~7月某日~

 

 

 

 

皆さんこんにちは。進行のヨッピーです。

 

本日は皆さんが待ちに待っていた夢の対決、

 

まさに究極のほこ×たてをお見せしたいと思います。

 

 

お送りしましょう…

 

 

 

 

Photoshop職人×人類最凶のブサイク.jpg

 

 

 

 

 

 

勝つのはどっちだ!?

 

 

 

【ルール】

 

 

 

・人類史上最凶のブスの写真データをphotoshop職人の元へ

 

 

・職人は持てる技術をフルに動員して写真を加工

 

 

・誰もが羨む美女に加工出来たら職人の勝ち!加工出来なかった場合はブスの勝ち!!

 

 

 

 

それでは両陣営の入場です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人類史上最凶のブス」オモコロライターリックェ。

 

アメリカの遺伝子工学の権威を持ってして

 

「DNAの2重らせん構造が生み出した奇跡」と言わしめた人類史上最凶のブス。

 

顔のデカさ、体毛の濃さなどはどれを取っても一級品!

 

遺伝子の暴走に、現代科学はどこまで通用するのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パケ写詐欺の達人」DJ団地妻。

 

アイドルの写真集やAVのパッケージデザインを手がけるプロ中のプロ職人。

 

photoshopに出来ない事などない、と豪語する職人が、

 

史上最凶のモンスターに挑む!!

 

 

 

 

ヨ「それでは、恒例の名刺交換をお願いします」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、夢の対決の火蓋が切って落とされた!

 

意地と意地をかけたぶつかり合いは両者一歩も譲らない!

 

果たして、勝負の行方は!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死合開始

 

 

 

 

 

おもむろにカツラとワンピースを手にしたブス陣営。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表情が険しくなる職人。

 

 

アイドルの加工とは次元が違う……

 

 

口には出さずとも、職人の焦りが表情に出ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビッシリと生えたスネ毛、カツラでも隠しきれない顔のデカさ!

 

 

photoshop職人とはいえども、これはかなり厳しい戦いになりそうだーーッ!!!

 

 

 

 

 

 

これはかなり難しい戦いになりそうですね…。まさかここまでのブスとは……。

 

 

 

 

 

 

 

戦いのプランを練る職人。

 

 

 

「うん。かなり厳しい戦いになりそうですが、なんとかなりそうです。勝てます」

 

 

勝利へのルートを見つけたのか自信たっぷりに言い切る職人!

 

男の意地に賭けても、負けられない戦いがそこにはあるのだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工開始

 

 

 

 

 

これが職人が加工する元のデータ。

 

ビッシリと生えた腕毛、緩みきった目元、顔中に生えた無精ひげなど、数々のトラップが職人を襲う!

 

 

果たしてこの究極のブサイクを、美人にする事など出来るのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速PCに取り込んで加工を開始する職人。

 

 

 

 

 

 

 

職人「例えばこれ。鼻毛が出ていますね。」

 

 

 

「こういったものでも、photoshopなら簡単に消す事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

いとも簡単に鼻毛を消してしまう職人。

 

この技術の裏打ちがあるからこその自信なのだろう

 

 

 

 

 

焦るブス陣営。

 

 

「普通に恥ずかしいのですが……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人「他にも例えば、こういう毛穴が目立つ所も、綺麗に加工する事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

目の周りのシワや毛穴が無くなった!!

 

 

 

この調子なら…、本当に美人になるかも知れない!!

 

 

勝負の行方はいかに!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一夜明けて

 

 

 

職人「…できました」

 

 

 

 

 

 

 

 

憔悴し切った表情の職人。その顔から戦いの激しさが伺える

 

 

ヨ「お疲れ様でした…。それでは早速、出来上がった写真を見せて下さい!!」

 

 

 

 

 

 

果たして美人は生まれたのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人「すいません。完敗です。本当は自然な感じで修正をしたかったのですが、明らかに不自然な写真が出来上がってしまいました。活かせる素材をなるべくそのままに活かして美人にしたかったのですが、活かせる場所が全然ありませんでした。1からCGで描いた方が早いくらい、いや実際かなり描いたのですが…、そのせいで髪の毛まで手が回らなかった事を含め、悔しいです。」

 

 

 

 

ヨ「なるほど…。では修正箇所を教えて頂けますか?」

 

 

職人「はい」

 

 

 

 

【職人によるわかりやすい解説】

 

 

 

 

1:輪郭を小さく修正。自由変形ツールを使って部分的に変形。

 

 

2:アゴの形を綺麗に修正。

 

 

3:同じようにエラも修正。

 

 

4:大胆に顔の長さを調整。輪郭以外の目鼻のパーツの修正も同じように繰り返し。

 

 

5:歯がすごいすきっ歯だったので歯をきれいに。スタンプツールを使って、歯の一部分から全体を作る。

 

 

6:唇がガサガサだったので修正。

 

 

7。左目だけ二重。三白眼で釣り目。でも左目の二重はかなり幅の広いものなので活かしました。活かせたのはここぐらいです。

 

 

8。ディファイン的なもので黒目を足す。

 

 

9。左目の二重を移植します。コピペして変形させて、元々の目のかたちにあわせる。

 

 

10。肌の調子を整えてゆきます。全体にぶつぶつしていたので、きれいな部分からスタンプツールでどんどん塗っていきます。釣り目がきつかったので少したれさせました。

 

 

11レイヤーを重ね、上から透明度30%ぐらいで色を塗ったり消したりして立体感を付ける。睫毛も足す。

 

 

13。明るさを調整。かなり明るくします。プリクラと同じで、肌の色が明るいと3割増しできれいに見える。

 

 

14。輪郭修正の都合上、ひいた写真だと違和感があるためかなり寄った状態でトリミング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人「以上です。6時間ぐらいかかりました。ちなみにこちらの写真も、なんとか綺麗にしょうと加工したのですが…」

 

 

 

 

 

 

 

 

職人「肩幅を削ったりして調節したのですが、全身をびっしりと覆うムダ毛は完全に無理でした。寄った写真だと、毛の無い部分からコピペしてきれいにするということができるのですがそれすら許さないびっしりと生えた毛。ぼかしたり僅かに残るきれいな肌を探しましたがきれいな部分、これっぽっちもありませんでした。無念です」

 

 

そんなわけで結果は……、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブスの勝ち!!!

 

 

 

 

歴史に残る名勝負、いかがだったでしょうか。

 

photoshopという叡智の結晶とも言える最先端加工ソフトを持ってしても、

 

暴走する遺伝子には勝てない、という結末は意外なものでした。

 

我々人類が持つ遺伝子の謎を解き明かすのは、まだまだ先の事なのかも知れません…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモコロ編集部は、こちらのブスを美人に加工して頂ける敏腕photshop職人さんを募集中です。

 

 

心当たりのある方はご一報ください。