―2013年5月某日早朝 自宅のベッドルームにて

 

(「週刊女性」6月3日号より再現)

 

 

 

 

 

 

矢口真里は旦那の出張中、年下の男性モデルを家に泊めていた。

 

 

 

 

 

 

 

そこへ予定より早く、旦那が帰ってきてしまうのだった。

 

 

 

 

 

 

 

「あれ? 誰かいるのか…?」

 

 

 

 

 

 

 

「あああああああああああああああああああ!!!!何しとんじゃぁぁぁぁああああああああ~~~~~~~~~~!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

その時、矢口真里の取った行動は「間男を押入れに隠す」だったという。

 

 

当然、この幼稚な隠蔽はすぐに旦那に見破られしまい、一気に修羅場へ。その後、矢口真里は離婚。レギュラー番組も降板し、芸能界引退説まで流れてきている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、「そもそも不倫をしない」という選択が最も正しい。

 

だが、一時の気の迷いでみなさんにだってこういう状況が起こるかもしれないのだ。

 

 

 

その時、あなたは上手く対処できますか?