こんにちは。ヨッピーです。

 

本日は元来「新宿の怪しいエロスポットに全部行く」という特集をお届けするつもりで、
ストリップ小屋やピンク映画館などに出撃して参りましたが、
どれも思いの他健全で、完全に変態紳士の社交場と化しておりましたので、
「ヘタにイジのは愛好家の皆さんに申し訳ない」と思い予定を変更。
僕と不動産屋の壮絶なバトルレポートをお届けしたいと思います。

 

 

20110524_30512

 

 

せっかくゲットしたのに日の目を見る事の無かったストリッパー南あおいさんと成島りゅうさんのポラロイド写真。
いやー、良いパイオツやったでぇ…!

 

 

ちなみに今回は普段のオモコロとは随分毛色が違った特集になりますが、
僕と仲介業者のバトルっぷりをツイッターで実況していた所、
フォロワーの皆さんから随分好評を得ておりましたので、
「こういうのもたまには面白いかも知れない」と思い、公開する事に致しました。

 

 

ちなみに全部ガチの話です。

 

 

 

 

 

【序章】

 

今までに何度かお知らせしております通り、
僕は三月に前の職場の退社を決め、それに伴って、
今住んでいる、オモコロでも何度か公開している部屋を退去する必要がありました。
会社が借り上げる形の契約になっていたからです。
当然新しい引越し先を探す必要があります。

 

 

20110524_30513 

特集その他で大活躍だった僕の部屋。

そして僕は引越しをするに当たって、ある決意を秘めておりました。

 

  

繁華街に住もう!」と。

  

 

僕は殺し屋1という漫画に出てくる、 ヤクザばかりが入居してる通称「ヤクザマンション」の描写を見て「住んでみたい!」と思ったほどのアウトローですので、 前々から新宿の歌舞伎町や渋谷の道玄坂などの、いわゆる「ガラの悪い地域」に一度住んでみたかったのです。

実際、前の会社で今のマンションに引っ越す前、 歌舞伎町のマンションを探してきて人事に「ここに引っ越す」と伝えたところ、 上司から呼び出され「お前はいったい何を考えているんだ」とこっぴどく怒られた事もあります。

 

 

しかし、今の僕は自由だーーー!

 

 

そんなわけで近場に友達が多く住んでいる事から引越し先を渋谷の道玄坂周辺に設定。
僕の部屋探しの日々がスタートしたのであります。

 

 

 

20110524_30514 

待ってろよ道玄坂ーー!!

 

 

 

 

 

【まずはネットで部屋探し】

 

とりあえずいくつかの住宅情報サイトから渋谷近辺で条件の合う物件をひたすら探します。
おー!ゴロゴロ出るわ!
これ、かなり楽勝なんじゃないの!?

 

実際、今の家賃よりも安い相場でマトモそうな物件がガシガシ検索に引っかかります。
とりあえず掲載されている情報を元に片っ端から内見(実際に見に行く事)の予約を入れる。
当時はまだ以前の職場に出勤していたため、土日の予約がメイン。

そんなわけでお休みの日にノコノコと不動産屋へ行くと、

 

業者「あ、すいません…。その物件もう決まっちゃいました…。」

 

 

 

 

 

【立ち込める暗雲】

 

僕「え、そうなんですか?」

業者「はい…。実はあの後、申し込みが入りまして…。」

僕「あー、まあ予約してから少し時間経ってますもんねぇ…。」

業者「はい…。かなり条件の良いお部屋でしたからね…。まあ他にも部屋はあるんで、良かったら今日もご案内出来る物件紹介しますよ!」

僕「あ、あの部屋以外ならとりあえず良いです。今日は帰ります。」

業者「いや、とりあえず情報だけでも。ほら、この物件とかこの物件とか。」

僕「うーん、元々の部屋より条件かなり悪いですよね。やっぱり今日はやめておきます。」

業者「そうですか…。ではまた良い物件がありましたらご案内致します。」

 

 

こんな感じのやりとりをもう1社と繰り返しました。

「部屋埋まったんならとりあえず連絡くらい寄越せよ!」と憤激しつつ、
またネットで探した物件の内見を予約。
「無駄足になってはかなわん」と、今度は家を出る前に業者に電話を入れる。

 

 

僕「すいません○○ってマンションの内見の件なんですが、今から伺う予定になってるですが大丈夫ですか?」

業者「あ、はい!大丈夫ですよ!お待ちしております!ただ、今も他の人間がお客様をご案内してるので、ひょっとしたらそこで決まっちゃう可能性はありますが…。」

僕「あ、そしたら無駄足になるの嫌なんで、近くでブラブラしてますから時間になったら電話ください。」

 

 

 

…30分後…

 

 

 

業者「すいませんあの部屋決まっちゃいました…。他にも物件はあるんで、とりあえずお店まで来てください。」

僕「嫌だ。」

 

 

 

 

 

【募る不信感】

 

この辺からどうも胡散臭く感じはじめ、一つ試してみる事にする。

 

「さっき決まった」と言われたばかりの物件について、同じ業者に声色を変え、偽名を使った上で問い合わせてみたのであります。

 

 

僕「すいません、○○ってマンションの××号室ってまだ空いてますか?」

業者「あ、はい!大丈夫ですよ!」

 

 

 

出たーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

 

 

つまりはこういう仕組み!

 

 

・ネットに条件の良い物件を掲載する

・その物件に問い合わせがあったら適当に話を合わせ、実際に店舗に来させる

・店舗に客が来たら「実は埋まっちゃいまして…」でお茶を濁し、他の部屋を勧めて契約させる

 

 

これ、完全にいわゆる「オトリ物件」やんけ!!!
マヌケヅラ晒して引っかかってしまったーー!

 

インターネット全盛のこのご時勢に、まだこんな商売やってんのか…。
他にも意味のわからん事が色々!

 

大体どこの不動産仲介業者も、「ウチならネットに掲載されてる物件はほぼ全部紹介出来ますんで!」みたいな事言うのですが、 試しに掲載されていた他の物件について聞いてみると「ごめんなさい、そこはもう埋まってるみたいなんですよ…。」なんて言うもんだから、 「怪しい…!」と思ってまた別の業者に同じ物件について聞いてみると「あ、大丈夫ですよー!」とかそんなのばっかり!
もう何が本当で何が嘘だかが全然わかんない!

 

他にも不動産仲介業者の決まり文句として、「ネットの物件情報はタイムラグがあって遅いんで、実際に店舗に来て頂いた方が良い物件が見つかりますよ」なんてのがあるのですが、そもそもオトリ物件大量に掲載して意味わかんなくしてんのお前らやんけーーー!

 

それに、オトリ物件や成約住みの物件なんかがゴロゴロ掲載されてると物件検索サイトの信用に関わるため、 ホームズや賃貸ネットなんかの大手はどこも情報の即時性には力を入れていますし、 少なくとも契約が決まって掲載停止の申請出してからネットの情報が消えるまでに一週間もかかるわけが無い!

 

ちなみにこれ、1業者だけの話じゃありませんからね。
少なくとも渋谷近辺の仲介業者、5、6社が同じような手口使ってやがりました。

 

もー頭に来た!

 

 

 

 

【反撃開始】

 

そんなわけで業者の決まり文句「埋まっちゃいました」が使えないような作戦を練る!
 

 

・前日の営業終了時間ギリギリに該当の物件が空いているかどうかを確認

・空いているようなら、次の日の朝イチに内見の予約を入れる
 

 

これなら、どうしたって物件が埋まるはずは無いでしょう!

 

 

僕「あの、○○ってマンションの物件なんですが、まだ大丈夫でしょうか?」

業者「あ、はい!大丈夫ですよ!まだ空いてます!」

僕「わかりました。では明日の朝一番に内見させて下さい。」

業者「朝一番ですか?えーと、わかりました。では明日お待ちしております!」

 

 

 

… そして翌朝 …

 

 

 

僕「○○ってマンションの件なんですけど。今から行きますね。」

業者「いやー、実は○○なんですが、今リフォーム工事入ってて中見れないみたいなんですよー!すいません!」

 

 

出た!!!!

 

 

業者「とりあえず他の物件もあるんで情報だけでも見に来て下さい!」

僕「ちなみにそのリフォーム工事はいつ終わるんですか?」←この時点でオトリ物件である事を確信

業者「うーん、一週間くらいですかねーー。」

僕「じゃあそのリフォーム工事が終わった後、一番最初に内見させて下さい。」

業者「え…、まあそれは大丈夫ですけど…。ただ申し込みがあった場合、埋まっちゃう事もあるんで…。」

僕「え?でもリフォーム工事してて中見れないんですよね?」

業者「はい、でもたまに中見ないでも契約しちゃうお客さんも居るんで…。」

僕「なるほど。じゃあ契約しますわ。僕も中見ないで良いです。今から判子持って行くんで待ってて下さい。」

業者「え…、内見しなくて良いんですか?」

僕「はい。もういいです。契約します。書類一式用意しておいて下さい。お金も払いますんで。」

業者「ちょっとお待ち頂いても良いですか…。折り返します…。」

 

 

 

 

【モンスター借り主の誕生】

 

上司「いやいやいや、すいません!担当の上司です!実はあの部屋、昨日埋まっちゃったみたいです!」

僕「え?昨日の営業終了時間ギリギリに確認したんですけど?何時に埋まったんですか?」

上司「実は夕方には決まってたみたいです!電話に出た者の確認不足だったみたいで!すいませんね!」

僕「いやいや、今リフォーム工事してて内見出来ないんですよね?」

上司「それも間違いです!確認しないで言っちゃったみたいで!すいませんねえほんと!」

僕「ほー。なるほど。じゃあ○○の××号室は、昨日申し込みが入って埋まった、と。リフォームうんぬんは出鱈目だったわけですか。」

上司「はい!そうなんですよ!なにぶん、入ったばっかりの人間だったもので!」

僕「わかりました。では○○に実際に行って管理会社に××号室にいつ申し込みが入ったのか聞いてみますね。

上司「え…。いや、それはちょっと待ってください!○○の住所とかご存知なんですか?」

僕「はい。もう調べてあります。渋谷区△△の××ですよね?今渋谷なんで今から行ってみます。」

上司「いや、ちょっと待ってください!すいません!」

僕「え。何か困る事でもあるんですか?」

上司「いやー、その…。」

僕「結局あれでしょ?この物件なんてもう存在してないんでしょ?いわゆるオトリ物件ってやつですよね。」

上司「いや!そんな事は決して無いです!うちはそういう商売やってないんで!」

僕「え、じゃあ僕にこうなった理由をちゃんと説明出来ます?」

上司「えーー、その、確認不足とか色々重なりまして…。」

僕「でも昨日申し込みが入った、っていうのは事実なんですよね?それの裏を取りに行くのが何かまずいんでしょうか?」

上司「いやーー、すいません…。」

僕「ちなみにこの会話、録音してありますからね。」

上司「え…。」

僕「もうオトリ物件だって認めざるを得ないんじゃないですか?実際あの物件、周囲の相場よりかなり安めですよね?」

上司「いえ!そんな事は決して! 確かに安めではありますが、あれくらいの価格帯の物件はちょくちょくありますよ!」

僕「なるほど。特に掘り出し物の物件ってわけじゃない、と。」

上司「はい!相場からかけ離れてるなんて事は決してありません!」

僕「じゃあそこより同じか良い条件でちゃんと内見出来る物件を出して下さい。

上司「え…。」

僕「え。だって他にもあれくらいの物件あるって事ですよね?」

上司「いやまあ、はい…。ではとりあえず探してご連絡します。」

僕「はい。探してみてください。それが出来なかったらオトリ物件だったと判断して、物件検索サイトに通報の上、この会話も一緒に提出します。」

上司「やーそれはちょっと…。」

僕「そんなわけでよろしくお願いします!」

上司「わかりました…。」

 

 

そんなわけで折り返しを待つ事に!
この時点で「掘り出しものの物件が出てくればいいなぁ!」なんて考えて居たのですが…。

 

 

 

… 30分後 …

 

 

 

上司「あの、こういう物件はいかがでしょう…?」

僕「いや、さっきの物件と比べて家賃一緒なのに広さ3分の2じゃないですか。これって同条件って言えます?」

上司「ですよね…。じゃあこっちは…。」

僕「これ、全然違う地域じゃないですか。もういいです。」

上司「いやーちょっと!ちょっと待ってください!」

 

 

上司「もうほんと、仲介手数料とか全部無料でやりますんで!通報するのだけはちょっと勘弁してください!」

 

 

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

 

 

 

結局この後、他で見つけた掘り出し物物件をこの不動産屋さんが介し、仲介手数料を無料にして頂く事で合意!
やべぇ!家賃一ヶ月分も浮いたー!ひゃっほーい!

 

喜びながらウキウキで早速申し込みの書類を書き、
「一応審査があるんで」との事なので仲介業者からの連絡を待つ。

 

 

 

来ない。

 

 

 

一週間経っても全然連絡が来ない。

 

二週間経ってもぜーんぜん連絡が来ない。

 

いい加減頭に来て、「さあそろそろ血祭りにあげてやろうかしらん?」と思ったその時、僕の携帯が鳴った。

 

 

 

「あのー、私、××の田中(仮名)と申しますが、○○マンションの件でお電話させて頂きました。」

僕「あ、○○っすか!申し込みしたんですけど審査があるとかでその後一向に連絡が無くて…。」

「え!?そうなんですか!?もう審査も普通に通ってますよ?ウチにも仲介業者さんから連絡無いんでどうしたものかと思いまして…。」

僕「えー!?嘘!?僕にも全然連絡無いっすよ!?申し込みもしたのに!」

「ですよね…? どうします…?」

僕「いや、そりゃ普通に契約しようと思ってますけど…。」

「じゃあ、もし良かったら、仲介業者さん飛ばしてウチと直接契約して貰えませんか? 仲介手数料とかも結構ですんで…。」

 

 

 

…あの野郎!!

 

 

 

恐らく、「仲介手数料貰えないならやる気ゼロ」とばかりに途中で仕事を投げやがったに違い無ェ!そんな会社潰れちまえええええええええええええええええええい!

 

 

 

 

【まとめ】

 

・ネットの物件の内条件が良いものはオトリ物件の可能性が高い
・仲介業者はオトリ物件をエサになんとか実際に来店させようとする
・その中でも大手どころは割とマトモ(アパマンとセンチュリー21はちゃんと全部内見出来た)
・「検索サイトにチクるぞ!」という脅し文句はかなり有効

 

しかしながら今回、最終的にはかなり納得の行く物件が見つかり、無事に道玄坂に引っ越す事が出来そうなので紆余曲折あったとは言え僕的には満足です。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

イエーイ!!

 

 

 

ちなみに「繁華街に住みたい」と思ったのはデリバリーヘルスを簡単に呼べるからです。

さようなら。