとかそういう感覚すら無いし。

 

もう山手線3周しちゃったし。累計100回くらい駅に止まったから、「お忘れ物にご注意下さい」ってアナウンス100回くらい聞いたよ。身に染みまくるわ。みんな、落とし主は「やべー困ったー」くらいかもしれないけど、忘れ物本人はずーっと寂しいんだよ。本当にみんな、忘れ物には注意していこう。

 

ってか、山手線3周て。ラブひな最終巻かよ。あとラブひなのファンブック、「0巻」と「∞巻」って表記なんなんだよ。あーヤバい、なんか幻覚が見えてきた。誰だこいつは?

 

 

???「・・・。今日ゲオにこの20本返さなきゃな・・・」

 

ああ、引きこもってる頃の17歳の頃の俺か・・・

ちょっと話しかけてみるか・・・

 

・・・

 

 

 

 

 

 

17歳の俺「・・・(ボーッとテレビを見ている)」
現在の俺「よう」
17歳の俺「!?」
現在の俺「そうか、6年前の2008年の俺は高校に行かずにひたすらお笑い見てるか、ゲーセン行くか、ラブコメ読むかしかしてなかったな」
17歳の俺「・・・誰?」
現在の俺「6年後のお前だよ。無事に東京でお前の夢だった芸人やってるよ」
17歳の俺「え、マジで!」
現在の俺「マジで」
17歳の俺「やった~~~!」
現在の俺「お笑いしか見てなくてもなんとかなるもんだな」
17歳の俺「そうだな~。あ、じゃあ俺が好きなキングオブコメディさんの人力舎に入れるの?」
現在の俺「そう、2年後お前は無事養成所ライブを勝ち上がって人力舎に所属出来るぞ」
17歳の俺「すげ~~~!2年後でそれなら、6年後って事は今人力舎でキングオブコメディさんみたいにネタが面白いコンビになれてるの?」
現在の俺「いや、6年後のお前はエスパー伊東さんみたいにカバンに入ってラブひなみたいに山手線何周もしてる」
17歳の俺「え、なんで?」
現在の俺「まあまあ。ラブひな好きだろ?」
17歳の俺「いやまあ、好きだけど・・・」
現在の俺「じゃあ良いじゃん」
17歳の俺「あ、6年後の俺はラブひなみたいな恋愛はしてるの?」
在の俺「そうか、お前はまだ人を好きになった事が無いもんな」
17歳の俺「うん」
現在の俺「それは大丈夫、お前は2年後に人を好きになれる」
17歳の俺「へ~~~!じゃあがんがんデートとか誘ったの!?」
現在の俺「一応誘ったは誘った」
17歳の俺「どうだった?」
現在の俺「ダメだった」
17歳の俺「そうなんだ。何に誘ったの?」
現在の俺「やっぱお笑いしか見てなかった事が仇と出てな、デートスポットも知らないしそもそも二人きりになれる理由も探せなくてな」
17歳の俺「うん」
現在の俺「色々考えに考えて『これは絶対2人きりで喋れる!!』って思いついたのがあって」
17歳の俺「うん」
現在の俺「『一緒にM-1出ませんか?』って誘ってしまった」
17歳の俺「うわ」
現在の俺「『うわ』だろ」
17歳の俺「クソやべーヤツじゃん」
現在の俺「クソやべーヤツだよ」
17歳の俺「終わってんな」
現在の俺「1回戦は2分だから、絶対に2分は2人で喋れるから良いな、と思って」
17歳の俺「気が狂ってんな」
現在の俺「なんなら勝ち進めば勝ち進むほど3分、4分って喋れる時間増えるからめちゃくちゃ考えぬいた台本用意してたし」
17歳の俺「これ以上聞いてられんな」
現在の俺「まあ、だからお前はこれからそんな人間になる」
17歳の俺「・・・」
現在の俺「じゃ、俺はまたカバンに入って山手線回ってくるから。じゃあな」

 

 

・・・

 

 

・・・ハッ!数分の間に完全に幻覚を見ていたようだ。
ずっと部屋にこもっていた17歳の頃の俺は、今カバンの中にこもっている俺を見て何を思うんだろう。

 

しかしもう来ないな。原宿さんも次の渋谷に着いたらもうさすがに止めようって言ってるし、やっぱり結局人なんて優しくないしそもそも人の優しさを信じるほうがアホd

 

 

 

 

 

 

 

 

「あったあった!!!!!」

 

ん???

 

「Twitter見て来ましたよ!!!拾いにきました!!!」

 

 

え?これはまさか・・・

 

 

 

 

20140407_62503

 

拾ってくれる人が現れた~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!

 

本当に「もう次の渋谷でやめよう」と言っていたところ、マジで奇跡的にその1駅前の原宿駅から乗り込んできてくれました!!!
タイムリミットまであと3分間での奇跡!!!

 

しかもなんと、僕の事も仁木の事も原宿さんの事も知らずにフォローしてなくて、たまたまリツイートで流れてきたのを見て来て下さった方です!!!
てっきりもう来るとしたら仁木のフォロワーかオモコロファンの方のどちらかだと思ってたので何重にもビックリ!!!!!

 

 

 

 

 

 

20140406_62434

 

急いで仁木が合流し、「小道具を拾って下さってありがとうございます!!」の握手をしました!これにて3時間の実験が幕を閉じました。

「オモコロというサイトで記事にするんですが、大丈夫ですか?」とお聞きしたところ、顔出しも大丈夫との事で、このまま写真を載せて頂いています。

 

 

 

と、いう事で

 

 

 

 

 

 

結論

電車に置き忘れた荷物はTwitterを使えば戻ってくる!!!

(もちろんみんなはマネしないでね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~おまけ~~~~~~~~~~~~~~

ここで、僕の実験は終わりなのですが、実は僕の知らないところでもう一つのアナザー
ストーリーが産まれていました。

それは、

 

http://omocoro.jp/wp/wp-admin/post.php?post=3917&action=edit&message=1

 

 

この男子高校生のツイートがきっかけでした。
この男子高校生のツイートも600以上リツイートされたのですが、それによりこの男子高校生は

 

20140407_62498

 

女子高生にフォローされ、相互フォローになりました(プライバシーのため、会話を元に画像を作成しています)。

 

そして、会話をしていくとなんと、

 

20140407_62499

 

「女子高生のいとこ」と「男子高校生」が同じ小学校だった事が判明します。
更に会話を進めると、なんと「女子高生のいとこ」は「男子高校生の弟」と友達だった事が判明します。

 

 

20140407_62500

 

もちろん二人共ビックリしています。この出会いの元はもちろん、

 

20140407_62501

 

そう、僕がカバンに入ってるのをツイートした事で相互フォローになったのです。
そして、

 

20140407_62502http://omocoro.jp/wp/wp-admin/post.php?post=3917&action=edit&message=1

 

めちゃんこ良い雰囲気になっているのです。

 

この2人、山手線で僕を見つけた事をきっかけに、現在進行形で会話をして楽しんでいます。

 

もしかしたら、あの山手線のカバンは、「幸せを運ぶカバン」だったのかもしれませんね・・・。

 

 

 

 

という事で、この話はガチなので映画化お待ちしております。
ギャラは100兆円から承ります。

 

 

 

 

 

もしこの記事を見て微笑ましい気持ちになった方は、この漫才を見て帳消しにして下さい。

 

そうじゃねえだろ 漫才「後で好きなだけ」

 

 

 

 

 

 

(そうじゃねえだろ)