morioka_tikubi_yuugre.jpg

 

 

僕は絶望していたんだ。

 

くだらない仕事に。くだらない日常に。
そしてそれを打破できないくだらない自分自身に・・・。

 

満たされない毎日がループし続ける。この地獄は死ぬまで続くのか?
考えただけでも気が狂いそうだ。

 

こんなにも苦しむのなら、いっそ何もかも終わらせた方が楽なんじゃないのか?
そんな事すら最近では考えるようになった。

 

「おい、そこの兄ちゃん!」
「え?」
「あんただよ、あんた!どうした、そんなに暗い顔して?」

morioka_tikubi_shuugou.jpg

な、何だこいつらは!?

morioka_marugao_1.jpg

  凹んでたって、何もいい事ないぜ!

 

 

morioka_marugao_2.jpg

  人生、明るく生きなきゃ損だべ!

 

 

morioka_marugao_3.jpg

  そうそう

 

 

morioka_marugao_4.jpg

  とりあえずこっちに来てさ、

 

 

morioka_marugao_5.jpg

  俺たちの乳首に触ってみなよ!!

 

 

morioka_marugao_6.jpg

  音が出るど!

 

 

This movie requires Flash Player 9.0.0

 

 

This movie requires Flash Player 9.0.0

 

 
morioka_marugao_1.jpg

  ハアハア。お前の触り方とってもよかったぜ!

 

 

morioka_marugao_2.jpg

  気持ちよすぎて死ぬかと思ったべよ!

 

 

morioka_marugao_3.jpg

  そうそう

 

 

morioka_marugao_4.jpg

  だが、まだまだ終わらせんのじゃ!

 

 

morioka_marugao_5.jpg

  では恒例のアレいっときますか?

 

 

morioka_marugao_6.jpg

  ちちくりクロッシングね!了解!

 

 

This movie requires Flash Player 9.0.0
 

 

 

僕は触った。彼らの乳首をとにかく触り続けたんだ。
それはとても不思議な感覚だった。

 

多幸感とか充足感とか、そんな言葉では言い表せない、
何かこの宇宙と一体化したような・・・。
うまく言えないけど、そうしたとても神々しい感覚に包まれたんだ。

 

 

今までクヨクヨと悩んでいた自分がチッポケに思えた。
明日への活力が体の底からジワジワと湧いてくるのが分かる。

 

 

そして気がつくと僕は、自分のネクタイをほどきはじめていたんだ・・・。

 

 

 

 

morioka_tikubi_konno_1.jpg

 

 

あんなに小さなビーチクが、

 

 

morioka_tikubi_konno_2.jpg

 

 

こんなに大きな僕を救ってくれた。

 

 

morioka_tikubi_konno_4.jpg

 

 

もう怖くないよ!

 

 

morioka_tikubi_konno_3.jpg

 

 

僕は自分の人生を自分で切り開くんだ!

 

 

morioka_tikubi_konno_5.jpg

 

 

とりあえず、僕の乳首に

 

 

morioka_tikubi_konno_6.jpg

 

 

↓↓↓触ってみ↓↓↓

  

 
This movie requires Flash Player 9.0.0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明日からも頑張れる・・・。
 
 
頑張れるぞ!!
 
 
 
 
 
 
morioka_tikubi_last_2.jpg
 
 

-The End-