去年の11月――。

 

 

買ったばかりのiPhoneで、僕はネットサーフィンを楽しんでいた。

 

 

 

 

 

 

「エロ動画を見たい、絶対に見たい」

 

 

その一心で、アダルトサイトという名の大海原を波乗りしていたのだ。

 

 

 

そして、僕はあるサイトに辿り着いた。

 

画面には動画のプレイヤーが表示されており、その下に、

 

 

 

18歳以上

 

 

 

と書かれたボタンがある。

 

 

 

28歳の誇りをもって「18歳以上」のボタンを押す。

 

すると、画面が切り替わり、エロ動画の再生が始まっ……あれっ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……なにコレ?

 

 

状況がよくわからないまま、OKボタンを押す。すると……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

――ワンクリック詐欺に引っかかってしまった!

 

 

 

 

 

ワンクリック詐欺とは

不当料金請求の手法の一つで、アダルトサイトや出会い系サイトなどにパソコンや携帯電話からアクセスすると、いきなり料金請求の画面が表示されるという手口。

(中略)

サイトにアクセスしただけで、あるいは十分な契約についての説明と明確な意思表示なしに契約が成立することはないので、このような請求は法的に無効であり、料金を支払う必要はない

(IT用語辞典 e-Wordsより引用)

 

 

 

契約についての説明と明確な意思表示……?

なかった! いきなり請求画面出てきた! じゃあ、僕の請求された99,800円は払う必要がないってことか…!

 

 

あぶねー!

 

年収3億ぐらいだったら危うく払うところだったー!! 年収102万でよかったー!

 

 

 

 

というわけで、このような詐欺に引っかかった場合は無視を続けるのが鉄則らしい。

僕の場合、去年の11月に高額請求されてから無視を続けて半年が経過した。支払期日をとっくに過ぎているが、特に何も起こっていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

詐欺サイトは探せば見つかるものなのか

僕が自宅にインターネットをつないだのは、2005年のこと。

それから毎日のようにパソコンを使い、アダルトサイトもかなり見ているが、7年の間に出くわした詐欺サイトは、今回のサイトひとつだけだ。

 

もしかして、詐欺サイトにひっかかるのってかなりのレアケース? 俺、ものすごい万馬券当てちゃったのか!?

 

実際、どうなんだろう。

詐欺サイトってそんなに存在するものなの?

 

 

例えば、

 

 

一日中アダルトサイトばかり見ていたら、詐欺サイトはどれくらい見つかるんだろうか。

 

 

 

――ということで、調査することにした。

 

 

 

>>はたして詐欺サイトはどれくらいあるのか?!<<